弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

和泉洋人と大坪寛子が京都不倫旅行でiPS細胞の打ち切り・減額を通達したストーリーw update5

朝山貴生「mijin Catapult (v.2)」✕ 岐阜大学「歯髄細胞(幹細胞)流通管理」✕ 京都大学iPS細胞研究所 = GOX?w

内閣官房の健康・医療戦略室のナンバー2である大坪氏は、山中教授が中心になって進めているiPS細胞の備蓄事業について、国費投入の削減を突如打ち出し、「日本の医療戦略を混乱させている」(厚労省関係者)との批判があがっている。官邸・霞が関に大きな影響力を持ち、健康・医療戦略室の室長である和泉補佐官が、部下の大坪氏との不倫関係によって、公平であるべき行政を歪め、「私物化」していないのか、今後、説明が求められそうだ。

原発や核燃サイクルを推進していたときみたいな、満州の731部隊みたいな、官僚たちの必死な展開w

iPS細胞使った網膜を難病患者に移植へ 臨床研究を申請 2019年12月9日 21時22分
重い目の病気である「網膜色素変性症」という難病の患者を対象に、iPS細胞を使った新たな臨床研究を行う計画を神戸市の眼科医療施設などが専門の委員会に申請したと公表しました。順調に審査が進めば、手術を来年度中にも実施したいとしています。
神戸市にある「神戸アイセンター病院」と理化学研究所は9日、記者会見を開き、重い目の病気である「網膜色素変性症」と呼ばれる難病の患者を対象に、iPS細胞を使った新たな臨床研究を大阪大学の専門委員会に申請したことを公表しました。
「網膜色素変性症」の患者は日本におよそ4万人いるとみられますが、有効な治療法はないということで、臨床研究ではストックされている他人のiPS細胞から作った網膜を移植し、光を感じ取る機能の回復を目指すとしています。
グループでは委員会の承認が得られれば国の審査を経たうえで、来年度中にも手術の実施を目指すことにしています。
「神戸アイセンター病院」の栗本康夫病院長は「ようやく第一歩を踏み出せてうれしい。治療を願う患者の希望になればいいと思う」と話していました。

医療ニュース 時計2019/12/9 22:14 iPS細胞移植で失明回復の可能性 世界初の臨床研究へ
iPS細胞由来網膜シート移植に関する臨床研究について説明する神戸アイセンター病院の(右から)万代道子医師、平見恭彦副院長、栗本康夫病院長=神戸市立医療センター中央市民病院(撮影・後藤亮平) 拡大
神戸新聞NEXT
神戸市立神戸アイセンター病院=神戸市中央区港島南町2 拡大
 神戸市立神戸アイセンター病院(神戸市中央区)が9日までに、健康な人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った、視細胞になる「神経網膜シート」を失明寸前の患者に移植する世界初の臨床研究を、大阪大学の審査委員会に申請した。同病院非常勤医師の万代道子理化学研究所副プロジェクトリーダーらが同日発表した。来年度にも手術を実施する。
 万代氏らの研究チームが、動物実験で機能や安全性を確認した。同病院では2014年、目の奥にある視細胞を保護する「網膜色素上皮」をiPS細胞で作ったものに換え、失明を「防ぐ」臨床研究を初実施したが、光を感じる視細胞の今回の移植が成功すれば、将来的には失明状態からの「回復」も期待できる。
 同病院によると、移植対象は、わずかに光を感じるだけになった難病「網膜色素変性症」の患者。同疾患は、目の奥の網膜で視細胞が周辺部分から死んで視野が狭まり、最後は失明に至る。日本国内に数万人の患者がいるとされるが、確立された治療法はない。
 今回の計画では、2人に片目ずつ、iPS細胞から作った視細胞になる直前の「前駆細胞」を使い、直径1ミリ程度のシートを1~3枚入れる。極めて小さい移植面積のため、劇的に見えるようにはならないが、安全性が確認できれば、枚数を増やすことを検討する。
 視細胞移植は、神経回路の形成などに時間がかかるため、手術後1年をめどに機能や安全性を評価する。懸念される合併症は現時点では見当たらないが、拒絶反応が起こる可能性があり、免疫抑制剤を使う予定という。
 万代氏らは、04年ごろから視細胞移植に向けた研究を開始。近年はiPS細胞などによる視細胞の移植片が情報伝達構造(シナプス)を作り、光に反応することを確認してきた。同時にがん化の危険性がないかも検証してきた。
 今回申請したのは、大阪大の「第一特定認定再生医療等委員会」。承認されれば厚生労働省に申請し、来年度の手術実施を目指す。同病院の栗本康夫院長は「臨床研究は中枢神経の再生に向けた第一歩。この一歩は小さな一歩だが、中枢神経の再生を夢見てきた医学研究者や患者にとっては大きな一歩だ」と話している。(霍見真一郎)
【網膜色素変性症】 目の中で光を感知する部分である網膜の遺伝性、進行性の病気。網膜で、目に入ってきた光を感じる視細胞がなくなって起きる。暗い所で物が見えにくくなったり、視野が狭くなったりするほか、色覚障害や視力低下を来す。遺伝子治療や人工網膜の開発が試みられているが、進行を確実に止める治療法は見つかっていない。進行の度合いや症状が現れる順番には個人差がある。
<解説>
 「光を感じる」「物を見分ける」「色を識別する」のは、段階の異なる能力だ。今回神戸アイセンター病院が発表した、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った、視細胞になる神経網膜シート移植。目の再生治療の「本丸」とも位置付けられる。世界の潮流は「中枢神経は再生されない」とされてきたが、この研究が成功し「光を感じる」ことが達成できれば、その先には、失明した人が形や色を見分けられるようになる可能性も広がるからだ。
 人間の目は、大きく分けて、水晶体、硝子体、網膜という三つの部分からできている。今回移植する視細胞は、三つの部分で最も奥にある網膜の一部。視細胞のさらに奥には網膜色素上皮がある。
 視細胞は、「桿体(かんたい)細胞」と「錐体(すいたい)細胞」に分かれており、桿体細胞は暗い場所で形を識別する能力、錐体細胞は明るい場所で色と形を識別する能力がある。
 iPS細胞から作った視細胞を動物に移植すると、動物側の細胞と一部が結び付き、情報伝達構造(シナプス)を形成する。これまでに、失明したマウスでも、移植後は光に反応していることを示す信号が読み取れ、行動実験でも光を認識していた。そのため、人間でも失明状態から回復する可能性があるとみられる。動物実験でシナプスの形成を確認したのは桿体細胞だけで、色が認識できているかまでは分かっていない。
 万代道子氏の研究チームによると、人間への臨床試験では、最初は移植片が極めて小さいため、患者の視界が格段に変わることは期待しにくい。しかし臨床試験のレベルが上がって移植面積が増えれば、光だけでなく、色を識別する能力につながることも期待できる。(霍見真一郎)

これね。でも「がん化」するんじゃなかったか?w、そしたら…

「万代氏らは、04年ごろから視細胞移植に向けた研究を開始。近年はiPS細胞などによる視細胞の移植片が情報伝達構造(シナプス)を作り、光に反応することを確認してきた。同時にがん化の危険性がないかも検証してきた。」w

この人は「がん化の危険性がないか」を同じ研究機関で研究してる。 では、理研を辞めた高橋政代プロジェクトリーダーの移植手術でがん化と壊死はなぜ起きたのだろうか?w

retinastem.jp→理化学研究所 生命機能科学研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト

打ち切りが決まったのでブタの体内で人のiPS膵臓などという研究テーマが飛び出たよーなw

「FOP 進行性骨化性繊維異形成症 体の腱や筋肉が骨に変わる難病 (200万人に1人とも言われる)」…

これって、パーキンソン病、アルツハイマー、多発性硬化症、狂牛病、ALS、クールー病、…、プリオンに起因する病気なのでは?

それならiPS細胞もプリオンになってしまうのでは?

これって本当に研究なのか?

iPS細胞やES細胞に限らず生物の細胞は正確に三次元空間を認識して再生する。 細胞の大きさから考えると右手と左手の距離は地球の裏側くらい遠いはずなのに その場所の細胞は正確に大きさと場所を認識して再生する。 この空間認識が異常を起こすため、奇形や体の腱や筋肉が骨に変わる病気が起きていると考える。

理化学研究所は研究のマイルストーンを間違えている。たぶんマックスプランクの方が正しいのでは?

キミたちは731部隊の末裔なのだろうから人体実験をやりたいのは理解できる。 しかしそんな人体実験を実行に移す前に、パプアニューギニアの土人にインタビューすべきなのではないだろうか?w

ギリシャのクレタ島で開催された正教徒学会に参加していたマックスプランクの女性細胞生物学者がナチスが弾薬庫に使っていた洞窟で片耳のない遺体で見つかる…

日本終焉レベルの愚行w、たしかに原子力や原発、核燃サイクルは臓器狩り殺人の口実だった。同じことがiPS細胞というES細胞の出自ロンダリングを口実に継続してるのだろうw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。