弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

HuaweiはIBMの支援で新疆ウイグル自治区にスマートシティ(収容所)をつくったw update4


中国、大規模監視でウイグル弾圧 システムが個人情報分析
2019/11/25 06:00 (JST)11/25 09:51 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
ウイグル文書のポイント
 中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族らを監視する大規模システム「一体化統合作戦プラットフォーム」(IJOP)を構築し行動を把握、恣意的な拘束や施設への大量収容を行っていたことが25日までに分かった。監視カメラ映像や携帯電話の中身などあらゆる個人情報を解析し、多数のウイグル族を潜在的「危険分子」としていた。
 共同通信が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合が中国当局の内部文書を入手した。
 「職業教育訓練センター」と称した収容所でウイグル語でなく中国語を使わせ、民族文化を事実上捨てさせている運営指針も文書で分かった。

codastory.com→Silicon Valley’s scramble for China(2019年5月23日)
「中国のためにシリコンバレーがスクランブル」
「中国政府のスマートシティ建設で重要な役割を演じる西側テクノロジー会社たち」

chinadaily.com.cn→'Smart city' takes shape in Xinjiang(2012年11月14日)
「新疆ウイグル自治区にスマートシティができる」w

deloitte.com→Super Smart City/Happier Society with Higher Quality (PDF)

codastory.com→The Uyghur women fighting China's surveillance state(2019年5月9日)
「中国監視国家と戦うウィグル人女性」
「中国はイスラム・マイノリティとのデジタル戦争をはじめる。新疆ウイグル自治区は情報の掃除で窒息したが、イスタンブールの少ない隣人でデジタル抵抗がはじまった」

中国が新疆ウィグル自治区で制圧してるのは中国バージョンのイスラム国™の東トルキスタン独立運動(ETIM)だわw

reuters.com→U.N. says it has credible reports that China holds million Uighurs in secret camps(2018年8月11日)
「中国にウィグル人数百万人の秘密収容所がある信頼筋の報告を国連が発表」w

The New Surveillance Paradigm

cnbc.com→New documents link Huawei to suspected front companies in Iran, Syria(2019年1月8日)
「新しいドキュメントでファーウェイのイランのフロント企業のシリアとの関連を疑われている」

chinadaily.com.cn→IBM committed to 'smarter city' plan in China(2010年3月26日)
「IBMが中国でのスマートシティ計画にコミット」

ibm.com→IBM Invester Briefing/Smarter Cities(PDF)(2012年5月9日)
「2012年のSmarter Citiesに関するIBM投資家報告」w

redbooks.ibm.com→IBM Intelligent Operations Center for Smarter Cities Administration Guide(PDF) (2012年12月1日))
「IBMのスマーター・シティ用のインテリジェント・オペレーションセンター管理者ガイド」の赤本w

IBM’s Dance with Huawei

upla.cn→The combination of urbanization in the west and the construction of "new silk road"(2013年12月11日)
「西側の都市化と新しいシルクロードの融合」

カラマイ市(新疆ウイグル自治区)karamay.gov.cn→IBM Internet of Things aims to modernize Karamay(2016年10月11日))
「カラマイ市近代化のIBMのIoTの目的」w

linkedin.com→Peter Murchison

IBM 8年
VP, Internet of Things, Greater China Group
2016年1月 – 2017年6月 1年 6ヶ月
Beijing, China
Leads IBM’s efforts with top China customers to adopt Watson IoT solutions, and setting GCG’s IoT go-to-market strategy. This includes working with strategic customers and partners from several industries to help then succeed on their IoT journey, driving IBM development on the needs of the China market, and forming critical ecosystem partnerships.
中国向けワトソンIoTソリューションw

avnet.com→Cognitive Computing and IBM Watson IoT: Unlocking the Power of Information()
「コグニティブ(認知)コンピューティングとIBMワトソンIoT:情報の力を解除」w


でた。ワトソンとMaximo…w

cw.com.hk→IBM opens Watson IoT hub with spokes in China, elsewhere(2015年12月16日)
「IBMがWatson IoT ハブ(hub)を中国全域のスポークで開始」w

jamestown.org→New Evidence for China’s Political Re-Education Campaign in Xinjiang(2018年5月15日)
「新疆ウイグル自治区の中国政治犯再教育収容所の新しい証拠」

scmp.com→Xinjiang city bans Muslim clothing and large beards on public buses(2014年8月6日)
「新疆市が公共のバスでのイスラム教徒の服装と大きな顎ひげを禁止」w

huawei.com→Building a “Very Safe City”(2015年9月7日)
ファーウェイの「超安全都市の建設」w

web.archive.org→Huawei IVS Intelligent Video Surveillance Case Study (PDF)(2014年8月15日)
「ファーウェイのインテリジェント・ビデオ・監視(IVS/Intelligent Video Surveillance)ケース・スタデイ」w

theglobeandmail.com→Huawei’s partnership with China on surveillance technology raises concerns for foreign users(2018年5月14日)
「ファーウェイと中国との監視技術の提携が外国人の懸念になる」w

nytimes.com→One Month, 500,000 Face Scans: How China Is Using A.I. to Profile a Minority(2019年4月14日)
「ひと月で50万人の顔をスキャン;中国はどのようにマイノリティのプロファイルに人工知能を使っているのか」

eetimes.com→IBM places big bet on Huawei(2000年9月28日)
「IBMがファーウェイの巨大投資」w

chinadaily.com.cn→Huawei boss shares his recipe for success(2016年5月13日)
「ファーウェイのボスが成功のレシピを披露」w

Friends in High Places

criticalcomms.com→Huawei signs MoUs on video cloud, crisis and disaster management, and safe cities(2017年6月7日)
「ファーウェイがセーフシティと犯罪災害管理でMoUsのビデオクラウドに署名」w

globes.co.il→Israeli video analytics co Agent Vi raises $6m(2016年9月15日)
「イスラエルのビデオ解析会社がAgent Viを600万ドルまで釣り上げる」w

securityworldmarket.com→Ipsotek gets high-level classification by UK Home Office(2009年1月6日)
「IpsotekがUK国土省の高度機密を習得」w

tcca.info→Huawei and Frequentis sign MOU to accelerate new opportunities in public safety industry(2017年3月20日)
「ファーウェイとFrequentisとMOUが公共安全産業の仕事で協業」

frequentis.com→ABOUT FREQUENTIS

export.gov→China - Technology and ICT(2017年7月25日)

bbc.com→Huawei row: UK to let Chinese firm help build 5G network(2019年4月24日)

gov.uk→UK cities pioneering smart cities evolution in China(2015年3月27日)

Eyes Wide Open

Made in China? Or the USA?

huawei.com→公共安全 — ファーウェイソリューション

jamestown.org→Huawei’s Smart Cities and CCP Influence, At Home and Abroad(2018年6月19日)

ponarseurasia.org→Chinese Artificial Intelligence Projects Expand in Eurasian Cities(2018年9月)

zdnet.com→Huawei's surveillance system in Serbia threatens citizens' rights, watchdog warns(2019年4月10日)

pwc.com→Creating the smart cities of the future(2018年11月12日)

新疆ウイグル自治区の収容所はIBMの支援でHuaweiが構築したスマートシティになった。まさに人工知能を駆使した監視社会を実現したのだとーかw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。