弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

IBMとHuaweiのキーワードが見つからない「ウィグル文書」の報道がはじまるw update7

HuaweiはIBMの支援で新疆ウイグル自治区にスマートシティ(収容所)をつくったw

中国、伊藤忠社員に懲役3年 起訴の邦人9人全員に実刑 2019.11.26 16:29
 【北京=西見由章】中国広東省の広州市中級人民法院(地裁)が先月、国家安全危害罪に問われた大手商社、伊藤忠商事の40代の男性社員に懲役3年の実刑判決を言い渡していたことが26日分かった。15万元(約230万円)の個人財産没収も命じた。日本政府関係者が明らかにした。
 中国当局は2015年以降、スパイ行為に関与したなどとして日本人の男女14人を拘束。このうち起訴された9人は全員、懲役15~3年の実刑判決を言い渡されたことになる。
 男性社員は昨年2月、広州市の国家安全当局に拘束され、同6月に起訴された。判決は先月15日に言い渡されたが、起訴事実や具体的な判決内容は明らかにされていない。男性は上訴せず判決が確定したという。
 中国当局に拘束された邦人14人のうち、今月15日に「保釈」された北海道大の男性教授ら5人は解放され帰国した。一方、日本政府関係者によると、実刑判決を受けた9人はいずれも26日時点で帰国していない。うち7人は判決が確定したが、2人が上訴中という。

伊藤忠商事社員が2018年2月末から1年間も国家安全省にスパイ容疑で拘束されていた(過去形)w

伊藤忠社員“スパイ行為”中国で実刑判決 2019年11月26日 19:24
中国で去年、スパイ行為の疑いで拘束された大手商社、伊藤忠商事の男性社員に対し、現地の裁判所が先月、懲役3年の実刑判決を言い渡していたことがわかった。
記事全文
中国で去年、スパイ行為の疑いで拘束された大手商社、伊藤忠商事の男性社員に対し、現地の裁判所が先月、懲役3年の実刑判決を言い渡していたことがわかった。 菅官房⻑官によると、伊藤忠商事の40代の男性社員は去年2月、中国‧広東省広州市でスパイ行為の疑いで拘束され、先月15日に現地の裁判所が、中国の国内法に違反したとして、懲役3年と15万人⺠元、日本円でおよそ230万円を没収する判決を言い渡していた。判決はその後、確定したという。
広州市の日本総領事館の職員が男性社員と面会し、健康状態に問題はないということで、 菅⻑官は「日本政府として邦人保護の観点から支援を行っていきたい」と述べた。

icij.org→China Cables | China’s Operating Manuals for Mass Internment - ICIJ



エジプトかぁ、イスラム国™のETIM(東トルキスタン独立運動)と思われたな…

ベルジアン・マリノアの「コナン」「恐らく世界で最も有名な犬だ。わざわざ中東から来てくれた」「君たちが口を開けば襲いかかるように訓練されている。気をつけろよ」


中国、大規模監視でウイグル弾圧 システムが個人情報分析
2019/11/25 06:00 (JST)11/25 09:51 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
ウイグル文書のポイント
 中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族らを監視する大規模システム「一体化統合作戦プラットフォーム」(IJOP)を構築し行動を把握、恣意的な拘束や施設への大量収容を行っていたことが25日までに分かった。監視カメラ映像や携帯電話の中身などあらゆる個人情報を解析し、多数のウイグル族を潜在的「危険分子」としていた。
 共同通信が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合が中国当局の内部文書を入手した。
 「職業教育訓練センター」と称した収容所でウイグル語でなく中国語を使わせ、民族文化を事実上捨てさせている運営指針も文書で分かった。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。