弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

トランプとプーチンが2016年の米大統領選挙へのロシア介入疑惑を否定「サーバはどこ?」DNCのサーバは不発弾か?w update4

「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」あべちんも登場w

2016年の米大統領選挙へのロシア介入疑惑が不発弾になるw。

ゲラゲラ。何もかも完全に捻じ曲げられていく。

「翻訳漏れ?CNNがプーチンが選挙介入を否定せずに認めたのだと主張。」w

ゲラゲラ。

トランプがロシアの米大統領選挙への介入を否定した発言内容が日本ではまったく報道されないw。 この不発弾な状況こそが犯人が誰か自白してしまっている感があるw。

トランプが戦っているのがディープステイトであることに世界は気付き始めているw。

コージーベアとファンシーベアの件だわw。そして日本のメディアが完全に沈黙w。
米大統領選挙にサイバーテロ介入する銀座コージーコーナーwのコージーベアとNTTコムのファンシーベアと高山のベアwと緑熊 #MidoriKuma

米ロ首脳会談 米大統領 ”ロシア疑惑” を「時間割いて話した」 2018年7月17日 0時49分
トランプ大統領は米ロ首脳会談のあとの記者会見で、ロシアがおととしのアメリカ大統領選挙に干渉したとされるいわゆる「ロシア疑惑」について「プーチン大統領と直接、話し合うことが好ましいと思い、かなりの時間を割いて話をした。プーチン大統領からも貴重な意見をもらった」と述べて、みずからこの問題を提起したと強調しました。
一方でトランプ大統領は、「プーチン大統領は首脳会談でロシアの関与を力強く否定した。さらに必要ならば、両国の関係者で合同で捜査をしてもいいと申し出てくれた。私も、ロシアが関与していると信じる理由はない」と述べ、ロシアは大統領選挙の干渉に関与していないと考えるに至ったと明らかにしました。
そのうえで、トランプ大統領は、「この問題は、民主党の候補が勝つと思っていた大統領選挙に負けたところから話題になり始めた。われわれは、健全な選挙戦を戦ったし、ロシアとの共謀は全くなかったと断言できる」と述べました。

プーチン大統領は干渉を否定
ロシアのプーチン大統領は首脳会談のあとの記者会見で、「ロシア疑惑」について会談で話しあったと明らかにしたうえで、「ロシアはこれまでもアメリカの選挙に干渉していないし、干渉するつもりもないと伝えた」と述べて改めて否定しました。
また、「ロシア疑惑」をめぐってアメリカでロシア軍の情報機関の当局者ら12人が起訴されたことなどについて記者から見解を問われると、プーチン大統領は「アメリカは民主主義国家だ。最終的な結論は司法が判断することだ」とかわしました。

トランプ大統領「北朝鮮問題解決へ連携確信」
またトランプ大統領は、北朝鮮について「北朝鮮の非核化について先月、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との首脳会談の結果をプーチン大統領に伝えた。プーチン大統領がこの問題の解決を強く願い、われわれと連携していると確信しており、ロシアの関与に感謝する」と述べました。

プーチン大統領 核軍縮で連携不可欠
またプーチン大統領は、「両国は世界の安全保障のために特別な責任を負っている。大量破壊兵器の不拡散に向けて対話を行うことが重要だ」と述べました。そのうえで、2021年に期限を迎える核軍縮条約「新START」の延長やINF=中距離核ミサイル全廃条約の履行などをめぐって、米ロ両国の連携が不可欠だとする考えを示しました。

トランプ大統領「シリア危機は複雑だ」
トランプ大統領は共同記者会見で、主要議題の1つとなったシリア情勢について「アメリカとロシアが協力すれば、多くの人々の命を救うことができる可能性がある」と述べ、連携して取り組む必要があるという考えを示しました。
一方、トランプ大統領はシリア情勢でアサド政権を支援するイランの影響力の排除を狙い、ロシアに協力を求めたとみられますが、「シリア危機は複雑だ」と述べるにとどめ、イランを巡る双方の立場の違いは埋まらなかったとみられます。またトランプ大統領はイスラエルに隣接するシリア南西部でアサド政権側が軍事作戦を進めていることを念頭に「イスラエルの安全保障にも関わる」としてロシアに理解を求めました。

プーチン大統領「クリミアは解決済み」
プーチン大統領は首脳会談のあとの記者会見で、ロシアが4年前、ウクライナから一方的に併合したクリミアについて質問されたのに対し、「トランプ大統領は『違法』だとしているが、ロシアの立場は違う。国際法や国連憲章にのっとって住民投票が行われた」と述べ、改めて正当性を主張しました。そのうえで、「ロシアにとってこの問題は解決済みだ」述べ、いかなる国とも話しあうつもりはないと強調しました。

トランプ大統領「明るい未来への第一歩」
今回の首脳会談についてトランプ大統領は、「この会談が始まる4時間前まで米ロ関係は、冷戦後最悪の状態だった。そうしたなかで対話しないという選択ほど楽なものはない。しかし、米ロ両国が協力することで数百人、数千人の命を救うことができる。われわれはきょう、ヘルシンキで深く、多岐にわたる議論をし明るい未来に向けた第一歩を歩み始めた。われわれは現実主義者であるとともに、アメリカ人の望みをかなえる協議もした」と述べました。

米露首脳会談“ロシア疑惑”対応では批判も 2018年7月17日 12:52
米露の首脳会談が16日、フィンランドで行われた。関係改善で一致したが、ロシア疑惑への関与を否定するプーチン大統領に、トランプ大統領が同調。批判が高まっている。
米露関係は、冷戦後最悪とも言われるほど悪化しているが、会談でトランプ大統領とプーチン大統領は改善を目指すことで一致した。
一方、ロシアがアメリカ大統領選挙に干渉したとされる問題で、トランプ大統領が疑惑を否定するロシア側に同調し擁護した。
プーチン大統領「ロシアは大統領選を含むアメリカの国内政治に一切介入したことがなかったし、今後も介入するつもりはない」
トランプ大統領「プーチン大統領は極めて強く選挙への介入を否定した」
アメリカでは、議会の与野党から「恥ずべき対応だ」など非難の声が噴出している。









モラー特別検察官がヘルシンキ・サミットの直前にロシア情報機関の当局者ら12人を起訴してプレッシャーを掛けていたのにトランプには効かなかったw。

もはや「トランプ大サーカス」の団長だw。すばらしいw。

「イタリアの内務大臣がトランプとプーチンの会談を称賛」w
エフセキュアの拠点であるフィンランドで行われた米露会談をイタリアの内務大臣が称賛。そして次のサミットはHackingTeamと谷査恵子のいるイタリアw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。