弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【ホラッチョ朝鮮戦争】電柱ロケットを偽装したホリエモン・ミサイル打ち上げ失敗w 新型移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)「KN-08」で、THAADスパイ衛星の打ち上げにも使えるはずが失敗w update11

まさかDICE-Kのミサイル開発が継続してたとは。

ミニロケット打ち上げ失敗 データ受信できず飛行中断 1月15日 10時30分
超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、15日午前8時33分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられましたが、機体の状態を示すデータが途中で得られなくなったため、飛行を中断し、打ち上げは失敗しました。
JAXAが新たに開発した高さ9メートル50センチという世界最小クラスのミニロケットは、超小型衛星を搭載して、15日午前8時33分、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。
しかし、JAXAによりますと、打ち上げの数十秒後、ロケットの1段目の燃焼が終わったあと、機体の状態を示すデータが得られなくなったということです。このため、JAXAでは安全に打ち上げを続けることができなくなったとして、2段目への点火を取りやめ、打ち上げは失敗しました。
打ち上げに失敗したロケットの機体は、警戒区域内の海上に落下したことが確認されたということです。
今回のミニロケットには、手で持ち運べるサイズの超小型衛星が搭載され、コストを抑えたロケットや衛星でも高い性能を発揮できるか確認が行われることになっていました。
JAXAは午前11時30分から記者会見を開いて、詳しい状況や今後の対応を説明するとしています。

2016.11.14 07:14更新 来年1月にもロケット発射 堀江貴文さん創業の開発会社 打ち上げ成功なら民間の日本初に
インターステラテクノロジズが開発中のロケットのイメージ(同社提供)
 元ライブドア社長の実業家、堀江貴文さんが創業したロケット開発会社「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は14日までに、来年1月にも宇宙空間に到達する小型ロケットを打ち上げるとの見通しを明らかにした。同社によると、打ち上げが成功すれば、単独の民間企業としては日本初となる。
 当初は年内の打ち上げを予定していたが、エンジンなどの調整に時間がかかっているという。開発しているのは全長10メートル、直径50センチのロケットで、エタノールと液体酸素を燃料とする。計画では、発射後約2分で無重力状態となり、さらに約2分で大気圏と宇宙空間の境界とされる高度100キロに到達。その後、降下してパラシュートで太平洋に着水する。
 費用の数千万円は、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングなどで賄った。国のロケット発射場を誘致するなど「宇宙のまちづくり」を進める大樹町で、安価に打ち上げられるロケットの開発を進めてきた。
ありえねー。ライブドアの株式多重分割の頃からずっとこんなミサイル開発を継続してたのか。

JAXA様とのコンサルティング契約

JAXA様とのコンサルティング契約
Posted by InagawaTakahiro on 7月 14, 2016 in 未分類 | No Comments
2016年7月13日、インターステラテクノロジズ株式会社はJAXA様とのコンサルティング契約を締結しました。
JAXA様と、地球周回軌道に投入することが出来るロケット開発に向けてロケットエンジンに関して意見交換を行い、性能向上に向けた研究課題および試験設備の安全性の課題の抽出についてコンサルティングをお願いするものです。
JAXA様の長年に渡り研究・開発されてきた技術やノウハウを活用し、今後の弊社の開発に活かしてまいります。
JAXAかぁ。

1トン級エンジン50秒燃焼実験に成功

1トン級エンジン50秒燃焼実験に成功
Posted by InagawaTakahiro on 3月 6, 2016 in ロケット開発, 動画 | One Comment
インターステラテクノロジズ株式会社は3月4日(金)北海道大樹町の元防衛省エンジン試験場跡地において推力10kN(約1トン)を有するロケットエンジンの燃焼時間50秒の地上燃焼実験に成功しました。本エンジンは、高度100 kmの宇宙空間に到達するためのサブオービタル飛行用ロケットのメインエンジンとして位置づけられています。1月に3回の短時間(5秒1回、15秒2回)の燃焼実験に成功しており、当初2月中に50秒の燃焼実験の予定でしたが、2回の延期を挟み今回成功しました。今後3月中に燃焼時間100秒の燃焼実験を行なう予定です。
「北海道大樹町の元防衛省エンジン試験場跡地」

JAXAと防衛省かぁ。こりゃまたものすごい種明かしですな。 

こりゃー。避難訓練や過酷事故対応訓練が必要になるわな。あべちんGJ


いきなりキナ臭くなる北海道w

大樹町→トップページ→航空宇宙→2013年度実験実績等
小型ロケット(ハイブリッド・ロケット)、
YAMAHAの無人ヘリ、
情報通信研究機構(NICT)の無人飛行機、
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「4発ティルト翼VTOL機の飛行実験」、
ホリエモンの小型液体燃料ロケット「すずかぜ」
電気通信大学の自律飛行ロボット
w

ナイジェル・コーウィ(NIGEL RICHARD JAMES COWIE)と北朝鮮のキムチョルサム(KIM CHOL SAM)は仲介会社HARRIS SECRETARIES LIMITEDを使っていた。

このHARRIS SECRETARIES社を使っていた日本の会社に 榎本大輔(DICE-K) とnagaファンド詐欺事件の名和長恒と弟の名和道紀の名前がパナマ文書で見つかる。

その榎本大輔は元オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)の経営陣で宇宙飛行士だw

そして元オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)社長のホリエモンがロケット開発を継続していたことがニュースで判明してしまう。

北朝鮮のミサイル開発部隊がDICE-Kとオン・ザ・エッヂ(現ライブドア)とホリエモンを介して土人国家とつながった瞬間ですな。 北朝鮮の核とミサイルの背後にいたのはやはり日本だったのだ。

過去に統一日報がロケットやミサイルは東京大学だと報道したことがあり、それとも噛み合ってしまう。

そういえば釧路の住所がパナマ文書にあったなー。

$ perl bahama_extract.pl 264162|perl id2link.pl
.ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..INTERMEDIARIES(296518)[Deloitte & Touche - ?????????? - (Taipei)/Taiwan/Offshore Leaks]ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(51550)[Kazutoshi Hida/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(71813)[Yaw-Feng Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(74100)[JAFCO G-8 (A) Investment Enterprise Partnership/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(92784)[Ming-Hsuan Sung/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(74414)[Ming-chih Peng/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(75056)[Sheng-Fu Lin/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(75348)[Hansen A Yuan/United States/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(75558)[Chung-Bo Yen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(76590)[Tsuyoshi Sugibuchi/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(76696)[Satoshi Aoki/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(76867)[Takao Homma/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(77085)[Chuan-mu Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(77330)[Junichi Mizuno/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(92041)[Susumu Suzuki/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(80738)[Jung-Ming Chang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(85443)[Shih-Yun Yeh/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(94995)[Chun-hsiung shih/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(95082)[Jung-Tung Liu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(86205)[Izumi Kubo/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(86525)[Gordon Tao/United States/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(86550)[Ming-kang Lee/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(83033)[Pei-ying Lien/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(94779)[Jung-Tsou Tung/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(115503)[Chao-Jan Wang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(79244)[JAFCO L-2 Venture Capital Investment Limited Partnership/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(78496)[cheng-ching yeh wang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(79008)[Wataru Yoshikoshi/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(79048)[Chia-Hsun Liao/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(90260)[Yoshinobu Iwasaki/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(112154)[Sai-Chuen Yang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(112226)[corporate directions Inc/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(93552)[Hui-chen Tung/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(98686)[Hao-Yin Hsieh/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(99003)[Yah-Nan Lee/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(96964)[Kuo-Hua Chang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(97197)[Ming-Chu Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(84587)[Hao-Hsiang Liu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(91080)[Wen-Jer Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(83865)[Por-Hsiung Lai/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(83865)[Por-Hsiung Lai/Taiwan/Offshore Leaks] (director of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(85873)[Ih-hsin Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(85901)[A-Spine Inc/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(96433)[Tung Hung/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(99793)[Hsiang-Chao Lee/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(111619)[Su-Ying Wu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(111812)[Takeshi Fuji/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(111839)[Junko Hirayama/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(116177)[Wei-Feng Huang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(116177)[Wei-Feng Huang/Taiwan/Offshore Leaks] (director of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(116284)[Chung-Chun Yeh/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(116284)[Chung-Chun Yeh/Taiwan/Offshore Leaks] (director of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(99012)[Yin-Chung Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(99325)[Hiroshi Nakagawa/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(110972)[Futoshi Suetsuna/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(114631)[Yu-Ting Hou/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(113798)[Yi-Hsiu Lien/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(42869)[Chih-I Lin/Taiwan/Offshore Leaks] (director of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(42869)[Chih-I Lin/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(48978)[JAFCO G-8 (B) Investment Enterprise Partnership/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(49412)[President Life Sciences Cayman Co., Ltd/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(49431)[Mei-Sheng Niu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(48444)[Te-fen chou/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(50700)[Chien-Ming Lee/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(50151)[Tzu-Liang Wu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(49747)[JAFCO GC-1 Investment Enterprises Partnership/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(49782)[Kuo-Chung Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(56173)[Hao-wei Hsieh/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(53570)[Hai-Tu Chang/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(58662)[Akihiro Shimosaka/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(54276)[Jiann-Shing Shieh/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(54556)[Min-Jung Tsai/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(54662)[Portcullis TrustNet (BVI) Limited/Thailand;British Virgin Islands;Indonesia;Singapore/Offshore Leaks] (records & registers of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(52381)[Tomoya Murakami/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(52800)[Chien-Lin Liu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(52817)[Tain-Yew Shi/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(54713)[Chung-Hsing Hu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(55339)[Pei-Chen Chen/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(56972)[Toshiharu Sogo/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(59872)[Akihiko Higa/Japan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(59466)[Rong-Fu Kuo/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(87133)[Chi-Yun Sun/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(70846)[Pei-Yu Lee/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..OFFICER(70864)[Sheng-Fa Hsu/Taiwan/Offshore Leaks] (shareholder of) ENTITY(136422)[A-Spine Holding Group Corp./British Virgin Islands;Cayman Islands/Offshore Leaks/18-MAR-2002,,,]
..ADDRESS(237076)[David Chong & Co. Office B1, 7/F. Loyong Court 212-220 Lockhart Road Wanchai Hong Kong CAYMAN ISLANDS/Cayman Islands/Offshore Leaks]
..ADDRESS(236724)[Portcullis TrustNet Chambers P.O. Box 3444 Road Town, Tortola British Virgin Islands (w.e.f 9 December 2005)/British Virgin Islands/Offshore Leaks]
.ADDRESS(264162)[Crest-D, 9-14, Hoshigaura-Odori Kushiro City, Hokkaido 084-0912/Japan/Offshore Leaks]
$
ぐはは。JAFCOが3件も出てくるか。


ICIJ のデータベースに掲載されている弊社ファンドについて 2016年5月16日 株式会社ジャフコ

租税回避目的でないオフショア会社の使い方ってやっぱ北朝鮮との取引か?w

「A-Spine Holding Group Corp.」なるオフショア会社の設立日は18-MAR-2002

「宇宙のまち」大樹町の歩み

2002年新年号
「2002.3.22 ハイブリットロケット打ち上げ成功 国内2例目 北大大学院のグループ」
あー、これね。

2010年3月9日堀江元ライブドア社長所有会社 大樹でロケット実験計画
2011年2月9日ホリエモンのロケット3月にも打ち上げ
2011年2月12日堀江氏のSNSロケット、エンジン試験「成功」
2013年2月26日道交法違反の音更町(おとふけ)の土木作業員須田伸輔容疑者が北見市足寄町(あしょろ)から留辺蘂町(るべしべ)まで逃走。警官13人で処刑。
2013年3月28日大樹でのロケット実験に参加へ 堀江ライブドア元社長
2013年3月29日堀江元社長「失敗です」 大樹・ロケット爆発
2013年3月30日「くじけず再挑戦したい」堀江元社長ら記者会見
この空白期間がw
北朝鮮のミサイル発射で忙しかったから?
2016年11月14月 来年1月にもロケット発射 堀江貴文さん創業の開発会社 打ち上げ成功なら民間の日本初に

北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧


北朝鮮のミサイル・ロケット・飛翔体発射実験の一覧
名称 説明
1993年のミサイル発射実験 北朝鮮は1993年5月26日に北朝鮮南東部の江原道元山(ウォンサン)から、準中距離弾道ミサイルである「ノドン1号」を 日本海側に向けて発射し能登半島の350km沖に着弾しました。

このミサイル実験はイランに対し北朝鮮のノドンミサイルの性能と信頼性を示し、ミサイルと石油を取引する目的で行われたとされています。
1998年のミサイル発射実験 北朝鮮は1998年8月31日にテポドン1号の発射実験を行いました。
このミサイル発射実験でテポドン1号は、1段目が日本海に落下、2段目は大気圏外の津軽海峡付近を飛行し日本列島を横断し太平洋に落下しました。

なお、北朝鮮側は人工衛星「光明星1号」を搭載した、「白頭山1号ロケット」の発射であったと主張しています。
2006年5月のロケット・ミサイル発射実験 北朝鮮は2006年5月25日と5月26日にミサイルを発射しました。
25日は午前12時頃に舞水端里から1発のミサイル、午後5時頃には元山市から2発を発射し、26日にも短距離ミサイルを2発発射しました。

なお、北朝鮮は2006年5月25日の午前9時54分頃に咸鏡北道吉州郡豊渓里付近の核実験場で地下核実験を行ったことから、 今回のロケット・ミサイル発射実験も一連の軍事行動とされています。
2006年のミサイル発射実験 北朝鮮は現地時間の2006年の7月5日未明から夕方にかけて7発のミサイルを日本海側に向けて発射しました。
発射された7発のミサイルは以下の通りです。
  • 1発目
    現地時間3時33分に旗対嶺(キテリョン)から、スカッド-Cタイプのミサイルを発射。
  • 2発目
    現地時間4時4分に旗対嶺(キテリョン)から、ノドンまたはスカッドタイプのミサイルを発射。
  • 3発目
    現地時間5時1分に舞水端里(ムスダンリ)から、テポドン2号を発射。
  • 4発目
    現地時間7時10分に旗対嶺(キテリョン)から、スカッドミサイルを発射。
  • 5発目
    現地時間7時30分に旗対嶺(キテリョン)から、ノドンミサイルを発射。
  • 6発目
    現地時間8時2分に旗対嶺(キテリョン)から、ノドンミサイルを発射。
  • 7発目
    現地時間17時22分に旗対嶺(キテリョン)から、ノドンまたはスカッドタイプのミサイルを発射。

これらのミサイル発射実験により国連安全保障理事会は「核の不拡散と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に関する決議」として、 『国際連合安全保障理事会決議1695』を採択しました。

なお、北朝鮮はミサイル発射後の2006年10月9日に、咸鏡北道吉州郡豊渓里付近において地下核実験を行っています。
2009年のミサイル(ロケット)発射実験 北朝鮮は日本時間の2009年4月5日11時30分頃に、人工衛星打ち上げ用のロケットである銀河2号を 咸鏡北道花台郡舞水端里の発射場から発射し、銀河2号は11時37分頃に日本の東北地方上空数百キロメートルを通過しました。

このロケット発射実験の際に北朝鮮は3月12日に「国際海事機関」と「国際民間航空機関」に、「4月4日から4月8日の間にロケットの発射」を 通告しました。
また、日本政府に対しても海上保安庁海洋情報部宛メールにより通告をしました。

この通告に対し日本政府は破壊措置命令を発令し領土への攻撃を行わせない為に迎撃体制を整えましたが、 ロケットの日本上空通過時の高度が数百キロメートルであったことと、レーダーの追尾から日本の領域への被害が出ないことを確認し 迎撃は行いませんでした。

なお北朝鮮はこのロケット発射実験の50日後に、地下核実験を行いました。

ミサイル発射とその後の地下核実験に伴い、国連安全保障理事会は「核の不拡散と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に関する決議」として、 『国際連合安全保障理事会決議1718』を採択しました。
2011年12月16日の短距離ミサイル発射実験 北朝鮮は2011年12月16日に、日本海側に向けて射程距離100km程の短距離ミサイルを発射しました。
2011年12月19日の短距離ミサイル発射実験 北朝鮮は2011年12月19日午前8時ごろに、日本海側に向けて短距離ミサイルを発射しました。

北朝鮮では12月19日の正午から金正日総書記死去の特別放送が行われたことから、 金正日総書記死去の関連の発射実験であったとも考えられています。
2012年1月11日の短距離ミサイル発射実験 北朝鮮は2012年1月11日午前に、日本海側に向けて短距離ミサイルを3発発射しました。

この発射実験では旧ソ連製のミサイル「SS21」を改良した「KN-02」と呼ばれている短距離弾道ミサイルを発射したとされています。
2012年3月28日の短距離ミサイル発射実験 北朝鮮は2012年3月28日午後4時ごろに、黄海側に向けて短距離ミサイルを2発発射しました。

この発射実験では平安北道沿岸から黄海に向けて、シルクワームを改良した「KN―01」と呼ばれている地対艦ミサイルを発射したとされています。
2012年4月13日の光明星3号1号機発射実験 北朝鮮は2012年4月13日の午前7時39分に平安北道鉄山郡東倉里付近の発射場から、 衛星である光明星3号1号機を搭載したロケットである銀河3号を発射しました。

この発射での銀河3号はブースト段階の不具合により空中爆破し、衛星の軌道投入に失敗しました。

光明星3号1号機の発射の際に北朝鮮は3月16日に「4月12日から4月16日の間に銀河3号による衛星の発射」を各国に事前通告し、 日本は自衛隊法に基づく破壊措置命令を発令し、イージス艦の展開とパトリオットミサイルPAC-3を展開しました。
2012年12月12日の光明星3号2号機発射実験 北朝鮮は2012年12月12日の9時49分46秒に西海衛星発射場からロケットである銀河3号を発射しました。
この銀河3号の発射により搭載していた衛星である光明星3号2号機は、衛星軌道への投入に成功しました。

光明星3号2号機の発射の際に北朝鮮は12月1日に「12月10日から12月22日の間に銀河3号による衛星の発射」を各国に事前通告し、 日本は破壊措置準備命令の発令により海上自衛隊はイージス艦の展開、航空自衛隊は首都圏と沖縄県に日本の領土への落下に対応するため 迎撃用のパトリオットミサイルを展開しました。

光明星3号は「金日成の生誕100周年記念」「韓国の羅老ロケットの発射失敗と延期」「12月19日の韓国大統領選挙への圧力」ため、 この時期に発射されたと考えられています。
2013年5月のミサイル発射実験 北朝鮮は2013年5月18日から19日にかけて短距離ミサイルまたはロケット砲と見られる飛翔体を発射させました。

詳細は18日に3発、19日に1発、20日の午前と午後に1発ずつの計6発となっています。
何れの飛翔体も、北朝鮮東岸の沿岸から日本海側に向けて発射されました。

これらの一連のミサイルと思われる飛翔体の発射は、3月1日から4月31日にかけて行われた、 米韓合同軍事演習である「フォール・イーグル」への抵抗と考えられています。

関連ページ日本と世界の軍事演習・合同軍事演習の一覧





2014年2月から3月にかけてのミサイルとロケット砲の発射 北朝鮮は2013年2月27日に東部沿岸から日本海に向けてスカッドミサイルとされる短距離弾道ミサイルを4発発射し、 3月3日には短距離弾道ミサイルを2発発射しました。
また、2月21日に多連装ロケット砲4発、3月4日にも多連装ロケット砲を7発を日本海側に向けて発射しています。

これら一連のミサイルとロケット砲の発射には2014年2月24日から始まった、 米韓合同軍事演習である「キー・リゾルブ」への抵抗と考えられています。
2014年3月16日のロケット砲発射 北朝鮮は2014年3月16日に江原道元山付近の葛麻半島から旧ソ連製の「フロッグ」と見られるロケット弾を、 午後6時20分頃から30分頃にかけて10発、午後8時ごろに8発発射しましました。

今回のロケット弾発射は、現在アメリカ軍と韓国軍が行っている野外機動訓練「フォール・イーグル」の対抗措置と考えられています。
2014年3月22日のロケット砲発射 北朝鮮は2014年3月22日に江原道元山付近の葛麻半島付近から日本海側へ、午後4時から午後6時10分にかけて3回に渡り 旧ソ連製の「フロッグ」と見られるロケット弾を30発発射しました
2014年3月23日のロケット砲発射 北朝鮮は2014年3月23日に江原道元山付近の葛麻半島付近から日本海側へ、午前1時前から午前2時過ぎにかけて2回に渡り 旧ソ連製の「フロッグ」と見られるロケット弾を16発発射しました
2014年3月26日のミサイル発射 北朝鮮は2014年3月26日の午前2時半過ぎに平安南道粛川から日本海側へ、中距離弾道ミサイル「ノドン」と見られるミサイルを2発発射しました。

今回のミサイル発射はオランダ・ハーグで行われた日米韓の首脳会談へのけん制や、2010年3月26日に発生した韓国の哨戒艦沈没事件である「天安沈没事件」から 丁度4年目であることを意識したとされています。
2014年6月26日のミサイル発射 北朝鮮は2014年6月26日に南東部の元山付近から日本海側へ、短距離の発射体を3発発射しました。

翌27日に北朝鮮側は「金正恩(キム・ジョンウン)が見守る中、新たに開発した戦術誘導弾の発射実験を行った」と発表しました。

また、26日には日米韓首脳会談がオランダで開催されたことから、この会談へのけん制も有るとされています。
2014年6月29日のミサイル発射 北朝鮮は2014年6月29日に南東部の江原道・元山付近から日本海側へ、 最大射程距離約500kmの弾道ミサイルを発射しました。
2014年7月2日の多連装ロケット砲発射 北朝鮮は2014年7月2日に南東部の江原道・元山付近から日本海側へ、 2発の多連装ロケット砲と見られる飛翔体を発射しました。

この飛翔体は約180km飛行し、日本海に落下しました。
2014年7月9日の弾道ミサイル発射 北朝鮮は2014年7月9日の午前4時頃から、黄海南道苔灘の空軍基地付近から日本海側へ、 スカッドと見られるミサイルを2発発射しました。

この飛翔体は約500km飛行し、日本海に落下しました。
2014年7月13日の弾道ミサイル発射 北朝鮮は2014年7月13日の午前1時20分頃から、黄北朝鮮南西部の開城付近から日本海側へ、 スカッドと見られるミサイルを2発発射しました。

この飛翔体は約500km飛行し、日本海に落下しました。
2014年7月14日の多連装ロケット砲発射 北朝鮮は2014年7月14日の午前11時40分頃から、韓国との軍事境界線付近から日本海側へ、 100発以上の多連装ロケット砲を発射しました。

今回のロケット砲の発射は、7月16日から始まる日米韓の合同海上訓練をけん制したものと考えられています。
2014年7月26日のミサイル発射 北朝鮮は2014年7月26日の午後9時40分頃、黄海南道付近から日本海側へ、 スカッドと見られるミサイルを発射しました。

今回発射されたミサイルは約500km飛行し、日本海へ落下しました。

なお、今回のミサイル発射は7月27日が朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた日で、 北朝鮮側は朝鮮戦争の戦勝記念日となっているためそのことを意識したものと考えられています。
2014年7月30日のロケット砲発射 北朝鮮は2014年7月30日の午後7時30分頃から午後6時にかけて、北西の内陸部から日本海側へ、 300ミリ多連装ロケットと見られるロケット砲を4発発射しました。

今回発射されたミサイルは最長で約210km飛行し日本海へ落下しましたが、 2発失敗し数秒しか飛行しなかったと見られています。
2014年8月14日のロケット砲発射 北朝鮮は2014年8月14日の午前9時半頃から、東海岸の元山付近から300ミリ口径の遠距離ロケット弾と見られるロケット砲を3発と2発の合計5発を発射しました。
このロケット砲は約220km飛行し日本海に落下したと見られています。

今回のロケット砲の発射は8月中に行われる米韓合同演習「乙支フリーダム・ガーディアン」へのけん制の目的で発射したものと考えられています。
2014年9月1日の短距離ミサイル発射 北朝鮮は2014年9月1日の午前10時半頃、北部の慈江道龍林付近から短距離ミサイルと見られる飛行物体1発を発射しました。
この短距離ミサイルは約220km飛行し日本海に落下したと見られています。

今回の短距離ミサイルは新型戦術ミサイルかスカッドミサイルと見られています。
2015年2月8日の短距離ミサイル発射 北朝鮮は2015年2月8日の午後4時20分から5時10分にかけての間に、南東部の元山付近から短距離ミサイルと見られる飛行物体5発を発射しました。
この短距離ミサイルは北東方向に約200km飛行し日本海に落下したと見られています。

今回の発射実験の前日にあたる2月7日には北朝鮮国営の朝鮮中央テレビが、 キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が新型の対艦ミサイルの試験発射を視察様子を放映しました。
2015年5月8日の潜水艦から弾道ミサイル発射 北朝鮮は2015年5月8日に、咸鏡南道新浦沖と見られる海域で潜水艦からの潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験に成功したと報道をしその画像を公開しました。
2015年5月9日の艦対艦ミサイル発射 北朝鮮は2015年5月9日の午後4時25分ごろから午後5時23分ごろに、南東部の元山付近から対艦ミサイル「KN01」と見られる飛行物体3発を発射しました。
2015年6月14日の短距離ミサイル 北朝鮮は2015年6月14日の午後4時25分ごろから午後4時21分から47分にかけての間に、 南東部の元山付近から日本海にむけて対艦ミサイル「KN01」と見られる短距離ミサイルを3発発射しました。
2015年11月28日の潜水艦発射弾道ミサイル発射実験 北朝鮮は2015年11月28日に日本海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行いました。

発射実験自体は失敗したと見られ、ミサイルは約160m程飛行して海上に墜落したと韓国政府は分析されています。
2016年2月7日のミサイル発射 北朝鮮は2016年2月7日午前9時31分ごろ、弾道ミサイルを1発発射し、 ミサイルは南方に飛行し9時41分頃沖縄県上空を通過しました。
ミサイルは5つに分解し、1つは朝鮮半島の西約150キロの黄海付近、 2つは朝鮮半島南西約250キロの東シナ海に、1つは日本の南約2000キロの太平洋に落下し、 本体と見られる1つはさらに南方向へと飛び続けました。

このミサイル実験を北朝鮮は事前に人工衛星の打ち上げととして通告しており、 米軍は人工衛星と見られる本体は宇宙空間まで打ち上げられたと発表しました。
2016年3月3日のミサイル発射 北朝鮮は2016年3月3日の午前10時ごろ、北朝鮮南東部の元山付近から日本海に向けて6発の 短距離型ミサイルまたは多連装ロケット弾を発射しました。
ミサイルと思われる飛翔体は約100~150km程飛行し海へと墜落しました。

今回の発射は国連安全保障理事会が2日に行った北朝鮮に対する制裁決議に対する 反応と見られています。
2016年3月10日のミサイル発射 北朝鮮は2016年3月10日の午前5時20分ごろ、北朝鮮南東部の元山付近から日本海に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射しました。
ミサイルと思われる飛翔体は約500km程飛行したためスカッドミサイルでは無いかと調査が行われています。

今回の発射は7日から始まった米韓合同軍事演習や、8日に発表された勧告の独自制裁に対するけん制や反発と見られています。
2016年3月18日のミサイル発射 北朝鮮は2016年3月18日の午前5時55分頃と午前6時17分頃に、北朝鮮西部の平安南道粛川付近から日本海に向けて中距離弾道ミサイル2発を発射しました。
1発のミサイルは約800km飛行し、2発目は発射直後にレーダーから消えたことから爆発したものと考えられています。

今回発射したミサイルは最大射程が約1300km有り、日本全域を射程内に収める事のできる中距離弾道ミサイルの「ノドン」と見られています。
ノドンの発射は2014年3月26日以来約2年ぶりとなっており、米韓合同軍事演習や北朝鮮への制裁に対する反発と見られています。
2016年3月21日の飛翔体発射 北朝鮮は2016年3月21日の午後3時19分から4時5分頃にかけて、咸鏡南道咸興の南部から日本海に向けて飛翔体を5発発射しました。

今回発射された飛翔体は、口径300ミリの新型放射砲またはKN02ミサイルを改良した新型戦術ミサイルと見られ、 およそ200km飛行したものとされています。
2016年4月16日のミサイル発射失敗 北朝鮮は22016年4月16日の午前5時33分に、日本海沿岸に向けて中距離弾道ミサイル「ムスダン」と見られるミサイル1発を発射しました。
この際のミサイルは発射数秒後に空中爆発したものと見られています。

ムスダンは移動式の中距離弾道ミサイルで射程が2500kmから3000kmとされ、 北朝鮮がムスダンを発射したのは今回が初めてとされています。

北朝鮮では15日が故金日成(キムイルソン)主席の誕生日であることから、 国威発揚の為に発射したものと見られています。
2016年4月23日の潜水艦発射弾道ミサイル 北朝鮮は2016年4月23日の午後6時半過ぎに、北朝鮮北東部の日本海上で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と見られるミサイルを1発発射しました。
ミサイル自体は約30km程を飛行し、少なくとも水中からの発射工程は成功したものと見られています。

今回のミサイル発射は5月上旬に開かれる朝鮮労働党大会を前に金正恩(キム・ジョンウン)第一書記の権威を強める狙いがあると考えられています。
2016年4月28日の中距離弾道ミサイル「ムスダン」発射 北朝鮮は2016年4月28日の午前と午後に日本海側の江原道元山付近から中距離ミサイル「ムスダン」と見られるミサイルを発射しました。
1発目は午前6時40分頃に発射し数秒で海に墜落、午後7時26分ごろにも1発を発射しましたがこちらは発射に失敗をしたと考えられてます。
2016年5月31日のミサイル発射失敗 北朝鮮は2016年5月31日の午前5時20分ごろに、日本海に面した元山付近で弾道ミサイルを1発発射しました。

このミサイルは中距離弾道ミサイル「ムスダン」と見られていますが発射に失敗し、2016年4月からの「ムスダン」発射は4回連続で失敗したことになります。
2016年6月22日のミサイル発射失敗 北朝鮮は2016年6月22日の午前5時58分と午前8時5分に、北朝鮮東武の元山(ウォンサン)付近から、中距離ミサイル「ムスダン」と見られるミサイルを1発ずつ発射しました。

1発目は約150km程飛行したものの空中爆発した為失敗しましたが、2発目は約400km飛行し日本海に墜落したと見られています。

これまでムスダンの発射実験は失敗をしていましたが、今回の2発目は約400km飛行したことから技術的に発展した可能性が有ります。
2016年7月9日の潜水艦によるミサイル発射失敗 北朝鮮は2016年7月9日の午前11時半頃に、北朝鮮東部の新浦沖の日本海の潜水艦から、 潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と見られるミサイルを発射しました。

このミサイルは潜水艦からの発射自体は成功しましたが、飛行自体は失敗したと韓国軍合同参謀本部は想定しています。
2016年7月19日の弾道ミサイル発射 北朝鮮は2016年7月19日の午前5時45分頃から6時40分頃にかけ、 黄海北道の黄州周辺から日本海側に向けて弾道ミサイルを3発発射しました。

この弾道ミサイルは監獄側では短距離弾道ミサイルのスカッドCと推定され、 アメリカ側は2発が短距離弾道ミサイルスのカッド、1発が中距離弾道ミサイルのノドンと見られると発表しました。

3発のミサイルのうち2発は約500kmから600km程度飛行し、残り1発は飛行の軌跡が不明確としています。
2016年8月3日の弾道ミサイル発射 北朝鮮は2016年8月3日の午前7時50分頃に、黄海南道・殷栗付近から日本海に向け弾道ミサイルを2発発射しました。

1発目のミサイルは発射直後に爆発したと見られていますが、2発目のミサイルは約1000km程飛行し、 秋田県男鹿半島沖約250kmのEEZ(日本の排他的経済水域)内に落下しました。

今回のミサイルの発射は第3次安倍改造内閣が発足する日に合わせていることから日本の安倍政権へのけん制や、 今月に開始される米韓両軍の合同軍事演習への挑発などと考えられています。
2016年8月24日の潜水艦発射弾道ミサイル発射 北朝鮮は2016年8月24日の5時29分ごろに、東部に位置する新浦沖合いの日本海に配置していた潜水艦から、 潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射しました。

今回のミサイルは「KN-11」と呼ばれる新型の潜水艦発射弾道ミサイルと見られ、 約480km飛行し日本海に落下しました。発射をした潜水艦は新浦級潜水艦と見られています。
2016年9月5日の弾道ミサイル発射 北朝鮮は2016年9月5日の午後0時14分ごろに、平壌近郊の黄海北道の黄州付近から日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射しました。
発射したミサイルは中距離弾道ミサイル「ノドン」と見られ、ミサイルは北海道奥尻島西方の沖に落下しました。

今回の発射は中国の杭州で同時期に行われていたG20首脳会議へのけん制目的であると考えられています。
2016年10月15日のムスダン発射 北朝鮮は2016年10月15日に、北朝鮮内陸部のバンヒョン飛行場から中距離弾道ミサイルムスダンと見られるミサイルを発射しました。
このミサイルは発射直後に失敗したものと見られています。

なお、北朝鮮が行った過去6回のムスダンの発射実験は、中距離ミサイル基地がある東部の元山で実施し、東海に向けて発射されていました。
今回の発射場の変更は内陸部に移動した事で、中国や韓国を射程に含める意味があると見られています。
2016年10月20日のムスダン発射 北朝鮮は2016年10月20日の午前7時ごろに、北朝鮮北西部から中距離弾道ミサイルムスダンと見られるミサイルを発射しました。
このミサイルは発射直後に失敗したものと見られています。

なお、米紙ワシントン・ポストは10月15日と20日に発射実験を行ったミサイルはムスダンではなく、 新型の移動式の大陸間弾道ミサイル(ICBM)である「KN―08」の可能性があると伝えました。
ワシントン・ポストの内容では、米企業「プラネット・ラブズ」が小型衛星の画像を米ミドルベリー国際大学院モントレー校のジェフリー・ルイス氏が解析し、 ミサイル発射時の焼け跡がムスダンのものよりも大きく、「KN―08」の可能性を考慮する必要があると指摘しています。
 
ん?2016年10月20日に「KN―08」の発射に失敗したから来年1月に大樹町に戻って再実験?w

北方領土ミサイル配備 安倍首相「ロシアに遺憾だと申し入れた」 11/25 16:40
ロシア軍が北方領土の択捉島と国後島に新型ミサイルを配備したことに関し、安倍首相は、25日の参議院本会議で、「ロシアに対し、遺憾だと申し入れた」と述べた。
安倍首相は「北方四島における、ロシア軍によるミサイル配備を通じた軍備増強は外交ルートを通じ、これら諸島に対する、わが国の立場と相いれず、遺憾である旨、申し入れた」と述べた。
安倍首相は、「北方領土は、わが国固有の領土だ」と述べたうえで、ロシア軍によるミサイル配備について、外交ルートを通じて、「日本の立場とは相いれず、遺憾だと申し入れた」と明らかにした。
また、北方領土問題を含む平和条約締結交渉について、「1回の首脳会談で解決ができるような簡単な問題ではない。首脳間の信頼がなければ解決しない問題であり、一歩一歩着実に前に進めていく」と述べ、交渉の前進を図る考えを示した。

択捉・国後配備のロ軍ミサイル、稲田防衛相「網走も射程圏内」
 ロシア軍が北方領土の択捉島と国後島に配備した新型の地対艦ミサイルについて、稲田防衛大臣は、北海道の網走付近が射程範囲に入るという見解を示しました。
 25日の衆議院安全保障委員会では、ロシア軍が択捉・国後両島に配備した新型地対艦ミサイルの射程範囲について、民進党の後藤議員が北海道が射程に入るのかどうかを質しました。これに対し稲田防衛大臣は、「コンパスで引くと網走あたり、北東あたりは入るかと思う」と述べて、ミサイルの射程圏内に入るという見解を示しました。
 また、ロシアによるミサイル配備の意図について、稲田大臣は一般論として、ロシア太平洋艦隊の部隊の展開の援護と、オホーツク海における戦略原子力潜水艦の活動領域の確保が考えられると述べました。
 一方、岸田外務大臣は北方領土の返還をめぐって、「日米安保条約6条の適用除外を認めるか、事実上、在日アメリカ軍を置かない内々の約束をするかのどちらかが実現しない限り、領土交渉は合意できないのではないか」という質問に対し、「現在、ロシアから日米安保条約の適用除外について求められていることはない」「仮定に基づいて何か申し上げることは様々な影響を生じさせる」と答弁しました。(25日23:27)

朋美ちゃんが「北海道の網走付近が射程範囲に入るという見解を示しました。」w

ぐはは。露のターゲットはホリエモン・ミサイルだわ。
アントノフGJw

2016.11.25 21:16
【稲田朋美防衛相揶揄チラシ】女性だから頼りない? 防衛省「極めて不適切」と回収急ぐ 稲田朋美防衛相(斎藤良雄撮影)
 防衛省は25日、自衛隊秋田地方協力本部大館出張所の隊員が「稲田防衛大臣(女性)は少々頼りないですが頼れるあなたはぜひチャレンジを!」と記載した自衛官募集のチラシを作製、配布していたことを明らかにした。防衛省は表現が不適切だとして回収を急いでいる。
 チラシは、男性自衛官を募集するもので、40代の男性隊員が130部作成。上官の許可を得ず、10月下旬から大館市や北秋田市の市役所出張所、道の駅などに置いた。外部からの通報を受け、防衛省は130部のうち113部を回収。稲田朋美防衛相はチラシ作製の経緯など事実関係の確認を指示した。
 防衛省の武田博史報道官は25日の記者会見で「女性だから頼りないととらえていることや、防衛相をこのような形で取り上げていることは極めて不適切だ」と述べた。
やはり朋美ちゃんで問題なかったと思ったら大間違いw

防衛省、初の独自衛星1月打ち上げ 

2016.11.25 22:03更新
防衛省、初の独自衛星1月打ち上げ

 防衛省は25日、同省が初めて運用を目指す独自の通信衛星を来年1月24日に鹿児島県の種子島宇宙センターでH2Aロケットに搭載して打ち上げると発表した。高速化・大容量化を実現し、C4I(指揮、統制、通信、コンピューター、情報)能力の向上を図る。
 打ち上げるのはXバンド防衛通信衛星「きらめき2号」。現在は部隊の指揮・統制に民間衛星を活用しているが、軍事情報の通信に使う周波数帯を利用する。大容量化を実現することで、陸海空自衛隊部隊間の通信を円滑にし、統合運用能力の強化も目指す。
 防衛省は平成32年度末までに3機を打ち上げる計画。7月13日に「きらめき1号」を打ち上げる予定だったが、南米フランス領ギアナへの輸送中に損傷が発生、延期した。1号は30年3月以降に打ち上げを予定している。
Xバンド防衛通信衛星w
THAAD衛星かぁ。これじゃぁ露は北方領土にミサイル配備するわな。

ん?じゃぁ来年1月て2箇所から打ち上げがあるってか。どっちかがどっちかのスピンだな。

ホリエモン“新恋人”はカリスマ「女装男子」 2016.12.07 16:00
今年はライザップでダイエットもしていた
 11月22日未明、ホリエモンこと堀江貴文氏(44)と妖艶な雰囲気の美女が手をつないで六本木の高級ホテルに入るところを週刊文春取材班が撮影した。その後の取材で、お相手は女性ではなく、「女装男子」と呼ばれる男性であることが判明した。これまで堀江氏は女優でタレントの廣井ゆう(26)と交際していると報じられていた。
“新恋人”は女装男子のなかでもカリスマ的な存在となっている大島薫さん(27)。本の執筆やタレント活動をしており、ツイッターのフォロワーは18万人を超えている。
 大島さんを直撃すると、最初は戸惑っていたものの、デート現場を確認していることを説明すると「ウソは言いたくないので」と言葉少なに語った。
――堀江さんとはどのような関係ですか?
「曖昧な関係というか……。この前会ったときは、彼も好意を示してくれました」
――男性同士の愛情ということですか?
「同性でも愛情はあります。そこでセックス出来るか、出来ないかの違いだと思います」
――ホテルに入って行かれましたが、セックスはしているのですか?
「……そうですね」
 堀江氏に電話で話を聞こうとしたが、「週刊文春です」と名乗ると即座に切られてしまった。
 二人がホテルに入る写真や交際の詳細は12月8日発売の「週刊文春」に掲載される。
この記事12月15日のプーチン来日の対策なんだろーか?w

堀江貴文「フェ●して相手をコントロールするのが好き」

堀江貴文「フェ●して相手をコントロールするのが好き」
2010年08月29日 コメント(100)
1:ゲームクリエイター(東京都):2010/08/29(日) 12:28:16.58 ID:i85s+8PbP
〝AVデビュー〟ホリエモン「衝撃体験」告白
ホリエモンがAVをプロデュース
http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=9808
 ライブドア元社長の堀江貴文氏(37)が、ついに〝AVデビュー〟した。 自身がデビュー作のプロデュースを務めたNina(19)の3作目の撮影現場に姿を現し、女優としての〝仕上がり具合〟を入念にチェック。テンション上がりまくりのホリエモンからは、自身の性的傾向から〝衝撃のフェラ体験〟まで次々と仰天発言が飛び出した。
 堀江氏がデビュー作のプロデュースを引き受けたのは、Ninaの素材の良さにほれ込んだから。ルックスはもちろん、乳首も気に入っている。「乳首はいいと思う。普段は柔らかくとも(感じ始めたとき)硬くなるのがいい。僕は(硬くなった乳首を)引っ張るのが好き」。自身の好みを交えながら絶賛した。
撮影されたエッチ場面を女優とともにモニターチェック。まず目に留まったのはフェ○○オだ。衝撃体験を告白したのは、この直後。「自分でやってみないと(フェラの極意は)分からないです」とシミジミ語った後「ニューハーフのチ〇ポをなめたことがあるんです」と切り出したのだ。 「(最初は)ちょっと抵抗があったんですが、なめたら『これはなめられるな』と。なんか感じてるんですよね、ニューハーフのコが。自分でやってみると、女のコが気持ち良くフェ○○オする気持ちが分かるんです」
 フェ○の最中は「自分で(相手を)コントロールできる」感覚が気持ちいいようだ。「コイツは俺の意のままに動いてやがる。こんな〝小さい棒〟1本で!」と喜びもこみ上げるとか。堀江氏は〝愛のダメ出し〟も忘れなかった。「僕は騎乗位が好き。でも彼女は、まだできてない。もっと自分で動いてほしい。〝ガンガン〟みたいなヤツ(腰振り)ができればいい。超かわいいコがやると最高にうれしいんだよね。股をポ~ンと開いてガニマタでやってくれたら最高」
露がミサイルを撤去するまでこういうネタを続けるんだろうか?

世界最小クラスのミニロケット きょうの打ち上げ取りやめ 1月11日 8時49分
手で持ち運べるほどの超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは11日午前8時48分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、直前になって11日の打ち上げが取りやめになりました。打ち上げが延期になった理由はまだ明らかにされていません。
打ち上げられる予定だったのは、高さ9メートル50センチ、直径50センチ余りと電柱ほどの大きさのミニロケットで、JAXA=宇宙航空研究開発機構が超小型衛星を打ち上げるために新たに開発しました。
JAXAによりますと、人工衛星を打ち上げるものとしては、世界で公表されているロケットの中でも最小クラスだということです。 今回の開発と打ち上げにかかる費用は、およそ4億円と、JAXAのほかの人工衛星の打ち上げに比べて数十分の1に抑えられています。
ミニロケットは鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から11日午前8時48分に打ち上げられる予定でしたが、直前の午前8時45分ごろ、11日の打ち上げが取りやめになりました。
打ち上げが延期になった理由はまだ明らかにされていません。
「打ち上げられる予定だったのは、高さ9メートル50センチ、直径50センチ余りと電柱ほどの大きさのミニロケットで、」
おいおい、それってミサイルだろw


電柱サイズのミニロケット公開 超小型衛星専用 1月9日 18時53分
手で持ち運べるサイズの超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が開発した電柱サイズのミニロケットが11日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられることになり、9日、現地で機体が公開されました。
公開されたのは、JAXAが超小型衛星を打ち上げるために開発したミニロケットで、高さはおよそ9メートル50センチ、直径およそ50センチと電柱ほどの大きさです。これまで地球の上空の観測用に使われてきた、2段式のロケットを3段式にするなどして新たに開発されました。
JAXAによりますと、このミニロケットは人工衛星を打ち上げるものとしては、世界で公表されているロケットの中でも最小クラスで、超小型衛星専用とするロケットは、これまでに例がないのではないかとしています。
今回、搭載される超小型衛星は、縦横それぞれ12センチ、長さ35センチ、重さ3キロで、地球の上空を回る軌道に投入して、地上とのデータのやり取りや地上を撮影する実験が行われます。
衛星の部品には、スマートフォン用のカメラなど一般に広く利用されている民生品が使われているほか、ロケットの部品にも家電製品に使われている民生用の電子部品などが使われ、コストを大幅に削減しています。
今回のミニロケットの開発と打ち上げにかかる費用は、超小型衛星の開発費用を含めてもおよそ4億円と、JAXAのほかの人工衛星の打ち上げに比べて、数十分の1に抑えられています。
超小型衛星をめぐっては、製造や打ち上げにかかるコストの安さから、新たな宇宙ビジネスの市場が広がると世界で関心が高まっていて、JAXAは今回の打ち上げで得られる技術を民間企業に活用してもらいたいとしています。
ミニロケットの打ち上げ責任者を務めるJAXAの羽生宏人准教授は「今回のミニロケットや超小型衛星が実用可能だとわかれば、衛星の打ち上げに挑戦しようという人や衛星を利用したビジネスを考えている人に方向性を示すことができる。絶対に成功させたい」と話しています。
超小型衛星を載せたミニロケットは、11日午前8時48分に鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定です。
ミニロケット 中小企業が独自開発進める
今後、新しい宇宙ビジネスの市場を広げると期待されている「超小型衛星」を打ち上げるミニロケットをめぐっては、現在、日本でも2つの中小企業が独自に開発を進めています。
北海道大樹町にある社員10人余りのベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は、超小型衛星を打ち上げる格安のミニロケットの開発を目指し、これまでに高度6キロ付近までロケットを打ち上げる実験に成功しています。
去年11月には、高度100キロを超える宇宙空間を目指す新型のエンジンの燃焼試験にも成功しました。 この会社では、ことし春ごろにも、この新型のエンジンを使って高さおよそ9メートル90センチ、直径およそ50センチのミニロケットを開発し、高度100キロを超える宇宙空間への打ち上げ実験に挑む予定で、成功すれば日本の民間企業が単独で開発したロケットとしては初めての快挙となります。
また、北海道赤平市にある従業員20人の中小企業「植松電機」も13年前から北海道大学とともに、超小型衛星を打ち上げるミニロケットの開発を進めていて、去年4月には、技術的に難しい2段式のロケットを打ち上げる基礎的な実験に成功しています。
超小型衛星は宇宙開発の分野で注目
ここ数年、宇宙開発の分野で注目されているのが、大きさが10センチから数十センチ、重さが数キロから数十キロという手で持ち運べるサイズの超小型衛星です。
電子部品の小型化と高性能化によって、高い機能が期待できる一方、打ち上げにかかるコストは数千万円から数億円と大幅な低価格化が見込めることから、宇宙ビジネスの新たな市場が広がると世界で関心が高まっています。
超小型衛星で新たなビジネスを立ち上げようという動きはすでにアメリカで進んでいて、IT企業グーグルは超小型衛星を手がけるベンチャー企業をおよそ500億円で買収し、去年までに超小型衛星7機を打ち上げたほか、数年以内にさらに10機以上を打ち上げ、地球上のあらゆる地点を衛星画像で確認できるグーグルアースを強化する方針です。
一方、日本では、東京大学から生まれたベンチャー企業のアクセルスペースが、超小型衛星50機をことしから6年かけて打ち上げる計画で、地球上の多くの場所を定点観測できるようにすることで、例えば農作物の管理システムや物資の輸送の管理システムなど、新たなビジネスを起こそうとしています。
「宇宙活動法」で民間企業を後押し
欧米ではすでに民間企業が相次いで宇宙ビジネスに参入し、市場が広がる一方、日本の宇宙開発は国の主導で進み、技術では世界でも高いレベルに達しているものの、商業利用はほとんど進んでいません。
宇宙関連機器の市場規模は、アメリカが5兆円なのに対し、日本はその16分の1にとどまっています。こうした状況を変えようと、去年11月、宇宙分野に参入する民間企業を後押ししようという宇宙活動法が成立しました。
日本ではこれまで、JAXA=宇宙航空研究開発機構が関わる形でしか、ロケットの打ち上げはできませんでしたが、今後は国の許可があれば、民間企業でもできるようになりました。さらに、この法律では民間企業の宇宙分野への進出を後押ししようと、打ち上げに失敗して保険で払いきれないほどの損害が発生した場合、残りの損害を国が補償する仕組みも盛り込まれています。 この法律によって、日本の民間企業が宇宙ビジネスに参入するハードルは一気に下がりました。
あ、電柱ロケットてホリエモンミサイルの事だったのかw
THAADスパイ衛星打ち上げにも使えるホリエモンミサイルかぁ。
何やってるんだか。


超小型商用THAADスパイ衛星「TRICOM-1」w

背中にISISではないISASの文字w

あ、なんかわかったよーな。 軍事予算カットとコスト削減で ミサイル自身にTHAAD衛星を打ち上げさせるというアイデアかぁ。 さらに民間の発電所を標榜して核兵器製造する原発と同じ発想で、 「商用ミサイル」が登場したというわけw

これに大気圏再突入機能が加わると超小型大陸間弾道ミサイルならぬAmazonみたいな民間の大陸間弾道宅急便ロケットが完成するわけですな。 なんてまわりくどい。

特別公務員暴行陵虐罪 元北海道警警部補に有罪判決
毎日新聞2017年7月19日 18時27分(最終更新 7月19日 18時27分)
釧路地裁は19日、懲役10月、執行猶予3年
 北海道北見市で2013年、土木作業員の男性(当時40歳)を道交法違反(一時不停止)容疑で現行犯逮捕する際に頭を踏みつけるなどの暴行を加えたとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元道警警部補、佐藤昭夫被告(56)に対し、釧路地裁は19日、懲役10月、執行猶予3年(求刑・懲役10月)の有罪判決を言い渡した。
 小林謙介裁判長は「抵抗する被害者に憤慨して私的制裁を加えたと見ざるを得ない。警察官の職務執行に対する国民の信頼を裏切った」とする一方で、「罪を認め反省し、自主退職するなど社会的制裁を受けた」と執行猶予の理由を述べた。
 判決によると、佐藤被告は13年2月24日、北見市留辺蘂(るべしべ)町で他の警察官を含む計13人で、男性を逮捕する際、右足で頭を数回踏みつけ、さらに後頭部を数回蹴る暴行を加えた。男性はその後意識を失い、搬送先の病院で死亡した。
 この事件では、男性を窒息死させたとして、佐藤被告とは別の2警察官が、業務上過失致死容疑で書類送検されたが、釧路地検は今年4月、容疑不十分で不起訴処分とし、佐藤被告だけが起訴されていた。道警は残る10人の警察官については、不適切な行為はなかったとしている。【平山公崇】

よってたかって13人の警官でひとりを処刑したわけだけど、この組織的動機は何なの? 皆が指摘してるように13人の警官のうちひとりしか起訴されてなく、退職金を貰ってるし、殺人で執行猶予がついている。 てことは上からの命令だったことを意味している。

北見市足寄町(あしょろ町)から北見市留辺蘂町(るべしべ町)まで乗用車で約80キロ逃走。 なんでこんな田舎で13人も警官が出動? うーむ。大樹町か? ホリエモンの電柱ミサイルの写真でも撮ってたのかすら?

naverまとめ→いったい何が?追跡後逮捕した男性が死亡してしまった!

ブログ→犯人「かかってこい」警察「へい、喜んで」さすまたや盾を持って警官10人で取り囲む

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130225-OYT1T00819.htm?from=ylist
逮捕後死亡の男、警官10人で取り囲む
 北海道足寄町から乗用車で約80キロ逃走、北見市留辺蘂町で道交法違反(一時不停止)容疑で現行犯逮捕された男が死亡した問題で、男は乗用車でノロノロ運転や急発進を繰り返し、パトカーから停車を求められて逃走したことが25日、道警の調べでわかった。
 男は雪山に衝突した後、逮捕まで約45分間、激しく抵抗。現場には応援を含め警察官10人がおり、道警は逮捕状況と死因の関連を調べている。道警幹部によると、死亡したのは、音更町の土木作業員須田伸輔容疑者(40)。須田容疑者は24日午後、足寄町の国道で乗用車を運転中、急発進などを繰り返すのを2台前を走っていた本別署のパトカーが発見し、停止を求めた。
 しかし、須田容疑者は一時停止や信号を無視して逃走。雪山に衝突した後も車内に閉じこもって抵抗したため、同署員は運転席の窓ガラスを割ったが、須田容疑者は「かかってこい」などと叫んで暴れ、CDや本などを投げつけた。このため、警察官数人が助手席側ドアから引きずり出し、雪の上に押さえつけたという。
 現場には、本別署員2人のほか、北見署員8人も駆けつけていた。住民によると、警察官は「出てこい」と叫び、さすまたや盾を持って車を取り囲むなど、緊迫した様子だったという。 (2013年2月25日18時09分 読売新聞)


投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。