弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ダンスケ銀行エストニア支店の幹部がマネロン業界のUKの役割を欧公聴会で証言w update2


マネロン業界でのUKの役割をダンスケ銀行エストニア支店の幹部が米当局に証言するw。

ウラジミール・プーチン一家とロシア情報機関と関連があるUK LLP…w。クレムリンはプーチンとダンスケ銀行とは無関係と否定。

ハワード・ウィルキンソン、前ダンスケ銀行エストニア支店幹部が欧公聴会でマネロンに警告。 不正と戦うには「UKが最悪」だ。 「UKの役割は絶対恥ずべき。」 「責任が限定された提携関係とスコットランド責任の提携関係には本当に何年も邪魔された。」w

ダンスケ銀行を経由した1500億ドルがドイツ銀行、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカでドルに換金されて(洗濯され)グローバル金融システムに流れ込んだと証言w。

ボコハラムのHSBCルート、エストニア・ルート(ドイツ銀行、JPモルガン、バンカメ)、マレーシアの1MDBルート(ゴールドマン・サックス、ロスチャイルド銀行、シンガポール)、そしてMUFGの北朝鮮ルートかぁw。こりゃまたスケールがでかいね。


「ナイジェリア女性の卵巣から卵子を使って体細胞核移植(somatic cell nuclear transfer/SCNT)と呼ばれているクローンニング手順で複雑な組織を完成させる利益は 世界経済の3分の1になる30兆ドル(USD)の売上が約束されている。西側の億万長者(billionaires)はビルとメリンダ・ゲイツ資金に援助することで兆ドル長者(trillionaires)になる! 」


バブルの正体は臓器売買のマネロンなのだと誰かチャレンジャーな経済学者が言い出すだろうw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。