弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

北海道だんまりw update3

新型肺炎 北海道だんまり 在住者初の感染「国籍も言えない」 2/15(土) 6:06配信北海道新聞
道内在住者の新型コロナウイルス初感染について説明する道の担当者。行動歴などは明らかにしなかった=14日午後9時30分、道庁
「厚労省と協議」…あっさり発表
 道内在住者で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された50代男性は、最初の受診から11日後の14日になって、新型コロナウイルスの検査が実施され、陽性が判明した。検査まで2度にわたって肺炎の症状が確認されていたものの、道は報道陣に対して、検査に時間がかかった理由や感染経路など、多くの情報を明らかにしなかった。
 「患者の国籍も言えない。北海道居住としか言えない」。14日夜の道庁での対策本部会議終了後、道幹部はこう繰り返した。
 中国から訪れていた女性の感染が判明した1月28日に続き、道は14日も男性患者の立ち寄り先などの行動歴や所在自治体を明らかにしなかった。
 「なぜ言えないのか」との質問に、担当者は「厚生労働省と協議した」などと繰り返したが、厚労省は同時刻に行った発表で50代男性が日本国籍と発表。関係者によると、男性は道央圏在住で札幌市内の病院で治療を受けているとされるが、道の担当者は説明を避けた。また男性が何人と接触した可能性があるかや職業については「分からない」などとしか答えなかった。

新型肺炎 北海道だんまり 在住者初の感染「国籍も言えない」


感染が判明した男性の症状と経過

専門家「発表があいまいなほど風評生む」
 感染症法は国や都道府県に情報の積極的な公表を義務づけている。中国への渡航歴がないなど感染経路が分からない患者が全国で相次ぐ中、専門家からは「行政の発表があいまいなほど不安をあおり、風評を生む」との指摘もある。
 検査で肺炎が確認されてから、ウイルス検査まで10日かかったことについて、道の担当者は「最後の医療機関が肺炎の状況を見て、新型コロナの可能性があると疑って検査をした」と説明するにとどめた。
北海道新聞

北海道の50代男性、新型コロナウイルス感染を確認
14日 22時01分
 北海道によると、道内在住の50代男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。渡航歴はないということです。北海道内で確認された感染者は2例目ですが、道内在住者としては初めて。

新型ウイルス 北海道で50代日本人男性感染 集中治療室で治療 2020年2月14日 22時39分
北海道に住む50代の日本人の男性が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。道内の感染確認は2例目で、男性は症状が重く、集中治療室で治療を受けているということです。
北海道によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは道内に住む50代の日本人の男性です。
男性は先月31日に発熱やせき、けん怠感を訴え医療機関を受診したところ肺炎の症状が見られ、道内の衛生研究所で検査した結果、14日新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
男性の症状は重く、呼吸状態が改善せず集中治療室で治療を受けているということです。
男性は、感染が確認されるまで3か所の医療機関を受診していて、海外への渡航歴はないと話しているということです。
道は14日夜、対策本部会議を開き、関係機関が連携して拡大防止に万全を期すことを確認しました。

名古屋市で60代男性の新型コロナ感染確認 2020/2/14 21:30 (JST)2/14 21:48 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 名古屋市は14日、市内に住む60代男性の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。米ハワイから今月帰国した後に発熱し、入院中。肺炎患者との明確な接触は確認できていないという。

ハワイか?w、渡航歴ないのだからハワイでも領事館でもなさそーw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。