弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

バングラディシュ・パドマ橋建設の子どもの人柱デマで8人死亡。犯人はふつうに JICA か?w update4

子どもが橋建設の人柱に? デマ拡散でリンチ続発、8人死亡 バングラデシュ 2019年7月25日 19:13 発信地:ダッカ/バングラデシュ [ バングラデシュ アジア・オセアニア ]
子どもが橋建設の人柱に? デマ拡散でリンチ続発、8人死亡 バングラデシュ
バングラデシュ・シャリアトプルで建設工事中のパドマ橋(2018年9月13日撮影、資料写真)。(c)MUNIR UZ ZAMAN / AFP
【7月25日 AFP】バングラデシュで行われている巨額の橋建設工事をめぐり、子どもたちがさらわれて人柱にされているとのデマがSNSなどで広まり、これに触発された群衆が誘拐犯と疑われた人らにリンチを加え、女性2人を含む8人が死亡した。警察当局が24日、明らかにした。
 問題の発端はガンジス川(Ganges)の支流パドマ(Padma)川に建設されている橋。建設費は30億ドル(約3200億円)に上り、完成すれば同国最大の橋になるという。
 警察によると、橋建設に人間の首が必要とされているとのデマがフェイスブック(Facebook)を中心に広まり、これまでに死亡した8人以外にも30人以上が襲われた。
 バングラデシュ国中の警察にデマを取り締まるよう命令が下り、少なくとも25のユーチューブ(YouTube)チャンネル、60のフェイスブックページ、10のウェブサイトが閉鎖されたという。
 ただAFPが確認したところ、現在もフェイスブック上にはデマに関する情報を共有する投稿がいくつか残っていた。
 地元メディアによると、同国北部ネトロコナ(Netrakona)県で切断された子どもの頭部を持ち歩いていたとみられる若い男に関する報道があり、その後デマが流れ始めたという。
 警察によると首都ダッカの学校前で19日、2人の子を持つシングルマザーが誘拐犯だと疑われ、群衆に撲殺された。また、ダッカ郊外でも同日、娘の元を訪れようとしていた耳の不自由な男性が撲殺された。
 警察はシングルマザー殺害の疑いで8人を逮捕し、デマ拡散に関わったとして少なくとも5人を拘束している。(c)AFP

人柱って発想が輪中根性だなぁ。JICAか?w

“The people who did not want Padma bridge, who said our government cannot build it, are spreading the rumour that child sacrifice is needed for this construction,” the minister said while talking to journalists at his office in Dhaka today.

バングラディシュ情報大臣Hasan Mahmud博士「我々の政府には建設できないと、パドマ橋を望んでいない人々が建設に子供の人柱が必要だと噂を拡散した。」

ameblo.jp→日本企業の決断にバングラ人から感動の声 (2019年5月27日)

日本企業の決断にバングラ人から感動の声 2019-05-27
大林組や清水建設など日本の大手建設業者4社は2015年、 バングラデシュの首都ダッカと第2の都市チッタゴンを結ぶ3本の橋の改修と、 それぞれに並行して造られる同規模の鋼橋の建設工事を受注し、 2016年1月から工事を開始していました。
それらの工事が先日、テロの影響で半年工事が中断されていたのにも関わらず、 予定より数ヶ月早く終わり、その影響で工事費用が数十億円抑えられました。 現地のメディアによると、浮いた建設費用は本来企業の利益なのですが、 この工事が円借款によるODA案件ということもあってか、 4社は建設費用の返還をバングラデシュ政府に申し出たそうです。
この件は多くのバングラデシュメディアに取り上げられ、 現在現地で非常に大きな反響を呼んでいます。 関連記事には日本への称賛の声が殺到していましたので、一部をご紹介します。
「日本らしい最高の支援」 国民の命を救う日本の支援にナイジェリアから感動の声
うわー。なんかキモいストーリーだなぁ。

ふつうにJICAだわw

Center for Accounting and Capital Market Development 2017年2月11日 ·
The World Bank was the lead organization in the financing of the Padma Bridge Project. ADB, JICA, IDB and JBIC were the other international organizations in the syndicate. Government of Bangladesh (GOB) was the local counterpart. The World Bank blamed the Minister of Transport & Communications (and so de facto the government of PM Sheikh Hasina) of colluding with foreign agents for doing massive corruption. PM Sheikh Hasina and her government always argued that the issue of corruption was impossible and that her government was unaware of it. Finance Minister Abul Maal Abdul Muhit was instructed to negotiate hard with the lending organizations and convince them of no corruption--neither planned nor actual. At one stage, Mr. Syed Abul Hossain, the then minister of transports and communications, was even removed. PM Sheikh Hasina and her government was deeply committed to moving ahead with her dream project, i.e., Padma Bridge. The World Bank remained unconvinced and walked away. ADB and others followed the same way. A general election was forthcoming and the AL government was left perplexed. Critics & antagonists gave their judgement that AL government was punished for corruption. PM Sheikh Hasina knew that her government's fiscal condition was not good. Forex reserve was only 10.3 billion US dollars on 30 June 2012. She proved all the critics wrong and declared that the Padma Bridge would be built using domestic finance. Antagonists ridiculed her that 'Padma Bridge would be made up of bamboos.' Now is 11 February 2017. Padma Bridge is being built using domestic finance per se. Forex reserve is now more than 30 billion US dollars. The planned government spending for the next fiscal year is about 50 billion US dollars. A Canadian court found no evidence of corruption and acquitted everyone involved in the case. Should the World Bank pay damage for hurting the image of the country? Was their decision to walk away from the contract lawful? I will ask critics to show self-respect and believe in enormous fiscal capacity of the government. We can bult three more Padma Bridges in the next 10 years given the macroeconomic fundamentals. I do not argue that Bangladesh does not have governance shortage. But the truth is that Bangladesh has progressed a lot. And we will overcome the governance shortage as well. Long Live Bangladesh!

いちど撤退したけど再チャレンジw
ミャンマーの隣国なのでどうしても諦めきれないのかw。なんだかなー。

緒方貞子w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。