弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

岐阜市保健所と同じビルにある岐阜市中(なか)市民センターの誤通知が原因で50代女性が死亡してしまう… update8

野一色(のいしき)の岐阜県総合医療センターの前身は岐阜陸軍衛戍(えいじゅ)病院w。731部隊かw(2018年8月17日)

野一色(のいしき)の続きか…

【3人の教育長】岐阜市長良西野前の6階建てマンションから中3が飛び降り自殺…(2019年7月3日)

3人の教育長の続きだ…

がん検診で誤通知 岐阜市、女性5人に 1人が死亡 2019年7月17日 00:34 朝日新聞デジタル
 岐阜市が市民向けに実施しているがん検診で、「要精密検査」と通知すべきだった50代女性に、「異常認めず」と誤った通知をしていたことがわかった。女性は16日夜に胃がんで亡くなり、がんは胃から肺に転移していたという。市は「がんの発見が遅れ、転移した可能性も否定できない」としている。
【写真】がん検診の結果通知のミスについて会見する岐阜市の担当者=2019年7月16日午後3時12分、岐阜市役所、高木文子撮影
 市によると、2017年以降、ほかに胃がんや乳がん、肺がんの検診を受けた50~70代の女性4人に「要精密検査」や「要注意」と通知すべきだったのに、誤って「異常認めず」と知らせていた。4人はいずれもがんの自覚症状はないという。
 亡くなった女性は1月10日に胃がんの検診を受け、市の中市民健康センターが28日に「異常認めず」という誤った通知を発送した。女性は4月に受診した医療機関で肺がんが見つかり、胃がんから転移したことがわかったという。
 がん検診の通知は、委託先の検診機関から市側に結果が届き、市職員がシステムに入力して発送する仕組み。5件の誤通知はいずれも中市民健康センターから発送されたもので、職員が入力を誤ったのが原因という。マニュアルでは職員が2人で読み合わせをして確認することになっていたが、同センターは職員が1人で確認していた。入力を誤ったことで、医師の所見や判定などを図入りで示した検診票も、女性らの手元に届かなかったという。
 7月10日、当時がん治療中だった女性の家族から問い合わせを受けてミスが判明したという。岐阜市の柴橋正直市長は女性の死亡を受けて「市民の皆様のがん検診に対する信用を損なったことは、誠に遺憾であり、再発防止策を徹底させます」とコメントした。
 結果通知は、中市民健康センターのほかに2カ所の市民健康センターと市健康増進課が発送していたが、中市民健康センター以外では職員2人が読み合わせをしてミスはなかったという。市は今後、職員2人による読み合わせを徹底し、通知の発送前に上司も確認するとしている。(高木文子)
そもそもなんで手入力してる?データファイルで連携するだろ?データが改ざんされたのか…

がん検診「異常なし」誤通知 岐阜市の50代女性死亡 2019年07月17日 07:39
がん検診の誤った結果を通知し謝罪する市職員=16日午後、岐阜市役所
 岐阜市は16日、市の胃がん検診を1月に受診した50代の女性に「要精密検査」の検診結果を誤って「異常認めず」と通知し、女性が同日、市内の病院で死亡したと発表した。死因は胃がん。さらに2017、18年度に市のがん検診を受けた50~70代の女性4人にも「異常認めず」と誤った内容を通知していた。4人にがんの症状は見られないが、市は直接面会して謝罪した。
 市は、通知ミスで、死亡した女性のがんを進行させてしまった可能性は「否定できない」としている。
 市によると、死亡した女性は今年1月10日に胃がん検診を受診した。検診の結果、「要精密検査」と判定されたが、市は28日に「異常認めず」と誤った内容の通知を発送した。女性は4月に医療機関を受診し、肺がんと胃がんが見つかった。肺がんは胃がんが転移したもので、女性の家族から今月10日に検診結果の説明を求められ、職員が確認して間違いが判明した。
 誤通知の判明を受けて市は、データが残る14~18年度に4種類(大腸がん、肺がん、乳がん、胃がん)の検診を受けた延べ16万人について、検診委託機関の検診結果と、市が入力した通知内容を照合。死亡した女性を含め5人の入力ミスを見つけた。
 誤った内容を通知した他の4人は、50代が2人、60代と70代が各1人。17年度は肺がんと乳がんの受診者、18年度は胃がんの受診者。正しい内容は、乳がんの1人が「要精密検査」、肺がんの1人と胃がんの2人が「要注意」だった。
 検診結果と通知内容を職員2人で読み合わせる手順を踏んでいなかったことなどがミスの原因。上司による確認も不十分だった。
 柴橋正直市長は「ご冥福をお祈り申し上げる。市民のがん検診への信用を損なったことは誠に遺憾であり、再発防止策を徹底させる」とコメントを出した。

がん検診「要精密検査」なのに「異常なし」と誤通知 女性死亡 2019年7月17日 17時05分
岐阜市が行ったがん検診で、「要精密検査」などとされた5人に、市が誤って「異常なし」とする通知書を送り、このうち50代の女性1人が16日、胃がんで死亡していたことがわかりました。市は「通知ミスが発見の遅れにつながった可能性は否定できない」として、遺族に謝罪しました。
岐阜市によりますと、おととし7月からことし2月までに肺がん、胃がん、それに乳がんの検診を受けた50代から70代の女性合わせて5人に対し、検診結果が「要精密検査」や「要注意」だったにもかかわらず、岐阜市が誤って「異常なし」と通知していたということです。
市によりますと、このうち50代の女性1人はことし1月に胃がん検診を受け、委託先の検診機関が「要精密検査」と判定したにもかかわらず、市の職員が誤って「異常なし」とする通知書を送ったということで、この女性は4月に病院を受診して胃がんと肺がんが見つかり、16日、胃がんのため死亡したということです。
これを受けて岐阜市は「通知ミスが発見の遅れにつながった可能性は否定できない」として、遺族に謝罪しました。
岐阜市の柴橋正直市長は「市民のがん検診に対する信用を損なったことは誠に遺憾で、再発防止策を徹底させます」としています。

通知書作成の際に読み合わせせず
岐阜市によりますと今回のミスは、16日夜死亡した50代の女性の家族が今月10日、「以前受けたがん検診の検診票を見せてほしい」と市に問い合わせたことからわかりました。
問い合わせを受けた市が確認したところ、この女性はことし1月10日に市の胃がん検診を受け、市は1月28日「異常なし」という通知書を作成して送っていましたが、通知書のもととなる委託先の検診機関の検診票には「要精密検査」と記されていました。
このため市が過去5年間に行ったがん検診、およそ16万件について通知書の内容と検診票を照らし合わせて調べた結果、5件の通知書で誤って「異常なし」としたミスが見つかったということです。
通知書は検診機関が記入する検診票をもとに岐阜市が市内の4か所で作成していますが、5件のミスはいずれも「岐阜市中市民健康センター」で起き、すでに退職した市の職員が2件を、別の市の職員が3件をそれぞれ担当していたということです。
市はマニュアルで、通知書を作成する際には2人で読み合わせるよう定めていますが、今回ミスをした職員は読み合わせをしていなかったということです。
市は今後、読み合わせを徹底するとともに、上司が通知書をチェックすることで再発を防止したいとしています。

岐阜市がん検診 年間4万5000人が受診
岐阜市によりますと、市内では市民を対象に毎年度、7月から2月にかけてがん検診が行われ、年間およそ4万5000人が受診しています。
このうち大腸がんと子宮がんについては、市から委託を受けた医療機関がそれぞれの施設で検診から通知書の作成と送付まで行いますが、肺がんと胃がん、乳がんは、医療機関が公民館などに検診車を向かわせて検診を行い、結果を検診票に記入したあと、市が通知書を作成して送っています。

自治体が受診呼びかけ
がん検診には企業の健康保険組合が従業員を対象に行う検診のほか、自営業者など職場で受ける機会がない人を対象に、市町村が実施しているものなどがあります。
市町村の検診は主に胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、それに子宮頸がんの5つのがんについて、対象となる年齢などが定められていて、自治体から委託を受けた医療機関などで実施されています。
がんで亡くなる人を減らすため、国はがん対策の基本計画に検診の受診率を50%に引き上げる目標を掲げていて、自治体では対象となる住民に受診を呼びかけるはがきを送るなどして、受診率の向上に取り組んでいます。
国の推計では平成28年の受診率は肺がんが46.2%と最も高く、次いで大腸がんが41.4%、胃がんが40.9%、乳がんが36.9%、子宮頸がんが33.7%となっていて、自治体の取り組みなどの結果、10年ほどでそれぞれ10%から20%程度増えています。
岐阜市保健所と岐阜市中(なか)市民センターは同じ住所w。中央家保(中央家畜保健衛生所)の部隊だわw

こいつらが死亡した女性の遺体をどう始末するか、エコフィードと豚コレラをモニターすることで 学習の指標にできるってか…うーむ。おまえ、すっげーやつだな。 )産総研のどらえもんw







【市によりますと、このうち50代の女性1人はことし1月に胃がん検診を受け、委託先の検診機関が「要精密検査」と判定したにもかかわらず、市の職員が誤って「異常なし」とする通知書を送ったということで、この女性は4月に病院を受診して胃がんと肺がんが見つかり、16日、胃がんのため死亡したということです。】w

女性が16日に死亡したのを確認して翌日誤通知を発表して謝罪した?w
はぁ?

げ。ここかぁ…。

データ入力ミスが原因で50代女性を死亡させて、岐阜市保健所と同じビルにある岐阜市中(なか)市民センターの職員を謝らせた…w

16日に女性が死亡して、17日は謝罪会見で、18日は京都アニメーション放火炎上かぁ…
京都アニメーションにガソリン撒いて火をつけながら「死ね」、死者数人。作画の悪い十六銀行の新海誠っぽいアニメCMが解読の鍵らすい…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。