弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「終業が午前4時になり、冬場に暖房が切れた職場で寝泊まりする日もあった」update1

過労で脳内出血の男性、解決金5400万円で和解…業務委託元が異例の支払い 2019/12/03 11:36
 月200時間超の時間外労働を強いられ、過労による脳内出血で両手足に障害を負ったとして、大阪府内のシステムエンジニアの男性(60)が勤務先と業務委託元の計3社に慰謝料など約1億5700万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、3社が解決金計5400万円を支払う条件で和解した。11月25日付。直接雇用関係のない業務委託元が高額の金銭を支払うのは異例とみられる。
 解決金は勤務先が300万円、委託元2社が各2550万円。3社は勤務先のシステム会社「インター・ラボ」(大阪)と委託元の「HTKエンジニアリング」(神奈川)、「セル」(東京)。
 訴状によると、男性は2015年10月からインター社で勤務。HTK社、セルなど5社を経由してインター社に業務委託されたシステム開発を担い、16年1月、大阪府門真市内の仕事場で脳内出血を発症した。手足はまひし、意思疎通も困難になり、身体障害者1級と認定された。
 男性側は、終業が午前4時になり、冬場に暖房が切れた職場で寝泊まりする日もあったと主張。脳内出血の発症前1か月間は休日が3日しかなく、時間外労働は203時間だったと訴えていた。3社は「コメントできない」などとしている。

大阪府門真市てパナソニック?w

パナソニックが半導体事業から撤退する理由を探る…

interlab-inc.jp→開発案内 | InterLab インター・ラボ株式会社

開発事例
・ハードウェア開発(FlickTyperシリーズ)
・スマホアプリ開発 販売支援アプリ、基本情報技術者アプリ(H29FH対策)、地図関連アプリ、観光アプリ、カタログアプリ、営業支援アプリ、イベント情報検索アプリ、デフォルメ顔画像作成アプリ、時計アプリ、バッテリーチェッカーアプリ、iBeaconアプリ、その他
・タブレット端末開発 営業・接客支援、工場現場支援、電子カタログ、e-Learning
・Webシステムの企画・開発 通販会社ECシステム、賃貸売買住宅物件情報検索システム、 教育システム、企業イントラシステム、人材登録/派遣/紹介システム、各種会員システム、 各種CGI/データベース連動システム、その他
・組み込み開発 遠距離通信によるセンサ情報収集システム、 IoT向け測距センサ利用システム、 RaspberryPiを使ったAWS連携システム、既存ソフトのマイコン変更・移植、 その他
・基幹業務システムの開発

開発環境
OS: UNIX、Linux、Windows、MAC
言語: JAVA、PHP、Perl、Ruby、Python、VB、C、C++、ASP.NET、ObjectiveC、AndroidJava、C#、JavaScript、HTML5.0、COBOL、Delphi その他
DB: MySQL、PostgreSQL、ORACLE、SQLServer その他
マイコン: Renesas各種、 PIC、 STMicroelectronics各種、 TI各種、 その他

「・組み込み開発 遠距離通信によるセンサ情報収集システム、 IoT向け測距センサ利用システム、 RaspberryPiを使ったAWS連携システム、既存ソフトのマイコン変更・移植、 その他」w

ラズパイw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。