弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

傘を差し替えるときが来たw。ハガティ駐日大使が上院選出馬で辞任…update6

トランプ「ハガティ駐日大使が上院選に出馬」w

でたw。蚊帳の外おやじギャグw

テネシー州から派遣されていたハガティ駐日大使が上院選に出馬するために辞任する。

北朝鮮を筆頭に中国、ロシアと米は核戦争をちらつかせるのやめた。 テポドンやTHAADの恫喝は時代遅れになってしまい、ロシアのS-400がゲームチェンジャーになった。 トルコはF-35よりS-400を選び、なんと「西側」から抜けてしまったw。傘の骨が折れてしまうw。

核の傘の安全保障を口実にありとあらゆる犯罪が起きていたわけなのだけど、 その口実が消滅すると犯罪は摘発されはじめる。 全世界のマネロンルートは絶たれてしまった。マネロン景気(アベノミクス)に急ブレーキがかかる。

この状況にいちばんテンパってしまったのは日本の経産省だろうw。

【中東】トランプ氏、トルコのロシア製ミサイル導入はオバマ氏に責任と主張 制裁には言及せず F35の共同生産も100機売却も凍結
1チンしたモヤシ ★2019/07/17(水) 13:43:44.04ID:CIwQbtBl9
トランプ氏、トルコのロシア製ミサイル導入はオバマ氏に責任と主張 制裁には言及せず
AFP 2019年7月17日 13:12 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3235487

米首都ワシントンのホワイトハウスで閣議に出席するドナルド・トランプ大統領(2019年7月16日撮影)。(c)Nicholas Kamm / AFP
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/3/d/-/img_3d8b36923f6462b156f0cb3dfa15631a127289.jpg
トルコの首都アンカラにある空軍基地で、地対空ミサイルシステム「S400」を搭載したロシア軍輸送機からの積み下ろし作業の様子。トルコ国防省提供(2019年7月12日撮影・提供、資料写真)。(c)AFP PHOTO / TURKISH DEFENCE MINISTRY
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/a/-/img_8a53b6786b85a6dee3667c2d7d96b9d8199191.jpg
米首都ワシントンのホワイトハウス上空を飛行するF35戦闘機(2019年6月12日撮影、資料写真)。(c)Eric BARADAT / AFP
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/c/-/img_9c4ef83a63476926ead7c45bceab9e2e65068.jpg

【7月17日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は16日、米国防総省と北大西洋条約機構(NATO)が強く批判しているトルコのロシア製地対空ミサイルシステム「S400」の導入について、責任はバラク・オバマ(Barack Obama)前大統領にあると主張し、トルコに対する制裁については言及を避けた。
 トルコはS400の搬入が12日に始まったと発表している。トランプ氏はトルコがミサイル購入を選択した理由は理解できるとした一方、国防総省がNATOによる米最新鋭ステルス戦闘機F35戦闘機の共同生産計画へのトルコの参加に加え、トルコへの同機100機の売却も凍結したと言及し、「状況は複雑だ」と語った。
 トランプ氏のコメントは一見、F35とS400の併用は米国とNATOの航空システムにとって脅威だと考える米議会や国防総省と食い違っているようにもみえる。
 米上院軍事委員会と外交委員会は12日、トルコに新たな制裁を科し、F35の共同生産計画にトルコを参加させないようトランプ氏に求めた。
 しかしトランプ氏は、かつてトルコのS400導入に強い反対を表明していたほかの政権幹部が沈黙を続けるのと同じように、より柔軟な姿勢を示した。
 昨年10月にトルコ政府が同国で2年にわたり拘束されていた米国人牧師を解放したことについて、トランプ氏は「トルコはわが国と非常に良好な関係にある」と指摘。また「トルコがロシア製ミサイルを購入したことにより、わが国は巨額の航空機を売却できなくなる。公平な状況ではない」と不満を述べた。
 一方で米国務省のモーガン・オータガス(Morgan Ortagus)報道官は16日、ロシアから兵器を調達する国に制裁を科すことを義務付けた2017年成立の法律「米国の敵対者への対抗制裁法(CAATSA)」について、マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官とトランプ氏が見直しを行っていると明らかにした。
 当初、トルコは2009年に米国の地対空ミサイルシステム「パトリオット(Patriot)」の購入を希望し、オバマ政権は78億ドル(約8400億円)相当の取引を暫定的に承認。しかし、自国の技術基盤強化を目的にトルコ側が一部部品の国内生産を主張し、米国側が難色を示していた。(c)AFP
【一方で米国務省のモーガン・オータガス(Morgan Ortagus)報道官は16日、ロシアから兵器を調達する国に制裁を科すことを義務付けた2017年成立の法律「米国の敵対者への対抗制裁法(CAATSA)」について、マイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官とトランプ氏が見直しを行っていると明らかにした。 】w

エルドガンが勝ってしまうw。カショギ定年退職の件か…w

国際問題にならないように設定済みw

アベノミクスは大成功を収めた。マネロンルートが絶たれてしまった。 経団連を筆頭に一部上場企業はビジネスではなくマネロンだった。なので給料は上がらなくなる。年金は減り続ける。消費税は引き上げられる。「アベ大不況」が来る。これが霞が関がやってしまったことの顛末だw。

まさにトランプのババ抜きみたいな。最後にジョーカーを持っているのは誰か?w

香港雨傘革命て「核の傘」からMKULTRAに傘を差し替える暗号だったのさw )産総研のどらえもんw

霞が関ディープステイトは傘でこめかみを突かれて失明してしまったのだw。たぶんこのセリフで誰かが誰かを説得してるはず…
目黒駅前で何者かに傘でこめかみの辺りを刺されて失明…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。