弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

アフリカ進出とIBMのコンサルで拡大したファーウェイ update6

ファーウェイの孟晩舟(Wanzhou Meng)副会長がイランへの輸出容疑で逮捕された。たぶん史上最大の大捕物になるw
から切り出しw

upenn.edu→Huawei Technologies: A Chinese Trail Blazer in Africa(2009年4月20日)
「Learning from a Master: What Huawei Tech learned from IBM」
「師匠から学ぶ:ファーウェイはIBMから何を学んだのか」w

IBMビジネスコンサルティングサービス とは PwC のことw。

In Africa, Huawei began operations in 1998, starting in Kenya, and has now become the largest CDMA product provider in the region. During the same year, Huawei hired IBM consultants to gain expertise in management strategies in a concerted effort to learn industry best practices.
According to an industry insider, “Ren recognized that the best way to overcome Huawei’s limitations was to learn from leading Western companies.” Thus, from 1998 to 2003, the company hired IBM for management consulting services, modeling itself after the American company. Under IBM’s guidance, Huawei significantly transformed its management and product development structure. Ren prioritized R&D and supply chain management by adopting IBM’s Integrated Product Development (IPD) and Integrated Supply Chain (ISC). After discovering Huawei’s return on investment in R&D was one-sixth that of IBM, Ren stipulated mastery of IBM’s IPD methodology. Furthermore, Huawei adopted ISC since supply-chain performance was far below potential. According to The World of Huawei, Huawei’s on-time delivery rate in 1999 was only 50%, compared with 94% for competitors; annual inventory turnover was 3.6%, compared with 9.4% for competitors. Adopting ISC entailed winning over suppliers and partners, many of whom had little appetite for Western management practices.
アフリカ進出の際にファーウェイはIBMのマネージメント・コンサルティング・サービスを導入w。ファーウェイにサプライ・チェイン・マネージメントを教えたのはIBMだw
うーむ。アフリカのボコハラム・ビジネスをファーウェイに教えたのはブルーグループ(IBM)かぁw。 これで一連のストーリーが完成したなw。

While working with Huawei, IBM was completing its own strategic change from a hardware vendor to an IT solutions provider. Ren drew from IBM’s experience, also realizing that the future of Huawei was not in manufacturing what others invented, but in creating excellence in both research and service. This strategy, which may be conventional for leading Western firms, is unusual in China. Although Huawei management possessed vision before hiring IBM, it was through the experience, insight and methodologies gained from working with IBM that Huawei managed to adopt new management practices and become a global player.
「ファーウェイとの仕事でIBMはハードウェアベンダーからITソリューション・プロバイダーへの自身の戦略変更を完成した。」w

IBMのソリューションビジネスとか、コンサルティングサービスってそういう意味だったのかw。 そーいえばTSOL(東芝)だのNSOL(新日鉄)だのあったなー。いじめ会社KYBにも日本IBMのコンサルティング・サービス・ジャパン出身がいたっけか。

【いじめ会社KYB】データセンターの免震装置に不正オイルダンパーを仕込んで地震兵器フクイチで大規模テロを計画w

ITソリューションてのはみんなデビッド・ロックフェ−ラーの臓器の為にやってたのか?w
デビッド・ロックフェラーが101才で死去。ナイジェリアの黒人の臓器で生きてたんだわw

Huawei’s pricing methodology can also be traced back to its experience with IBM, a company that helped Huawei learn the importance of turning R&D into cash and of approaching product development from both technical and business angles to ensure investment returns. This represented the transition for Huawei from a low-cost volume competitor to a value-added leading enterprise.

Learning from the Master

Another factor behind its African success is its attention to superior customer service. In 2000-2001, Huawei faced a confluence of challenges: IT investment dried up, profit margins shrank and the market faced oversupply, leading profit growth to evaporate. IBM consultants stressed increasing profits through better supply-chain management, stronger R&D and more integrated corporate structure. However, Huawei was also learning a key strength of IBM: unparalleled service. Ren appreciated the value of this concept under looming adversity. Unmatched attention and commitment to service eventually came to dominate the firm’s global strategy.

Huawei has begun to establish regional training centers in African countries such as Nigeria, Kenya, Egypt, Tunisia, Angola and Guinea. By August 2004, Huawei had invested more than $10 million dollars into its Nigerian training center. Recently, Huawei opened a new training facility in South Africa, its fifth training center on the continent.
「2004年8月にファーウェイはナイジェリア・トレーニングセンターに1000万ドル以上を投資。」w

この記事とジェマンジ博士の記事が噛み合うw
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」

“中国企業は安全保障上の脅威” 米で警戒感さらに強まる 2018年12月10日 5時07分
中国の通信機器大手、ファーウェイの幹部が逮捕されたことをめぐり、アメリカのトランプ政権や議会では中国企業に対する警戒感が一層強まっています。
ファーウェイのCFO=最高財務責任者の孟晩舟氏は、今月1日、アメリカの要請によってカナダの空港で逮捕され、カナダの検察当局は制裁下のイランとの取り引きをめぐる詐欺の疑いがあると主張しています。
これについて、ホワイトハウスのクドロー国家経済会議委員長は9日、FOXニュースに出演し、「非常に重要な問題だ。ファーウェイがイランに対する制裁に違反していたのは証拠から明らかだ」と述べました。
議会でも強硬な対応を求める声が共和・民主、両党の議員から上がっていて、共和党のルビオ上院議員はCBSテレビに出演し、「ファーウェイはアメリカの安全保障を脅かしている」と指摘し、アメリカ企業との取り引きや、アメリカでの営業を禁じるべきだと訴えました。
また、中国との通商協議のアメリカ側の責任者を務めるライトハイザー通商代表はCBSテレビに出演し、今後の協議では、中国によるアメリカの知的財産の侵害の問題も含め、90日以内に検証可能な結論を出す必要があると強調し、ファーウェイをはじめとする中国企業の問題について対応を求めるものとみられます。
今回の逮捕を受けて、アメリカでは、中国の企業が安全保障上の脅威になるという警戒感が一層強まっていて、米中関係の悪化は避けられない見通しです。

誰が探ってたのかわかった。イヴァンカだわw。
IBMがカリキュラムを組んでる学校にイヴァンカが長女を入学させる。IBM CEOジニ・ロメッティとサプライズ訪問

トランプ・ファミリーはシアトルに住んでいたことがあるw。
モンテ・クリストのトランプ(Friedrich Trump)

バンクーバーとシアトルかぁw。
【7つのパスポート】孟晩舟(Wanzhou Meng)は2009年にバンクーバーに家を購入。家族とともにの永住市民(permanent residency status)で、イランとの取引は2013年、逮捕状の発行日は2018年8月22日w

二階自民幹事長が高血圧で検査入院 2018/12/10 11:40 ©一般社団法人共同通信社
 自民党は10日、二階俊博幹事長に高血圧の症状が見られるため、東京都内の病院に同日から検査入院したと発表した。期間は1週間程度で、人間ドックを受けるという。
ゲラゲラ

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。