弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ハンフォードの再処理工場が完成しないのはフィクションだから update3

ハンフォード再処理施設(H)とサンオノフレ原発(S)

Hanford: Can't anybody here clean up a mess?
核廃液処理で23年の経験、最近ハンフォードを解雇されたシェリー・ドス「ガラス固体化プラントは建設しなければならない。しかし建設した後は改造できなくなる。特に発熱してしまった後の改造はできなくなる。」

ガラス固体化(vitrification)前に、種類に応じて核廃液や沈殿物を38のタンクで化学処理を行う。廃液がプラン トを侵食するし、水素爆発や炎上が常に発生、化学反応を制御できなくなる。課題が山積み。本稼動後は改良や増設ができなくなる。

六ヶ所村のようなガラス固化プラントを2019年の完成を目指してベクテルがハンフォードに建設中。困難なのは、いろんな放射能廃液や沈殿物を38箇所のタンクで化学処理を行う前処理プラントの設計が困難だから。

Hanford: Can't anybody here clean up a mess? page2
2019年を期限に建設中のハンフォードのガラス固化再処理プラント。ベクテルが38のタンクのうち6つの前処理タンクと4つのガラス固化プラントのタンクを腐食が起きる温度で設計してしまったので40年間使い続けられない。

ガラス固化技術チームリーダのウォルト・タモサイティス「ベクテルもDOEもプラントが動くことを保証できない。 我々は前処理プラントで何を処理するのか定義できない。どんな化学物質を処理するのかわからないのに、どうして化学プラントを設計できる?」

Is Hanford stuck with the hot waste?
オバマがユッカマウンテン計画を中止し2011年の予算はなくなった。でもハンフォードのガラス固体は「ユッカマウンテン仕様」なので他の場所で廃棄することはできずガラス固体はハンフォードにずっと残り続けることになる。

2013年2月13日の記事。1年経っても何も状況が変わらない。
Manager says safety issues are ignored at Hanford nuclear site
タモサイティス「水素爆発の懸念からハンフォードは建設中断。仕事をしようにも水素爆発の懸念から家具のない地下室に隠れることしかできない。」

ベクテルの核技術者で健康に関する物理学者のDonna Buscheがハンフォード再処理プラントの配管での水素爆発の可能性を主張して操業が停止中。ベクテルはプラントは安全で品質が高く健康に害はないと主張。しかしハンフォードは地下廃液タンクが漏れて合衆国でいちばん汚染されている土地。

ベクテル「Busche氏の主張を詳細に調べたが根拠はなかった。ベクテルは廃液処理プラントが核に関して安全だと保障できるし、品質に自身がある。」

Donna Busche「私が(爆発しないように?)とめてるのよ。」

ハンフォードはすごい状況になってる。

ハンフォードではガラス固化プラントがトラぶってる。Purex工程ではない。なぜなら原子炉級プルトニウムは放射性が強くて再利用に適さないからだな。

38のタンクが必要になったそうだけど、フクイチのALPSはどうしてあんな単純なので放射能除去できるのだろうか? やっぱ水で薄めて垂れ流すだけだから?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。