弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

Tモバイルが開発したスマホのテスト仕様をファーウェイ社員が持ち出してボーナスを貰うw。5Gインフラでノキアを採用するドイツテレコム子会社 update6

テクノロジー2019年1月31日 / 01:25 / 7時間前更新
ドイツ、5Gの速やかな構築望ましい 安全性も重要
Reuters Staff
[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツ政府は、第5世代移動通信システム(5G)について、速やかな構築が望ましいものの、安全性も重要との認識を示した。
経済省の報道官は「高度なデータセキュリティー基準を担保することが重要になる」と強調した。
5Gを巡っては、ハイテク通信分野で台頭する中国の華為技術(ファーウェイ)が参入をうかがっているが、同社は中国政府との結び付きが指摘されており、安全保障上の理由から世界中で同社の製品を排除する動きが広がっている。
これに関し、ドイツ外務省の報道官は、中国企業が国内法によって情報機関への協力を義務付けられていることが問題だと指摘した。
IoTをなんでも5Gで接続したい意図はわかるけど、そのIoT一つ一つにF/Wや侵入検知する仕掛け(IPS/IDS)を導入するのは無理。ここがカオスな状態になっている。たぶんファーウェイが外した機能だけでは安全を確保できない。

ファーウェイ関連会社 他社情報入手にボーナス支給か 2019年1月29日 12時20分
アメリカの司法当局は中国の通信機器大手、ファーウェイの副会長と法人としてのファーウェイなどを詐欺や企業秘密を盗んだ罪で起訴しました。司法当局は、他社から情報を盗み出した社員に特別ボーナスを支給するなど、ファーウェイが組織的に企業秘密を盗み出そうとしていたとみて実態の解明を進めています。
アメリカ司法省は28日、ファーウェイの孟晩舟副会長と法人としてのファーウェイなどを詐欺の罪で起訴するとともに、関連会社2社を他社の企業秘密を盗んだ罪で起訴したと発表しました。
起訴状によりますと、このうちファーウェイの関連会社2社は、アメリカの携帯電話大手、Tモバイルが開発したスマートフォンのテストに使うロボットの写真を許可無く撮影したり、研究室から無断で部品を持ち出したりしたということです。
また関連会社では、競合する他社の機密情報を入手するために、社員どうしを競わせ、毎月、最も貴重な情報を盗み出すことに成功した社員には特別ボーナスが支給されていたと指摘しています。
FBI=連邦捜査局のレイ長官は「ファーウェイは、意図的にアメリカ企業の知的財産を盗もうとしていた」とコメントしていて、アメリカの司法当局はファーウェイが組織的に企業秘密を盗み出そうとしていたとみて実態の解明を進めています。

ファーウェイ「遺憾 起訴状の内容を否定する」
ファーウェイは副会長と、法人としてのファーウェイなどが起訴されたことについて声明を発表し、「起訴されたことを遺憾に思う。ファーウェイや関連会社がアメリカの法律に違反したとする起訴状の内容を否定する。孟副会長によるいかなる不正行為も把握していない」として、起訴された内容を強く否定しています。
そのうえで「ファーウェイはアメリカの裁判所が最終的に同じ結論に至ると確信している」としています。

23の罪で起訴
28日、公開された起訴状によりますと、ファーウェイに関わる罪は合わせて23にのぼります。
このうち、▽ファーウェイの孟晩舟副会長と、▽法人としてのファーウェイ、▽関連会社のファーウェイデバイスUSA、それに▽香港で登記され主にイランで活動していた関連会社のスカイコムは、詐欺や資金洗浄など合わせて13の罪で今月24日付けで、起訴されています。
ファーウェイはスカイコムを通じてアメリカの制裁下にあるイランと取り引きを行ったうえ、制裁を逃れるため金融機関などに対して、ファーウェイとスカイコムは無関係だなどと虚偽の説明をしたとされています。
また、いずれも関連会社で、▽中国に拠点を置くファーウェイデバイスと、▽ファーウェイデバイスUSAは、企業秘密を盗んだ罪など合わせて10の罪で今月16日付けで、起訴されています。
起訴状によりますと両社の社員は、アメリカ西部ワシントン州にある携帯電話大手のTモバイルの施設で、スマートフォンのテストに使うロボットの写真を許可無く撮影したり、部品を持ち出したりしたということです。

中国 外務省報道官「米国は正当な経営を圧殺」
アメリカの司法当局が、中国の通信機器大手、ファーウェイの孟晩舟副会長らを起訴したことについて、中国外務省の耿爽報道官は談話を発表し、「アメリカは国家の力で特定の中国企業をねらってイメージダウンを図り正当な経営を圧殺しようとしている」などとアメリカを非難しました。
そして「ファーウェイを含む中国企業への不当な抑圧をやめるようアメリカに強く求める」と述べて、起訴は不当だという立場を示しました。
さらに耿報道官は「孟副会長への逮捕状を取り消し正式に引き渡しを要請しないようアメリカに対し、改めて求める」と述べました。
また、カナダに対しても「中国の厳正な立場に真剣に向き合い、直ちに孟副会長を釈放して、アメリカのために火中のくりを拾わないよう求める」と述べて、アメリカの要請に応じず、孟副会長を釈放するよう重ねて求めました。

中国政府 報道担当者「不公平で不道徳」
28日にアメリカ司法省がファーウェイの副会長と法人としてのファーウェイを起訴したことを受け、中国政府の報道担当者は「なんの証拠もない状況で、国家権力を使って特定の企業の顔をつぶし、攻撃するのは不公平で不道徳だ」と述べ、アメリカへの批判を一段と強めています。
その一方で、中国は今月30日からワシントンで米中の貿易問題をめぐる閣僚級の協議を行う予定です。中国はこの問題をめぐっては、アメリカに譲歩する姿勢を示し、アメリカ製品を1兆ドル以上輸入することなどを提案しています。
中国製品に関税を上乗せするアメリカの制裁措置が打撃となって、製造業などに影響が広がる中、貿易摩擦をこれ以上エスカレートさせたくないという事情があります。
ファーウェイ事件と貿易摩擦、それぞれの対応で中国政府はアメリカにどう向き合うか、難しい立場に立たされています。

「起訴状によりますと両社の社員は、アメリカ西部ワシントン州にある携帯電話大手のTモバイルの施設で、スマートフォンのテストに使うロボットの写真を許可無く撮影したり、部品を持ち出したりしたということです。」

Tモバイルw。ふつうに禿だわw。

あー、スマホをテストモードに切り替える操作手順が重要なのかw。

ソフトバンク孫氏、5Gにらみ譲歩か スプリント・Tモバイル統合交渉 2018/4/28 14:43
ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと同3位TモバイルUSが、経営統合に向けて最終調整に入った。これまでソフトバンクの孫正義会長兼社長が新会社の経営の主導権にこだわり、交渉は2度も決裂した。再び統合交渉に乗り出した背景にあるのは激しさを増す次世代通信「5G」を巡る投資競争だ。主導権を手放しても規模を追うべきだとの計算が働いてもおかしくない。
関係者によると、ソフトバンクとTモバイルの親会社のドイツテレコムが再び交渉のテーブルに着いたのはここ1、2カ月のことだ。両社は統合新会社への出資比率を巡って協議している。
スプリントとTモバイルは13年から統合に向け協議してきた。14年には米当局の認可が得られずに破談。再び交渉のテーブルについたが、17年11月に決裂した。
時価総額ではスプリントの方が小さく、統合新会社をつくればソフトバンクは経営の主導権を失う可能性がある。このため当時のソフトバンクの取締役会は受け入れるべきではないと判断した。
それから半年足らずでの3度目の交渉。今回は主導権を手放すことも視野に入れている。背景にあるのが、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の基盤となる5G時代の到来だ。
2020年に5Gの商用化が迫り、米携帯大手間の投資競争は熱を帯びる。契約者数で1億人以上を抱えるベライゾン・コミュニケーションズ、AT&Tの2強は関連のインフラ投資で先行してきた。
ベライゾンが米ヤフーを買収するなど、通信とメディアの融合も進む。スプリントやTモバイルにとって5G投資の負担をこなしながら、規模で圧倒する2強に対抗するのは至難の業だ。
さらにソフトバンク自身の軸足が次世代技術などへの投資に移ってきたことも見逃せない。孫氏は2月、自身が関心のある分野について「人工知能(AI)、IoT、スマートロボットの3つ」と述べた。
その前の1月には約8000億円を投じ、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズの筆頭株主になった。サウジアラビアなどと立ち上げた運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じ、世界の有望な成長企業に相次いで投資している。
3月には中東で太陽光発電を中心としたソーラーパークを建設すると発表し、事業規模は21兆円と巨大だ。
孫氏の中で米携帯事業に対する優先順位が、以前よりも下がっている可能性も否定できない。(佐竹実)

2018年4月に5Gでドイツテレコムとなにやら膠着状態w

TモバイルUSはドイツテレコムの子会社なので5Gインフラにノキアを使うからw

ファーウェイにとってTモバイルUSの5G対応スマホの裏口操作はとても重要だったw。
そしてその情報は禿にとっても重要w

【裸の王様】作戦が進行ちう。中国が3人目のカナダ人を拘束。素性はプライバシー保護法により非公開w

エリクソンはスウェーデンの通信機器メーカーw

TモバイルUSの親会社はドイツテレコムw。あら?これのスキーム最近どこかでみたなー。 フランス・テレコムのポーランド支社のオレンジ・ポルスカだw

やっとこの騒動の原因がわかってきたかも?w
ポーランド当局がファーウェイ幹部をスパイ容疑で逮捕。フランス・テレコムのオレンジ・ポルスカも捜索

ゲラゲラw。あー、スパイチップつか著作権みたいな監査用途の回路が潰してあるんじゃね?w そーいえば昔CPUのジャンパー間を鉛筆でつなげてクロックアップしたよなw。

当初は対イラン制裁の関する容疑だった。ファーウェイが何か裏機能を外してしまったのは間違いない。その「機能」がスキャンダルなのだw。

孟晩舟(Wanzhou Meng)側デービッド・マーチン弁護士「対イラン制裁では通信機器が除外対象になっていた」と反論w

ファーウェイ(Huawei)は何やら全世界の庶民がよろこぶよーなことをしてしまったよーなw。

「それどころか日本にとって2大輸出相手国である米中の衝突と19年度に控える消費増税が日本経済に及ぼす影響が懸念される。」w

なにやら劇団型なワナが仕掛けてあるのかぁ。ヤクザリセッションの報復?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。