弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【チャグチャグ馬っこ】岐阜大学馬術部厩舎全焼の解読… update13

「きれいにおなかを洗って、内臓を出してあって。これは本当に異常です」(2020年6月21日)

4頭の馬の命がなくなってしまったことは事実だが、ターゲットが獣医だと思ったとしたら大間違い。全体像からみれば獣医なんて捨て駒にすぎない。杉原千畝とバルト三国とダンスケ銀行エストニア支店と北欧とスペイン方式が解けた瞬間。ガンダーラ・タイムライン…

ガンダーラ(Gandhara)イポ表タイムライン…

【菊コウモリとチャグチャグ馬っこ】盛岡八幡宮宮司がロンメル死して神社本庁から金刀比羅宮(こんぴら)が抜けた…(2020年6月13日)

調教師ら、馬券購入疑い 笠松競馬所属、岐阜県警が捜査 6/24(水) 14:22配信 時事通信
 笠松競馬場(岐阜県笠松町)所属の調教師らが競馬法違反(馬券購入)の疑いで岐阜県警の捜査を受けたと、同競馬場を運営する岐阜県地方競馬組合が24日明らかにした。
 競馬法では、地方競馬の調教師や騎手が全ての地方競馬の馬券を買うことを禁じており、男性調教師1人と男性騎手3人が20日、家宅捜索と事情聴取を受けたという。
 同組合は「警察の捜査に全面的に協力し、捜査結果などを踏まえた上で厳正な処分をする」とコメントした。県警岐阜羽島署は、捜査していることを認めたが「詳細については公表しない」としている。 

筑波大生不明事件 7月前半にも引き渡し
2020.06.23 11:30
筑波大生不明事件 7月前半にも引き渡し
2016年にフランスに留学していた、筑波大学生の黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、殺人の疑いで国際手配されているチリ人の元交際相手ニコラス・セペダ容疑者が来月前半にもフランス側に引き渡されることが分かりました。
セペダ容疑者は、黒崎さんが行方不明になった直後、帰国しました。
チリの最高裁は5月にフランスの求めに応じて身柄引き渡しを最終決定しています。

岐阜大学 厩舎全焼 馬4頭が逃げ遅れか 6/23(火) 6:24 配信Fuji News Network
FNNプライムオンライン
23日未明、岐阜市の岐阜大学で、馬の厩舎(きゅうしゃ)が燃える火事があった。
これまでにけが人は確認されていないが、4頭の馬が逃げ遅れたとみられている。
消防などによると、午前2時半ごろ、岐阜市の岐阜大学の敷地内にある厩舎で、学生から「馬小屋から火がでている」と警察と消防に複数の通報があった。
消防車9台が出て、火はおよそ1時間40分後に消し止められたが、木造の厩舎が全焼した。
これまでにけが人は確認されていない。
警察などによると、この厩舎では、岐阜大学の馬術部が4頭の馬を飼育していたということだが、逃げ遅れたとみられている。
厩舎の近くには、大学の学生寮などがあり、現場に多くの学生が集まるなど、一時、騒然とした。

岐阜大学医学部馬術部w

杉原千畝と岐阜大学


杉原千畝はダンスケ銀行エストニア支店のマネロンルートのアイコン?

バルト3カ国とはエストニア、ラトビア、リトアニアw

福田達夫がSPECTRE解読の人間チェスの駒になるw(2020年6月12日)

鳳蘭(つれちゃん)のフェルゼン伯爵とマリーアントワネットのギロチン処刑とロベスピエールが顎を砕かれた話…。カニバリズムとスペイン方式w

根井三郎ウラジオストク副領事の「命のビザ」が無理矢理発見されて、旭化成・吉野彰ノーベル化学賞受賞の理由が判明する…(2020年6月3日)

国税当局が大手銀2行を提訴 22日 12時04分
 消費税の不正還付を行ったとして課税処分を受けた免税店会社の本社ビルなどをめぐり、国税当局が大手銀行2行に対し、異例の提訴をしていたことがわかりました。
 免税店運営会社「宝田無線電機」は、訪日外国人に金製品を売ったとして、消費税の還付を申告し、三井住友銀行とみずほ銀行との間では、還付額を担保として、最大であわせて50億円の融資を受ける契約を結んでいました。しかし、宝田無線は東京国税局から、不正還付を申告したとして課税処分を受けました。
 一方で、2行は国税当局が課税処分を行った当日に根抵当権を設定。これにより、国税側はビルの売却などによる徴収見込み額が7億円あまり減少したことから、2行が「意図的に徴収権を阻害した」などとして、登記の抹消を求めて提訴しました。
 2行は、裁判では、「正当な債権保全措置だった」と主張しているとみられ、取材に対し、「係争中のためコメントは差し控える」としています。

【九頭竜】京都府内にある地方法務局の局長が2人乗りの単車に追突事故…

聖なる火?

沖縄 米軍嘉手納基地内の施設で火事 有毒な塩素ガス流出か 2020年6月22日 18時39分
22日午前、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地内の施設で火事があり、およそ6時間後に消し止められました。この火事によるけが人はいませんでしたが、有毒な塩素ガスが流出したとしていて、沖縄防衛局が確認をしています。
嘉手納基地を運用するアメリカ空軍第18航空団や沖縄防衛局によりますと、22日午前9時前、基地内の危険物を取り扱う施設から火が出ました。
アメリカ軍の消防が消火活動にあたり、火はおよそ6時間後の午後3時前に消し止められました。
施設や周辺にいた人は避難し、これまでにけが人はいないということです。
一方、第18航空団のフェイスブックでは、この火事で塩素ガスの粒子が流出したとしていて、基地内向けに目や鼻、のどに痛みを感じた場合は医療機関を受診するよう呼びかけています。
基地周辺の嘉手納町や沖縄市によりますと、午後5時の時点で住民から体調不良を訴える連絡はないということです。
嘉手納町の當山町長はNHKの電話取材に対し、アメリカ軍から町に「塩素ガスによる地域住民への影響はない」という連絡があったことを明らかにしたうえで「塩素ガスが発生したとすれば有毒なので、地域住民への影響をいちばん懸念している。アメリカ軍の言う根拠がわからないので、沖縄防衛局からの情報を待ちたい」と述べました。
沖縄防衛局は、流出したガスの状況や火事の原因などについて、アメリカ軍に確認をしています。

【マツコ】日本郵船グループの「飛鳥Ⅱ」が燃えたw(2020年6月16日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。