弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

聖路加病院の終末期の患者の心のケアに当たる牧師「チャプレン」が女性患者に強制わいせつw。聖路加病院の眼科医も危険ドラッグで逮捕。組対5課が動くw update2

聖路加病院勤務の牧師 女性患者にわいせつ 2018年9月14日 20:09
東京・中央区にある聖路加国際病院で勤務していた40代の牧師の男が女性患者にわい せつな行為をしたとして警視庁に書類送検されていたことがわかった。
記事全文
東京・中央区にある聖路加国際病院で勤務していた40代の牧師の男が女性患者にわいせ つな行為をしたとして警視庁に書類送検されていたことがわかった。
強制わいせつの疑いで書類送検されたのは聖路加国際病院に勤務する40代の牧師の男。 捜査関係者によると、牧師の男は、去年5月、病院内の個室で女性患者に抱きつき胸を触 るなどした疑いが持たれている。
牧師の男は病院で患者や家族の心のケアを担当していて、持病の治療のために通院してい た女性と複数回、面会していたという。
病院を運営する聖路加国際大学は「事実を確認し、今後、適切に対応していきたい」とコ メントしている。

2018年9月14日 17時55分
女性が抗議中に再び体触ったか 聖路加病院に勤務の牧師
 聖路加国際病院(東京都中央区)に勤める40代の男性牧師が強制わいせつの疑いで書類送検された事件で、被害に遭った女性が「以前に受けた、わいせつ行為の抗議をしていた際、再び体を触られた」などと警視庁築地署に説明していることが14日、関係者への取材で分かった。
 同病院では、患者や家族の心のケアに当たる「チャプレン」と呼ばれる聖職者を複数配置。関係者によると、女性は難病を患って治療を受けるとともに、チャプレンとして働く牧師に病気への不安を相談していた。
(共同)

聖路加国際病院の牧師、強制わいせつ容疑 心のケア女性被害
2018年9月15日 朝刊
男性牧師が強制わいせつ容疑で書類送検された聖路加国際病院=14日、東京都中央区で、本社ヘリ「おおづる」から
写真
 キリスト教系の総合病院「聖路加(せいるか)国際病院」(東京都中央区、福井次矢院長)で、心のケアを受けていた女性患者にわいせつな行為をしたとして、警視庁築地署は十四日、強制わいせつの疑いで、ケアを担当する四十代の男性牧師を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。認否は明らかにしていない。
 同病院は、「チャプレン」と呼ばれる病院専任の牧師や司祭を置いている。患者や家族から病気の苦しみを聞き、生きる意味や死についてキリスト教の考え方を伝え、心の支えになるよう援助するのが役割だ。
 捜査関係者らによると、チャプレンの一人である男性牧師は昨年五月二十二日、病院内の控室で、難病で通院中の女性患者に対し、自分の下半身を触らせたり、抱きついて胸を触ったりした疑いが持たれている。女性は同八日にも被害を受けたという。女性は今年一月、築地署に被害届を出した。
 病院を運営する学校法人聖路加国際大学の広報室は、本紙の取材に「事実関係を確認し、適切な時期に説明する」と回答した。牧師が所属する日本基督教団は「事実関係を調査中。事実ならば牧師としてあってはならない行為で、大変遺憾だ」と答えた。男性牧師は、家族と死別した人などの立ち直りを支援する上智大グリーフケア研究所の非常勤講師も務める。著書があり、講演活動もしている。
 聖路加国際病院は一九〇一年に設立され、五百三十九の一般病床を持つ大規模病院。名誉院長に故日野原重明医学博士が就任していた。二〇一五年には、世界で顕著な取り組みなどが認められた病院に贈られる国際病院連盟賞の最高位賞を受賞している。

聖路加病院牧師が強制わいせつ容疑 警視庁が書類送検 社会 2018/9/14 19:37
 聖路加国際病院(東京・中央)で治療に伴い心のケアを受けていた女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁築地署は14日、ケアを担う同病院の40代の男性牧師を強制わいせつの疑いで書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 聖路加国際病院はキリスト教系の総合病院で、患者や家族を精神的にサポートするため、心のケアを専門とする「チャプレン」と呼ばれる聖職者を複数配置している。
 捜査関係者らによると、男性牧師はチャプレンとして勤務。2017年5月22日、病院内にある牧師の控室で、抱きついて胸を触るなどした疑いが持たれている。
 女性は持病で数年前から同病院で治療を開始し、牧師とも面会していた。17年5月に2回被害に遭ったといい「(牧師の)下半身を触らせたり、胸を触ったりされた」と話しているという。女性はその後、牧師への相談をやめていた。
 聖路加国際病院のホームページによると、牧師は終末期の苦痛軽減などに取り組む日本スピリチュアルケア学会の認定する指導資格を持っている。心のケアに関する著書の出版や、講演も行っている。同病院は共同通信の取材に「わいせつ行為の有無について、詳細を調査中」としている。〔共同〕

【実際にキリスト系病院のホスピスに行くと、建物内に教会があって「チャプレン」って呼ばれる牧師さんが宗教的にターミナル患者のスピリチュアルペインに対応してるみたい】w

【②聖路加病院の日野原重明は731部隊、よど号ハイジャック事件、地下鉄サリン事件に深く関わっている】

【癌という病気を作り出し、癌利権の一つ、人間ドッグを作った聖路加病院の日野原重明。「よど号ハイジャック」「地下鉄サリン」に関与されていたと思われ、金の亡者とも言われていました。】w

【日野原重明氏があれほどに心血を注いだ聖路加病院は何処にいってしまったのか。特に終末期の患者たちにとってチャプレンは心の拠り所だ。】w

聖路加病院の医師逮捕=危険ドラッグ所持容疑―警視庁 9/8(土) 12:46配信 時事通信
 危険ドラッグを所持したとして、警視庁と関東信越厚生局は8日までに、医薬品医療機器法違反の疑いで、聖路加国際病院(東京都中央区)の眼科医、越前成旭容疑者(41)を逮捕した。
 同庁は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は5日、都内の自宅で指定薬物を若干量所持した疑い。同庁組織犯罪対策5課によると、自分で使用するためにインターネットで購入したとみられる。
警視庁組織犯罪対策5課と関東信越厚生局


聖路加国際病院の医師、危険ドラッグ所持容疑で逮捕
8日 11時16分
 聖路加国際病院の眼科医の男が、自宅で危険ドラッグを所持していたとして警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・中央区にある聖路加国際病院の眼科の医師・越前成旭容疑者(41)で、今月、都内の自宅で危険ドラッグ若干量を所持していた疑いが持たれています。
 警視庁は、今月5日に越前容疑者の自宅と聖路加国際病院を家宅捜索し、自宅から見つかった危険ドラッグを鑑定したところ、違法薬物の成分が検出されたため逮捕したということです。警視庁は、越前容疑者が危険ドラッグをインターネットで購入したとみて入手の経緯などを詳しく調べています。
 聖路加国際病院によりますと、越前容疑者は2002年4月から勤務していたということで、「当院医師が逮捕されたことは大変遺憾で、事実関係を調査の上、厳正に対応します」としています。

本店組対5課と九段が合同で動いてチャプレンと眼科医をそれぞれ時間差で逮捕。圧力か?w。しかしまぁ、吐き気がするよーな真相なんだろ。

なんだこのツイはw

正田美智子さん(現皇后陛下)の主治医w

正田美智子は世良田出身で新田義貞の子孫w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。