弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

家庭内に悩みを抱えていた博多署地域2課の巡査部長が博多署9階で午前7時40分ごろ点呼前の武道場で拳銃自殺…update2

博多署巡査部長、署内で拳銃自殺図る? 意識不明の重体 2019年7月29日13時03分
写真・図版 福岡県警博多署=2019年5月21日午後3時54分、福岡県福岡市博多区、宮坂知樹撮影
 29日午前7時40分ごろ、福岡市博多区の福岡県警博多署の9階武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長(52)が頭から血を流して倒れているのを同僚が見つけた。巡査部長は意識不明の重体。近くに拳銃が落ちており、1発発射されていた。県警は拳銃で自殺を図ったとみて調べる。
 博多署によると、巡査部長は区内の交番に勤務。この日は午前6時45分に出勤し、7時10分に当直員立ち会いで拳銃庫から拳銃を持ち出し、同20分に署員とあいさつした。同40分ごろ、朝の点呼に出席するため武道場を訪れた同僚が発見。1人で武道場にいたとみられ、銃声を聞いた署員はいない。署内のロッカーから遺書が見つかり、自殺する旨とプライベートな悩みが書かれていたという。
 同署の岩下耕造副署長は「こういった事案が起きたことは誠に遺憾。詳細な原因を調査中」と話した。
【1人で武道場にいたとみられ、銃声を聞いた署員はいない。署内のロッカーから遺書が見つかり、自殺する旨とプライベートな悩みが書かれていたという。】w

警察官が拳銃で自殺図ったか 福岡 博多署 2019年7月29日 12時54分
29日朝、福岡市の博多警察署で、52歳の警察官が血を流して倒れているのが見つかり、意識不明の重体となっています。そばに拳銃が置かれていたことなどから、警察は拳銃で自殺を図ったとみて詳しく調べています。
29日午前7時半すぎ、福岡市の博多警察署の9階にある武道場で、地域第2課に所属する52歳の巡査部長が血を流して倒れているのを、朝の点呼のため武道場を訪れた同僚の警察官が見つけました。
警察によりますと、巡査部長は病院に運ばれましたが意識不明の重体だということです。
巡査部長は29日午前7時前からの勤務となっていて、倒れているのが見つかった際、すぐそばに本人の拳銃が置かれていて、所持品の中からは遺書が見つかったということです。
拳銃は、巡査部長が朝に出勤した際、みずから拳銃庫から持ち出したとみられ、警察は現場の状況などから拳銃で自殺を図ったとみて詳しく調べています。
博多警察署の岩下耕造副署長は「こうした事案が起きたことは誠に遺憾で、詳細を調査する」とコメントしています。
なぜ博多警察署の9階にある武道場なのか?w

博多署の巡査部長が拳銃で自殺図る 7/29(月) 12:20配信 九州朝日放送
九州朝日放送
博多警察署の交番に勤務する男性巡査部長が29日朝、博多警察署内で拳銃自殺を図りました。病院に運ばれましたが意識不明の重体です。
拳銃自殺を図ったのは、博多警察署・地域課の比惠交番に勤務する52歳の男性巡査部長です。警察によりますとこの男性巡査部長は29日午前7時40分ごろ、博多警察署9階にある道場で、点呼前に所持していた拳銃で自分の頭を撃ち、自殺を図ったということです。
男性巡査部長は、市内の病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。発射されたのは1発で、他にけが人はいませんでした。
捜査関係者によりますとこの男性巡査部長は家庭内のことで悩みを抱えていたということです。警察で詳しい経緯を調べています。
九州朝日放送
最終更新:7/29(月) 12:20 九州朝日放送
家庭内の悩みを抱えていたのに、点呼前の午前7時40分に博多署9階武道場で拳銃自殺したw
はぁ?

博多署で50代警察官が拳銃自殺か 意識不明の重体...遺書も
2019年7月29日 月曜 午後3:50
福岡市の博多警察署で29日朝、50代の男性巡査部長が、拳銃自殺を図ったとみられ、意識不明の重体となっている。
拳銃自殺を図ったとみられるのは、博多警察署の地域第2課に所属する52歳の男性巡査部長。
警察によると、午前7時40分ごろ、博多署の武道場で男性巡査部長が頭から血を流し、あおむけで倒れているのを同僚が発見した。
巡査部長は、病院に搬送されたが、意識不明の重体。
巡査部長のそばには拳銃が落ちていて、1発が使用されていたほか、個人のロッカーからは遺書が見つかり、プライベートの悩みや、自殺するといった内容が書かれていたという。
博多署は、「このような事案が発生し、誠に遺憾」とコメントし、巡査部長が拳銃自殺を図ったとみて調べている。
(テレビ西日本)

警察官、拳銃自殺図ったか 福岡県警博多署内で
2019/7/29 12:14 (JST)7/29 12:18 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 29日午前7時40分ごろ、福岡県警博多署9階の武道場で、同署地域第2課の男性巡査部長(52)が頭から血を流して倒れているのが見つかった。病院に搬送されたが、意識不明の重体で、近くに拳銃があり、遺書が発見された。署は巡査部長が自殺を図った可能性が高いとみて調べている。
 博多署によると、巡査部長はあおむけの状態で倒れていた。点呼のために武道場に来た同僚が発見した。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。