弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

中条きよしの同級生の細江茂光前岐阜市長が買い物中に倒れて急死… update2

wikipedia.org→ホリプロ

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、キャロルのドラマー 相原誠さん死去 69歳 2020年4月17日 19時49分 デイリースポーツ
 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、キャロルでドラマーとして活躍した相原誠さんが13日に心不全のため死去していたことが17日、分かった。69歳。秋田県出身。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの宇崎竜童がインスタグラムで訃報を伝えた。
 宇崎は「DOWN TOWN BOOGI WOOGIE BAND DRUMMER 相原誠 四月十三日 心不全の為 逝去 享年69 合掌」と報告。「He’s knocking on a heaven’s door by drum stick」と、ボブ・ディランの名曲を引用して追悼している。
 相原さんはユウ岡崎が不在期間に旧知の間柄だったキャロルで演奏した後、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド結成に参加した。

細江茂光前岐阜市長死去 71歳、行財政改革断行 2020年04月17日 07:55
岐阜市長を4期16年務め、職員らの拍手に手を上げて応え、岐阜市役所を後にする細江茂光氏=2018年2月、岐阜市役所
 前岐阜市長の細江茂光(ほそえ・しげみつ)氏が16日午後3時52分、心筋梗塞のため、死去した。71歳。岐阜市出身。自宅は岐阜市伊奈波通1の20。通夜は行わず、葬儀・告別式は近親者で行う。後日、お別れの会を開く。日時や場所は未定。
 細江氏は、岐阜高校、京都大法学部を卒業後、三井物産に入社し、物資開発本部サービス事業開発部長などを務めて退職した。2002年、民間出身者として戦後初めて岐阜市長に初当選し、4期16年間務めた。出直し選を含め当選5回。
 市長就任後、民間で培った経営感覚や経験を生かし、路面電車と市営バスの廃止など徹底的な行財政改革を断行、市の借金を大幅に削減した。保育所の民営化などにも取り組んだ。
 また、「教育立市」を掲げ、英語教育を推進し、複合施設「みんなの森ぎふメディアコスモス」を整備した。県都の玄関口、JR岐阜駅前の再開発にも取り組み、「岐阜シティ・タワー43」の建設のほか、北口駅前広場整備などにも尽力した。国の政策を先取りし、市民の健康寿命を延ばす「スマートウエルネスぎふ」を提唱、都市機能を集約するコンパクトシティー化も進めた。
 08年には市議会で同意を得られなかった市岐阜商高廃止・立命館誘致計画の信を問うとして辞職し、09年に出直し選に打って出た。
 全国市長会副会長、東海市長会長兼理事、県市長会長などを歴任。19年に旭日中綬章(地方自治功労)を受章した。
 関係者によると、妻と出掛けた先で倒れ、美濃市内の病院に運ばれ死亡が確認された。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。