弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

平嶋彰英(ひらしまあきひで)研究… update15

泥酔してるはずのふたりの⼭⼝達也と山口達也が1200ccのハーレーダビッドソンを運転して事故を起こしてしまうw

たぶんスピン逮捕。旧内務省の人たちがいよいよテンパってきたのでしょーか?w

2006年7月岐阜県庁裏金問題が発覚。これも開発資金か。
2006年11月12日岐阜県庁の河野定(かわのさだむ)総務部長(58)がジャンパー姿で部長室入り口高窓の枠に荷造り用ロープを掛けて首をつって自殺。裏金問題の調査を担当。「おれは武士だから、責任は取る」
まさか「イポ表」から何もかも始まっていたとは #HackingTeam(2010年8月25日)

岐阜県庁裏金事件で総務部長が自殺したのだけど、 その「総務部長」の意味が14年経過してやっとわかる…

なんども解体、再編されて存在しないはずの内務省はいまもどこかに存在している。たぶん731部隊もそうなのだろう。そして内務大臣なる閣僚は存在しないのだから内務省を文民統制できる政府もない。完全なディープステイトになった。あちこち散らばって実在するとこもフリーメイソンに似てるw

3階の渡り廊下を通って総務部長を暗殺しに来たのは岐阜県警や皇宮警察にフリーメイソンのように存在する旧内務省の部隊…

平嶋 彰英(ひらしま あきひで)

1981年自治省入省(財政局公営企業第一課兼大臣官房総務課[3])[2]。
1981年北海道地方課
1982年北海道財政課
1998年山梨県総務部長
2000年12月5日片山虎之助初入閣、第2次森改造内閣、第68代郵政大臣、第56代自治大臣、第26代総務庁長官
2000年12月19日山梨県総務部長だった平嶋彰英がヴァンフォーレ甲府の再建を開始…総務大臣×総務部長w
2001年1月6日片山虎之助総務大臣、第2次森改造内閣(中央省庁再編後)、第1次小泉内閣、第1次小泉第1次改造内閣
2001年総務省大臣官房企画官、(併)内閣府地方分権改革推進会議事務局参事官
2003年9月22日第1次小泉第1次改造内閣終了、次の総務相はアソーw
2014年総務省自治税務局長
2015年自治大学校長

北海道庁に17年。北海道て誰か総務官僚がニセコ副町長になったり、都内の総務官僚が自殺したよな…、あとは秋元司と500.comの深センルートw

【深センルート】秋元司衆議院事務所へのガサ入れスピンの解読w(2019年12月19日)

【深センルート】総務省の31歳キャリア官僚が5年前に自殺していた…(2019年12月25日)

ファーウェイの件がバレてる、つかファーウェイの容疑はとっくに晴れてるのだろうw

wikipedia.org→平嶋 彰英(ひらしま あきひで)

クラブの存続を左右した激動の1年 奇跡の甲府再建・海野一幸会長 第2回(2013年7月31日)

「あの人がいなかったら、甲府はこのとき消滅していた」と海野が称える人物がいる。総務省から山梨県に出向し、総務部長を務めていた平嶋彰英(現総務省大臣官房審議官)はシニアチームでプレーするサッカー好きで、当時から甲府のクラブサポーター会員だった。その平嶋が「いまクラブをつぶしてはならない」という強い思いを抱き、水面下で奔走し始めた。
 その思いを胸に、動き始めたのが00年12月19日。甲府の経営状態を発足時までさかのぼって分析したうえで、山梨県知事の天野建、山日新聞社長の野口らと会合を重ね、存続の道を探った。
 12月26日にクラブが経営危機を公にしたのと同時に、山梨県企画部が公表した「ヴァンフォーレ甲府の経営危機の現状と今後の見込みについて」という文書も平嶋の手によるものだ。
 そこで示した今後の甲府の経営指針は現実主義にのっとっている。その一文に「当面はJ1昇格という高い目標を棚上げし、J2中位定着を目指した年間2億円強程度での運営を行う」とある。背伸びをしたチーム強化に陥らなければ、経営の健全化は可能と平嶋は考えた。

もし平嶋が山梨県に出向していなかったら、クラブ存続に向けたスイッチは入らなかったかもしれない。そして、もし野口が海野を呼び、「この仕事はあなたしかできない」と背中を押していなかったら、甲府は消滅していたかもしれない。

 海野は、山日グループでの出世の道が阻まれたかのようなこの人事に納得できず、また、クラブの存続は無理とも思っていたが、「とにかく、やるべきことをやるしかない」と決断した。

たぶん北海道庁で培った手法を山梨県庁で使っただけ…

wikipedia.org→片山 虎之助(かたやま とらのすけ)

【所属政党 自由民主党(平成研究会)→ たちあがれ日本→ 太陽の党→ 旧日本維新の会→ 維新の党→ おおさか維新の会→ 日本維新の会】w

【東大卒業後、1958年に自治庁(その後自治省)へ入庁し、静岡県総務部長、自治省大臣官房審議官、地元岡山県副知事などを歴任し、1988年7月に自治省消防庁次長を最後に退官している[4][5][6][7]。】

郵政大臣+自治大臣+総務庁長官 片山虎之助 参議院 自由民主党(橋本派)初入閣

wikipedia.org→第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)

2001年(平成13年)4月26日任命 第一次小泉内閣 総務大臣 片山虎之助 参議院 自由民主党 (橋本派)

時事→ 国会議員情報:片山 虎之助(かたやま とらのすけ):時事ドットコム

1974年4月岡山県企画部長
1980年7月自治省行政局振興課長
1980年8月自治省行政局公務員部公務員第一課長
1984年8月自治省行政課長
1985年4月岡山県副知事
1987年4月自治省官房審議官
1987年5月自治省消防庁次長
1989年7月参議院議員

「1985年4月岡山県副知事」w

「1987年4月自治省官房審議官」w

wikipedia.org→第3次中曽根内閣

成立年月日 1986年(昭和61年)7月22日
終了年月日 1987年(昭和62年)11月6日

片山虎之助、ハゲイまでさかのぼる巨大ブーメランw

4倍の恩給w、この為にいったい何人殺してるんだ?w

あー、旧内務省の司令塔はふつうに宮内庁長官だわ…

気分は特高警察w

でたw、石原信雄w

あー、副知事の仕事って旧内務省からの伝統なのか…w

国土交通省に旧内務省の部隊がいるのか…

奈良県w、え?奈良バーガーって、内務省バーガーのことだったのかw

旧内務省が宮内庁長官になるw

日本たばこ産業w

水道は内務省w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。