弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

猪名川(いながわ)バラバラ殺人と住友と山口組と内田茂の豊洲へのメッセージに停電テロで応える東電と経産省。ガンガレ世耕1984が油圧システムに情報統制w update8

さっそく電通の高橋まつりスピンがはじまったな。

【兵庫県伊丹市東桑津「猪名川」に架かる桑津橋下の河川敷】


現場から旧住友原子力工業の宝塚放射線研究所まで歩いて6.4㌔ w


昭和37年11月5日「この宝塚放射線研究所に行くには阪急神戸線を西宮北口で今津線に乗り換え、 小林(おばやし)で下車すればよい。ここから田んぼ道を一直線に歩いて約15分のことろだ。」

豊洲かぁ。関係者の皆殺し作戦がはじまってる。


猪名川→住友原子力工業の宝塚放射線研究所→神戸山口組本部まで23.1㌔。

しかもその前に和歌山で神戸山口組系の会長が殴り殺されてる。フィクションが崩壊すると素人に殴り殺さてしまうのさ。

日建設計と東京都に指示を出してた黒幕は内田茂だったみたいだ。
さすがー都議会のドンw
しかも山口組だったらすい。
内田茂、山口組、住友原子力グループ、日建設計、住友原子力工業の宝塚放射線研究所。豊洲は住友の土地。 おもいきりメッセージですな。

スケープゴートにされる日建設計。

ゲラゲラ
ミニ再処理工場を設置しようとしてたのだから、まぁ確かに構造物としては安全で市場に使う用途以上に頑丈になってるだろうね。
つか。
おいおい、論点はそこだったけか?w

なんと、都議会のドンの内田茂の空白の19年間は山口組だったらすいw
さらに工藤会との関わりもあるとかw
内田茂ってケーサツ(警視庁)の闇の核武装部隊だったんだわ。
てことは、この事件を起こしたのはふつうに兵庫県警ですな。


9日。フィクションは既に崩壊。神戸山口組傘下の暴力団の会長が殴り殺されている。

山口組なのに虫けらみたいに殴り殺されたか。しかも震災募金詐欺師とかまで言われてる。

100m引きずられボコボコに「神戸山口系」幹部撲殺の修羅場

100m引きずられボコボコに「神戸山口系」幹部撲殺の修羅場 投稿日: 2016年10月22日 06:00 JST
(乱闘騒ぎの現場となった和歌山市内のラウンジ前)
「男たちが怒声を上げて揉めている」
10月9日の午前1時ごろ、和歌山市内の繁華街から、警察にそんな通報があった。
駆けつけた捜査員が見たのは、雨の路上に倒れている男性の姿。神戸山口組の中枢組織である山健組傘下組織の紀州連合会・松下功会長(50)だった。
松下会長は病院搬送後に死亡。死因は、頭部に激しい暴行を受けたことによる外傷性くも膜下出血だった。
「松下会長は、副組長らと現場近くのラウンジにいた。このラウンジは六代目山口組直参組長と関係が深い店だ。松下会長らは、支払い時に金額をめぐって揉めたため、店は直参の組事務所に連絡し、詰めていた8人ほどが店に急行したようだ」(和歌山県警関係者)
「何しに店に来たんだ」
そんな怒鳴り声が、近所に響いていた。数人の男たちが、店を出た松下会長らを取り囲んだ。そして、路上で掴み合いの喧嘩が始まったという。
「男たちは松下会長を100mも引きずり、頭を蹴り上げ、会長が倒れたところを馬乗りになって殴打を繰り返した。ついていた組員は会長をかばうように覆いかぶさっていたが、かなりの負傷を負った」(前出・県警関係者)
10月14日現在、犯人は逃走しており、逮捕に至っていない。ヤクザ界に詳しいジャーナリストは言う。
「神戸側は『酒のうえでの揉めごとだ』として、六代目側との抗争とは認識していません。今後も緊張感を持ち、脇を甘くしないようにとの通達が出たのみでした」
ラウンジと関係が深い六代目側直参組織は、和歌山を拠点とする団体。東京在住のあるヤクザはこう話す。
「この組織は、神戸側若頭代行の織田絆誠(よしのり)・山健組副組長の出身組織でもある。かつて『殺しの軍団』と呼ばれた柳川組の流れをくむ名門で、三代目山口組時代には組員が1000人以上いた。一時は分裂したが、先代の組長が除籍処分され、再統合した。ただ、山口組分裂時に神戸側に移った組員もいた」
今回の撲殺事件は新たな抗争の火種を作ってしまった。分裂状態が続いたまま、1年2カ月が過ぎようとしている。長引けば、より多くの「修羅場」が発生するかもしれない。
(週刊FLASH 2016年11月1日号)
【路上で掴み合いの喧嘩が始まったという。】
「男たちは松下会長を100mも引きずり、頭を蹴り上げ、会長が倒れたところを馬乗りになって殴打を繰り返した。…」(前出・県警関係者)
ん?じゃあ何のために100㍍も引きずったんだ?w
わかった。おまいらの設計能力は致命的に足りない。だからメルトダウンするんだわ。

懺悔が遅すぎた。そもそもこの国は法治国家ではないので始末されてしまう。
だからちんたろう逃げろって言っただろw

そしてWIPPが頓挫。ぐげげ。ニューメキシコのWIPPが完全に頓挫してしまった。まるでどこぞの土人の島国の破壊工作のよーな。

そしたら東電が停電テロw

停電スピンテロて2016年9月8日に中部電力でもあったんだよな。
東海地方で鉄塔に雷が落ちて大規模停電が発生した模様 中部電力

経産省必死杉w ガンガレ世耕1984w
やっぱあべちんの次の総理は朋美ちゃんじゃなくて世耕1984だな。

「スリーピー・ホロー」なカザフのレイヨウにならない高速炉を開発しようぜ。な、世耕1964総理w

入力ミス装い水増しか=三井住友銀の元副支店長-警視庁
 三井住友銀行の巨額詐欺事件で、逮捕された元副支店長南橋浩容疑者(54)が、入力ミスを装って銀行のオンラインシステムを不正操作していたことが13日、警視庁への取材で分かった。1桁多く入力する手口で、発覚してもキーボードのミスタッチだったと言い逃れをするつもりだったとみられ、同庁捜査2課が裏付け捜査を進めている。
 同課によると、南橋容疑者は成城支店(東京都世田谷区)に勤務していた2007年、借金返済を目的に外貨預金取引システムの不正操作を開始。円口座からドルに換金して資金を移す際、入力する金額について、数字の上1桁を付け足す手口で水増ししていたという。
 07年以前に、別の支店でシステムの入力ミスを処理したことが不正操作のきっかけだったとみられ、「後から入力間違いと弁解できるようにやった」と説明しているという。
 同行などによると、悪用した口座は架空の建設会社名義のもので、必要な書類の審査を経ずに開設されていた。(2016/10/13-05:03)
なんで2007年の三井住友銀行の事件?w

都内の大停電「情報開示しない方がよいのでは」 山東氏 朝日新聞デジタル 10月13日(木)15時1分配信
■山東昭子元参院副議長
 (東京都内での大規模停電について)東京五輪・パラリンピックに向けて、ある意味では不幸中の幸いだった。これを機に、安心できる安全な東京、日本を世界にアピールするために対策を講じなければいけない。その折、今朝、テレビで「埼玉のここで起きた火災によって、こんなに多くのところが停電をした」ということで、地図が出ていた。あれは報道の自由とは言いながら、情報は開示しないほうがよろしいんじゃないかな、という気がしている。日本は島国で、テロ対策でも性善説を唱えてきたが、ここに来て(五輪などで)世界からいろんな方がみえる時には、こうしたものは関係者だけにして、できるだけ隠すべき情報は隠し、開示すべきものは(開示する)、というメリハリをつけていくべきだ。(国会内で記者団に)
なにやら種明かしをしてしまう山東昭子w
山東昭子←ウィキ
【1990年 - 国務大臣科学技術庁長官(第2次海部改造内閣)】w
元科技庁長官かぁw

高圧ケーブル700カ所、防火シートで覆わず 東京停電 2016年10月14日20時58分
 東京都内の約58万6千戸で起きた停電で、東京電力は14日、管内にある高圧の旧式ケーブルの約700カ所で防火シートが未設置だったと発表した。停電の原因とみられる送電線火災があったケーブルも、多くが防火シートで覆われていなかった。2022年度までに約2200カ所で防火シートを取り付ける対策中だったという。
 防火シートは合成繊維製で、ケーブル内の漏電による火災を防ぐ。東電によると、今回火災があった埼玉県新座市の地下トンネル内では、ケーブル18本のうち15本に防火シートが巻かれていなかった。シートがなかったことが火災につながった可能性があるという。一方、火災を受けた緊急点検を14日に終え、ほかのケーブルに異常は見当たらなかったという。
 また東電は、出火場所近くを走る配管に、アスベストを含む部品が約100個使われていたことを明らかにした。記者会見した担当者は「ゴムに練り込まれているので飛散性はない」と話している。
あらら。油圧システムの存在は情報統制かぁw

全長1000km 東電管内に埋まるのは経年劣化の“火薬庫”だ 2016年10月15日
起こるべくして起きたケーブル火災(C)日刊ゲンダイ
 すぐ“次”があるかもしれない。霞が関の官庁街など都心で最大59万軒の大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の送電線火災。敷設から約35年経過した「OFケーブル」と呼ばれる電線から出火した。原因は経年劣化による漏電とみられる。
 東京電力によると、出火元となったOFケーブルは、管内の地中に総延長約1500キロが埋まっているが、そのうち3分の2の1000キロが敷設から35年以上経っているというから、勘弁してくれよ、だ。
「OFケーブルは電線の外側に油紙(絶縁紙)を何重にも巻いて、漏電を防ぐ構造になっている。大容量の電気を安定供給するために、高度経済成長期に急速に普及した基幹ケーブルです。当初は劣化は緩やかだとみられていましたが、さすがに30年、40年が経ち、最近は経年による絶縁性能の劣化を指摘する専門家も複数いた。劣化によるトラブルも、実際に何件か確認されていたらしい。起こるべくして起こった火災とみる向きもあります」(電力業界関係者)
それがもし本当なら、全長1000キロの“時限爆弾”が地中に埋まっていることになる。東電は13日、緊急の設備点検を実施する方針を示したが、あまりに後手後手。経年劣化の“火薬庫”の上で暮らす市民はたまったものじゃない。
 さらにテロのリスクも高まった。軍事ジャーナリストの世良光弘氏は、14日付の日刊ゲンダイで「埼玉の送電線火災で都心部がパニックになることを、世界中のテロリストに知られてしまった」と指摘していたが、今後、警備が手薄な新座市の関連施設が標的にされる可能性もある。送電ルートを変えなければ、むしろ狙ってくださいと言わんばかりじゃないか。
「(テロ対策で)これまで定期的に送電ルートを変えたことはありませんし、変更する予定もありません。電力の安定供給のためなので、ご理解いただきたい」(東電広報室)
 次にまた大規模停電パニックが起きたら、福島の原発事故同様、人災、社災といわれても仕方がなさそうだ。
「OFケーブルは電線の外側に油紙(絶縁紙)を何重にも巻いて、漏電を防ぐ構造になっている。」と 油紙の話までしてるけど、油圧システムに触れるのはタブーなのさw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。