弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

HSBCが香港民主化デモ口座を閉鎖w update8

ジェフリーエプスタインは親友だったとアンドルー王子が語ってしまうw(2019年11月15日)

「It will be broadcast on BBC Two at 21:00 GMT on Saturday.」

香港紛争の解決策として中国ビジネスハブ(Chinese business hub)開催地のプロモートでロンドンを訪問していた香港司法長官を民主化デモ支持者が襲撃…(2019年11月14日夜)

香港デモ 20代の日本人男性逮捕 2019年11月19日 07:17
全文
混乱が続く香港ではデモ隊が大学に立てこもっており、18日も包囲した警察とのにらみ合いが続いた。
現地メディアによると、香港理工大学には1000人近いデモ隊が立てこもっていて、18日だけで100人以上が逮捕されたという。大学の周りには立てこもっているデモ隊の親や友人たちが集まっていた。
デモ参加者の母親「娘2人が大学の中にいます。SNSで、『非常に絶望している。皆さん助けてください』と書き込んでいるのを見ました」
また、香港の日本総領事館によると、17日の香港理工大学周辺のデモにからみ、20代の日本人男性が警察に逮捕されていたことが分かった。逮捕容疑は分かっていない。

香港抗議活動で日本人逮捕 日本人の逮捕は2人目 2019年11月19日 1時56分
外交筋によりますと香港の抗議活動に関連して20代の日本人男性が17日、香港の警察に逮捕されました。
詳しい容疑などは明らかになっていませんが、男性は17日の夜、学生と警察との間で激しい衝突が続いていた香港理工大学の周辺にいたところ、警察に拘束されたということです。
男性にけがはなく、健康状態も問題ないということで、総領事館の職員が面会するなどして支援しているということです。
一連の抗議活動に関連して日本人が逮捕されたことが分かったのはことし9月に続いて2人目です。
外務省は香港に滞在する日本人に対し、「レベル1」の危険情報を出して抗議活動の現場には近づかないなど、十分、注意するよう呼びかけていました。
外務省関係者によりますと、香港当局に身柄を拘束されたのは20代の日本人観光客の男性だということで、17日、「香港ディズニーランド」に行った帰りに、香港理工大学にデモの様子を見に行った際、周辺で現地の警察に拘束されたということです。
現地の総領事館で面会し、健康状態に問題はなく、けがはないということです。

「もう天安門事件は始まっています。どうか日本の皆様、香港を助ける為に関心を寄せて下さい。」w

あらら、天安門事件(1989年6月4日)の真相まで暴露されちゃうのかすら?w

天安門事件(1989年6月4日)のおさらい。原産新聞で事件の前後を振り返る

HSBCが香港民主化デモ支援口座を閉鎖か、規制上の検査実施と広報
Alfred Liu 2019年11月19日 3:58 JST
香港の民主化要求デモの資金源になっている法人口座を閉鎖する計画だと報道されたHSBCホールディングスは、顧客資金が申告通りの目的に使用されているか規制上必要な定期検査を実施したと説明した。
  香港の信報財経新聞が18日伝えたところによると、HSBCは当初の提出書類と食い違う利用が見られた口座を発見し、対応策をとった。同行は10月に顧客に対して30日後に口座を閉鎖すると通知済みで、今週その期限を迎えるという。同紙は口座の保有者を明らかにしていない。
  HSBCの在香港広報担当者のビン・トラン氏は「顧客を把握し、金融業界の安全を守るという当社の責任の一環として、顧客口座を定期的に審査している」と電子メールで声明を発表。「書面で説明された口座の目的と実際の利用状況が異なっていたり、情報が十分でなかったりしたことが明らかになれば、全ての利用状況を積極的に精査し、口座閉鎖となる可能性もある」と指摘した。問題の口座について具体的には触れなかった。
  香港の民主化要求デモを巡っては、関連が発覚すれば全て断ち切るようアップルやアクティビジョン・ブリザードなどの企業が厳しい政治的圧力にさらされている。HSBCは今年1-9月の収入のうち35%余りを香港で稼いでおり、世界的な企業の中で香港との結びつきはことさら強い。
原題: HSBC Cites Rules as Protest-Linked Account Reportedly Shut (1)(抜粋)

ハイテーブルの席順の決着はついたのかすら?w

香港はほんとうに民主化デモなのか?

臓器売買やシャブの流通拠点の闇利権のために争っているのでは?w

そのトリガーが天安門事件だったのでは?


謝志楽の「Sam Gor(三哥)」は三合会(Triad)の別表記w「本土からの覚せい剤(Math from the Mainland)」w(2019年10月15日)

ハイテーブルで何が起きているのかを把握するのは難解だが、このふたつの記事が説明になっているかもw

【ドナーの起源】カルロスゴーンとカトリック教会マロン派。レバノン首相のリヤドでの強制辞任会見とマロン派大司教のリヤド訪問w(2019年1月10日)

【聖なる火】ローマ法王来日ロビー活動をしたのは辞任した河合法相だったw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。