弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

三菱製紙八戸工場「ローラーと支柱の間に人が挟まれた」update1

青森 NEWS WEB 製紙工場で点検作業中の男性死亡 12月13日 12時23分
12日夜、八戸市の製紙工場で、紙を製造する工程で使う大型のローラーの点検作業をしていた26歳の男性が、ローラーと支柱の間に挟まれて死亡しました。
12日夜10時すぎ、八戸市河原木の三菱製紙八戸工場の社員から、「ローラーと支柱の間に人が挟まれた」と消防に通報がありました。
挟まれたのは、関連会社の従業員で市内に住む吉田修也さん(26)で、ほかの従業員に助け出されて病院に運ばれましたが、頭や胸を圧迫されていておよそ1時間後に死亡しました。
警察や会社によりますと吉田さんは、紙のもととなる木の繊維をシート状にしたものを巻き取る、直径23センチ・幅4メートル70センチの横長のローラーと、それと平行に取り付けられた支柱の間に挟まれたということです。 また事故当時、吉田さんは、この設備に不具合が生じたため、点検作業をしていたということです。 警察で、事故の状況とともに工場の安全管理に問題がなかったか調べています。
「また事故当時、吉田さんは、この設備に不具合が生じたため、点検作業をしていたということです。」
また始まったな。

サイバー攻撃想定した政府の演習 過去最多3000人余が参加 2018年12月13日 16時05分
サイバー攻撃に対する懸念が強まる中、電気やガスなど重要なインフラがサイバー攻撃を受けたことを想定した政府の演習が行われ、過去最多の3000人余りが参加しました。
サイバー攻撃に対する懸念が強まる中、政府は、電気やガスそれに水道などの重要インフラの対策を強化しようと、毎年、演習を行っていて、ことしは関係省庁や民間事業者などから過去最多の3000人余りが参加しました。
開会式で、サイバーセキュリティー対策を担当する桜田オリンピック・パラリンピック担当大臣は「近年のサイバー攻撃は、一層複雑、巧妙化しており、この演習を通じて、重要インフラサービスの安全かつ継続的な提供につなげてもらいたい」とあいさつしました。
ことしは、サイバー攻撃で電気やガスなどの供給が止まり、うその情報がSNSを通じて拡散されたという想定で行われ、参加者は復旧の手順などを確認していました。
2012年のロンドンオリンピックの際には公式サイトなどに対するサイバー攻撃が相次ぎ、政府は、再来年の東京大会でも同様の事態が想定されるとして警戒を強めていて、来月には重要インフラの代表者を集めた会議も開くことにしています。
たぶん大規模なサイバー攻撃の代表のDDOS攻撃なんてDNSが引けないくらいの障害で意外と実害はない。 それに対して工場のIoTインフラを攻略されてしまうと死亡事故につながってしまう。 攻撃側の人工知能はヒトをミスリードするスキルが日々向上してる。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。