弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ゴダイゴの浅野孝已と漫画家のジョージ秋山が5月12日に死去… update7

ジョージ秋山(77)が5月12日に死去(過去形)「アシュラ✕銭ゲバ」がエスカレートしたのが今の世界だと言い残している…

高田川部屋の勝武士がコロナ感染死 28歳 [2020年5月13日12時45分]
勝武士(左)(2019年5月15日撮影)
日本相撲協会は13日、新型コロナウイルス感染のため入院していた高田川部屋の三段目の勝武士さん(本名・末武清考)が、同日にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため死去したことを発表した。28歳だった。
協会が発表した勝武士さんの経過は以下の通り。
▽4月4、5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず。
▽4月4、4日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず。
▽4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず。
▽4月8日 熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性。
▽4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。
▽4月10日 PCR検査で陽性と判定。
▽4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける。
▽5月13日 死去。

2020.5.13 05:02
ゴダイゴのギタリスト、浅野孝已さん急死 コロナ感染を含め死因は調査中
巧みなギターテクで知られた浅野さん。突然の訃報に周囲も驚いている=2014年撮影
 「ガンダーラ」「銀河鉄道999」などのヒットで知られるロックバンド、ゴダイゴのギター、浅野孝已(たかみ)さんが急死したことが12日、分かった。68歳だった。関係者によると、この日朝、浅野さんが東京都内の自宅で倒れているのを家族が発見。救急搬送されたが、死亡が確認された。浅野さんは3月末に膠原(こうげん)病で体調を崩して入院し、2週間前に退院したばかりだった。葬儀は近日中に密葬で執り行われ、後日「偲ぶ会」を開く。
 新型コロナウイルスの影響で、ライブ活動を中断していたゴダイゴに悲劇が起こった。
 複数の関係者の話を総合すると、12日午前10時前、倒れている浅野さんを発見した家族が119番通報。すでに心肺停止状態で、搬送された病院で死亡が確認された。
 浅野さんは蓄のう症で手術する予定だったが、膠原病による免疫不全で3月末に入院。4月20日頃に退院し、自宅療養していた。前日の11日も電話でスタッフと打ち合わせするなど元気に話しており、突然の訃報に周囲は驚いている。10年前には大腸がんの手術も受けていた。現在、新型コロナの感染も含め、死因を調べているという。
 ゴダイゴは5月7日から全国ツアーを行う予定だったが、コロナ禍で延期に。当初は3月からリハーサルに入る予定だったが、それもなくなり、昨年11月21日に豪華客船「飛鳥II」で開催した船上ライブが浅野さんにとって最後のゴダイゴのコンサートになった。
 今月9日にはフェイスブックに「笑顔が増えてバージョンアップしています」と動画を投稿し、コロナの収束を願うメッセージを寄せていた。
 16歳でプロギタリストとなった浅野さんは、ミッキー吉野(68)に誘われ、1975年にゴダイゴの結成メンバーとして活動を開始。78年の日本テレビ系「西遊記」のエンディング曲「ガンダーラ」や79年のアニメ映画「銀河鉄道999」の同名主題歌が大ヒット。同年から2年連続でNHK紅白歌合戦に出場した。
 85年のゴダイゴの活動停止後はソロで活動し、95年には岡本真夜(46)のデビュー曲「TOMORROW」のプロデュースも担当。2006年のゴダイゴ再始動後も精力的に活動していた。
 コロナ禍の影響で夫人と長女(38)、次女(33)ら家族のみの密葬に。ファンやスタッフとともに故人を天国へ送る「偲ぶ会」も予定しているが、コロナ禍収束後となるため、ゴダイゴのツアー再開とともに見通しは立っていない。

roland.com→Roland - Company - 企業情報 - 会社概要
会社概要
商号 ローランド株式会社 (Roland Corporation)
設立 1972年4月18日
本社 〒431-1304 静岡県浜松市北区細江町中川2036-1
静岡県浜松市w

roland.com→Roland - Company - ヒストリー - 沿革・製品ヒストリー

創業–1970年代
1972年
資本金3,300万円で大阪市に設立
東京、大阪に営業所開設
TR-33/TR-55/TR-77 リズム・マシン
ローランド・ブランドの第1号機。

ロンメル死なのか、それとも浜岡原発の風下が原因なのかは不明…

「ゴダイゴ」の浅野孝已さん死去 屋台骨のギタリスト 定塚遼
2020年5月12日 21時17分
写真・図版 ゴダイゴ時代の浅野孝已さん
 「銀河鉄道999」などのヒットで知られるロックバンド「ゴダイゴ」のギタリスト・浅野孝已(あさの・たかみ)さんが12日、東京都内の病院で死去した。68歳だった。後日、お別れの会を開く。12日朝に自宅で倒れているのを家族が発見し、病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 1975年にミッキー吉野さんらとバンドを結成し、ゴダイゴのオリジナルメンバーに。CMソングやドラマの主題歌など、既存のロックグループとは一線を画し、幅広くメディアで活躍。「モンキー・マジック」「ガンダーラ」など数多くのヒットを飛ばした。
 ギタリストとしては、日本でまだあまり知られていなかったギターシンセサイザーを取り入れるなど、バンドの洗練されたサウンドの屋台骨となった。
 浅野さんの死去を受け、ゴダイゴのリーダー・ミッキー吉野さんは、「ゴダイゴのメンバーの中で一番長い付き合いでした。悲しいの一言。悲しくてやりきれません。この時期のこういう別れは、本当に辛いです」とコメントした。
 同じくゴダイゴのメインボーカル・タケカワユキヒデさんは「僕たちの大切な仲間、ギタリストの浅野さんが亡くなった。つい2週間前に電話で話したばかりだったのに。僕のどんな曲にもすぐにギターを弾いて合わせてくれるオールマイティなギタリストで、愉快な仲間だった。冥福を祈りたい」とのコメントを発表し、浅野さんの死を悼んだ。(定塚遼)

2020.5.13 05:02
ミッキー吉野「つらい」 ゴダイゴ浅野孝已さん、コロナ禍で家族葬
ゴダイゴのメンバー。前列左からタケカワユキヒデ、浅野孝已さん、ミッキー吉野、後列左からトミー・スナイダー、スティーブ・フォックス、吉沢洋治(2015年撮影)
 「ガンダーラ」「銀河鉄道999」などのヒットで知られるロックバンド、ゴダイゴのギター、浅野孝已(たかみ)さんが急死したことが12日、分かった。68歳だった。関係者によると、この日朝、浅野さんが東京都内の自宅で倒れているのを家族が発見。救急搬送されたが、死亡が確認された。浅野さんは3月末に膠原(こうげん)病で体調を崩して入院し、2週間前に退院したばかりだった。葬儀は近日中に密葬で執り行われ、後日「偲ぶ会」を開く。
 ゴダイゴのリーダーでキーボード、ミッキー吉野(68)は本紙の取材に「数日前に電話で話したばかりで、スタッフから訃報を知らされたときは信じられなかった。涙しかでません」と言葉を失った。
 同い年で、15歳の頃からの友人。「ゴダイゴを結成する際、違うバンドだった彼が脱退するまで1年待った。それほどギターの腕がよかった。怒ったのを見たことがないほど、穏やかな人柄でした」としみじみ。コロナ禍の影響で家族葬になったことについて「このご時世で最後の別れができないのが何よりつらい」と悔しさをにじませた。

ゴダイゴ・浅野孝已さん死去、68歳 9日にFBでコロナ終息願う投稿 5/12(火) 19:13配信
デイリースポーツ
 ゴダイゴの浅野孝已さん(14年4月撮影)
 ゴダイゴのギタリスト、浅野孝已さんが12日に死去した。関係者への取材で分かった。68歳。東京都出身。葬儀は家族だけの密葬で行い、後日「偲ぶ会」を開く予定。
【写真】わずか半年前…2019年11月、集結したゴダイゴ 笑顔の浅野さんの姿も
 9日にはフェイスブックで「笑顔が増えてバージョンアップしています。是非ご覧下さい。」と、新型コロナウイルス終息を願う投稿をしていた。
 浅野さんは東京・池袋生まれ。16歳でプロ・ギタリストとしてのキャリアをスタート。天才少年ギタリストとして近代日本ロック史に刻まれる存在となった。
 以来、第一線で活躍し、現在もゴダイゴでの活動と並行して、自身のバンド「T.A.G.C.TOKYO」を率いるなど、精力的に活動していた。

農作業中ひかれ3歳孫死亡、富山 祖父のトラクターに
2020/5/12 22:01 (JST)5/12 22:13 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 12日午後5時20分ごろ、富山市内の畑で、農作業中だった祖父のトラクターに孫の宮元菖太朗ちゃん(3)がひかれた。菖太朗ちゃんは頭を負傷し、搬送先の病院で死亡が確認された。
 富山北署によると、菖太朗ちゃんは、トラクターの後部の土を耕すための刃に巻き込まれたとみられる。付近には姉(5)もいたが、けがはなかった。
 2人は3月下旬から両親と別居し、現場近くの祖父宅に預けられていたという。同署が祖父から事情を聴き、状況を調べている。
「トラクターの後部の土を耕すための刃に巻き込まれた」…

運転士「女性が線路の横で竹ぼうきで掃除…」 JR快速電車と接触し大ケガ “ハトの死骸処分”で進入 5/13(水) 11:20配信 東海テレビ
 13日朝、岐阜県土岐市のJR中央線で、線路沿いで掃除をしていた70歳の女性が電車と接触し、大ケガをしました。
 13日午前7時半すぎ、土岐市泉町大富のJR中央線「土岐市駅」近くの線路上で、近所に住む70歳の女性が快速電車と接触しました。女性は骨盤を折る重傷です。
 警察によりますと、男性運転士(35)は「女性が線路の横で竹ぼうきで掃除をしていた。急ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。
 一方、女性(70)は「鳩の死骸を処分するために線路に入った」と話していて、警察が当時の状況を調べています。
東海テレビ

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。