弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

米商務省がファーウェイ関連のブラックリストを公表…update14

GoogleがHuaweiとの取引を停止。インテルとクアルコムもチップの供給を停止…w

ファーウェイ創業者“米撤退の可能性も” 5/18(土) 18:39配信 日テレNEWS24
Nippon News Network(NNN)
中国の通信機器大手ファーウェイの創業者が18日、NNNなどのインタビューに応じた。トランプ政権がファーウェイを排除する措置を取り続ければアメリカ市場から撤退する可能性もあると述べた。
トランプ政権がアメリカ企業に事実上ファーウェイとの取引を禁じる措置を取って以降、ファーウェイの創業者・任正非CEOがインタビューに応じるのは初めて。
任氏は、トランプ政権による圧力の影響で先月の業績が落ち込み、ことし通年の業績にも一定の影響がでると明らかにした。そのうえで今後の対応としてアメリカ市場から撤退する可能性もあると述べた。
Q.米国市場をあきらめる選択肢は?
ファーウェイ創業者・任正非CEO「可能性はある。今後アメリカや私たちの事業に賛成しない国には注力しなくてもいい。私たちの事業を認めている国々に力を入れる」
一方、トランプ政権がファーウェイを安全保障上の脅威としている事をうけて機密情報をぬきとる、いわゆる「バックドア」をつくらない仕組みをつくるべきと主張した。
ファーウェイ創業者・任正非CEO「我々は日本政府とスパイ活動を防止する協定も結べる。通信網にバックドアはなく、スパイ活動もしないという協定に署名もできる」
任氏はこのように述べ、各国とスパイ活動を防止する協定を結ぶ用意があると強調した。

ファーウェイ「今年は良い成長ない」 米が輸出規制発動 有料記事
深圳=吉岡桂子 2019年5月18日20時55分
写真・図版
取材に応じる華為技術(ファーウェイ)の任正非CEO=2019年5月18日、中国深圳市、吉岡桂子撮影
 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非(レンチョンフェイ)最高経営責任者(CEO)が18日、深圳市の本社で日本のメディアなどと会見した。米トランプ政権が17日に発動した同社への輸出規制について、「大きな影響ではないが、それほどよい成長にもならない」と述べ、業績への影響はあるものの限定的だとの見方を示した。
 輸出規制について、任氏は「ファーウェイは法律を犯していない」と反論した。米国からスマートフォンなどの高性能部品が調達できなくなるが、生産への具体的な影響については明言を避けた。
 一方で、15年ほど前から排除の動きがあって米国と争う予感はあったとした上で、「静かに準備はしてきた」と自社生産や米国外からの調達力を強めてきたと強調した。ただ、製品供給網(サプライチェーン)の維持に向けて「華為と日本企業とは非常に強い補完性がある」と述べ、日本企業に協力を求めた。
 任氏によると、今年1~3月期の売り上げは前年同期比で39%増の勢いだったが、米中貿易摩擦の激化で4月は25%に下がった。輸出規制が加わり、通年では「20%増には達しない」と前年並みにとどまるとの考えを示した。
 昨年4月に華為と同様の輸出規…

【15年ほど前から排除の動きがあって米国と争う予感はあったとした上で、「静かに準備はしてきた」と自社生産や米国外からの調達力を強めてきたと強調した。】

「15年ほど前から」て2004年から…

Thus, from 1998 to 2003, the company hired IBM for management consulting services, modeling itself after the American company.
アフリカ進出とIBMのコンサルで拡大したファーウェイ

「ファーウェイは日本企業からの部品調達を年々増やしており、昨年は6700億円規模に上った。パナソニックや京セラなどとも取引関係が深い。」

「日本企業への同調圧力を懸念」w

おもろいわーw、どーしてこんなタイトルを発想する?w

China
(1) Huawei Technologies Co., Ltd. (Huawei),
Bantian Huawei Base, Longgang District, Shenzhen, 518129, China.
This final rule also adds the following sixty-eight non-U.S. affiliates of the entry above to the Entity List:
Belgium
(1) Huawei Technologies Research & Development Belgium NV, Belgium.
Bolivia
(1) Huawei Technologies (Bolivia) S.R.L., La Paz, Bolivia. Brazil
(1) Huawei do Brasil Telecomunicacões Ltda, Sao Paulo, Brazil. Burma
(1) Huawei Technologies (Yangon) Co., Ltd., Yangon, Burma.
Canada
(1) Huawei Technologies Canada Co., Ltd., Markham, ON, Canada.
Chile
(1) Huawei Chile S.A., Santiago, Chile.
China
(1) Beijing Huawei Digital Technologies Co., Ltd., Beijing, China;
(2) Chengdu Huawei High-Tech Investment Co., Ltd., Chengdu, Sichuan, China;
(3) Chengdu Huawei Technologies Co., Ltd., Chengdu, Sichuan, China;
(4) Dongguan Huawei Service Co., Ltd., Dongguan, Guangdong, China;
(5) Dongguan Lvyuan Industry Investment Co., Ltd., Dongguan, Guangdong, China;
(6) Gui’an New District Huawei Investment Co., Ltd., Guiyang, Guizhou, China;
(7) Hangzhou Huawei Digital Technology Co., Ltd., Hangzhou, Zhejiang, China;
(8) HiSilicon Optoelectronics Co., Ltd., Wuhan, Hubei, China;
(9) HiSilicon Technologies Co., Ltd (HiSilicon), Bantian Longgang District, Shenzhen, 518129, China.
(10) HiSilicon Tech (Suzhou) Co., Ltd., Suzhou, Jiangsu, China;
(11) Huawei Device Co., Ltd., Dongguan, Guangdong, China;
(12) Huawei Device (Dongguan) Co., Ltd., Dongguan, Guangdong, China;
(13) Huawei Device (Shenzhen) Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(14) Huawei Digital Technologies (Suzhou) Co., Ltd., Suzhou, Jiangsu, China;
(15) Huawei Machine Co., Ltd., Dongguan, Guangdong, China;
(16) Huawei Software Technologies Co., Ltd., Nanjing, Jiangsu, China;
(17) Huawei Technical Service Co., Ltd., China;
(18) Huawei Technologies Service Co., Ltd., Langfang, Hebei, China;
(19) Huawei Training (Dongguan) Co., Ltd., Dongguan, Guangdong, China;
(20) Huayi Internet Information Service Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(21) North Huawei Communication Technology Co., Ltd., Beijing, China;
(22) Shanghai Haisi Technology Co., Ltd., Shanghai, China;
(23) Shanghai Huawei Technologies Co. Ltd., Shanghai, China;
(24) Shanghai Mossel Trade Co., Ltd., Shanghai, China;
(25) Shenzhen Huawei Technical Services Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(26) Shenzhen Huawei Terminal Commercial Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(27) Shenzhen Huawei Training School Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(28) Shenzhen Huayi Loan Small Loan Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(29) Shenzhen Legrit Technology Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(30) Shenzhen Smartcom Business Co., Ltd., Shenzhen, Guangdong, China;
(31) Suzhou Huawei Investment Co., Ltd., Suzhou, Jiangsu, China;
(32) Wuhan Huawei Investment Co., Ltd., Wuhan, Hubei, China;
(33) Xi’an Huawei Technologies Co., Ltd., Xi’an, Shaanxi, China;
(34) Xi’an Ruixin Investment Co., Ltd., Xi’an, Shaanxi, China; and
(35) Zhejiang Huawei Communications Technology Co., Ltd., Hangzhou, Zhejiang, China.
Egypt
(1) Huawei Technology, Cairo, Egypt.
Germany
(1) Huawei Technologies Deutschland GmbH, Germany.
Hong Kong
(1) Huawei Device (Hong Kong) Co., Limited, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong;
(2) Huawei International Co., Limited, Hong Kong;
(3) Huawei Tech. Investment Co., Limited, Hong Kong;
(4) Huawei Technologies Co. Ltd., Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong;
(5) Hua Ying Management Co. Limited, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong; and
(6) Smartcom (Hong Kong) Co., Limited, Sheung Wan, Hong Kong;
Jamaica
(1) Huawei Technologies Jamaica Company Limited, Kingston, Jamaica.
Japan
(1) Huawei Technologies Japan K.K., Japan.
Jordan
(1) Huawei Technologies Investment Co. Ltd., Amman, Jordan.
Lebanon
(1) Huawei Technologies Lebanon, Beirut, Lebanon.
Madagascar
(1) Huawei Technologies Madagascar Sarl, Antananarivo, Madagascar.
Netherlands
(1) Huawei Technologies Coöperatief U.A., Netherlands.
Oman
(1) Huawei Tech Investment Oman LLC, Muscat, Oman.
Pakistan
(1) Huawei Technologies Pakistan (Private) Limited, Islamabad, Pakistan.
Paraguay
(1) Huawei Technologies Paraguay S.A., Asuncion, Paraguay.
Qatar
(1) Huawei Tech Investment Limited, Doha, Qatar.
Singapore
(1) Huawei International Pte. Ltd., Singapore.
Sri Lanka
(1) Huawei Technologies Lanka Company (Private) Limited, Colombo, Sri Lanka.
Switzerland
(1) Huawei Technologies Switzerland AG, Liebefeld, Bern, Switzerland.
Taiwan
(1) Xunwei Technologies Co., Ltd., Taipei, Taiwan.
United Kingdom
(1) Huawei Global Finance (UK) Limited, Great Britain;
(2) Proven Glory, British Virgin Islands; and
(3) Proven Honour, British Virgin Islands.
Vietnam
(1) Huawei Technologies (Vietnam) Company Limited, Hanoi, Vietnam; and
(2) Huawei Technology Co. Ltd., Hanoi, Vietnam.

The Volkskrant story did not contain any details of whether the alleged “backdoor” was hardware or software, how it works, or whether it has actually been used.

オランダが見つけたというHuaweiの裏口のスモーキング・ガンがどんな実装なのかは、ひ、み、つw。叩きたいのかステマなのかはHuaweiの業績でしか判断できないw

ファーウェイに会社を潰された深田萌絵w

短大卒業後、町工場OLを経て早稲田大学政治経済学部で株式アナリストとなった筆者。リーマン・ショックを機に外資系金融機関から企業再生・民事再生業務に転じた後、米戦闘機F35のチップソリューションを開発した米国人エンジニアとともに起業した。
が、そこで開発した技術を「ファーウェイに盗まれ、会社を潰された」として、その複雑怪奇な経緯をネット上で6年間告発し続けている。
「短大卒業後、町工場OLを経て早稲田大学政治経済学部で株式アナリスト…、リーマン・ショックを機に外資系金融機関から企業再生・民事再生業務に転じた…米戦闘機F35のチップソリューションを開発した米国人エンジニアとともに起業した。」w

マネロン?w

あー、コロンボスタイルかぁ…

スリランカでカニバリズム利権が中国と競合したんだとシンギュラリティ・アソーの丁寧な説明…


「深田萌絵 2014年06月21日 先週金曜日午後二時、大手町のNTTデータセンターに何故か中国公安警察がいました。 データ破壊工作されないかな。」w

月刊「Will」w

旧宮家をマネロンや犯罪の隠匿に使っている件ね。竹田宮とか常陸宮とか秋篠宮とかニコラスとかw

たったこれだけの記事の関連でもコロンボスタイルの概要がヒントされているw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。