弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

24分前から「生体情報モニターのアラームが鳴ったのに覚知できず、心肺蘇生が遅れ、死亡」update5

岐阜市保健所と同じビルにある岐阜市中(なか)市民センターの誤通知が原因で50代女性が死亡してしまう…(2019年7月17日)

アラーム気付かず、心臓病患者が死亡 病院が遺族に謝罪 9/11(水) 19:20配信 朝日新聞デジタル
謝罪する吉田和弘病院長(中央)ら=2019年9月11日午後3時8分、岐阜市柳戸、山野拓郎撮影
 岐阜大病院は11日、70代の男性患者が手術後の病室で心臓に異常が生じた際、それを知らせるアラームに看護師が気づかずに心肺蘇生が遅れ、死亡に至ったと発表した。病院は、手術後の経過観察が不適切だったとして遺族に謝罪した。
 病院の説明と事故後に設置された医療事故調査委員会の報告書によると、男性は急性心筋梗塞(こうそく)で手術を受けた3カ月後の2018年10月、冠動脈が狭くなったため再度手術を受けた。
 男性は心臓などに異常があった場合にアラームで知らせる「生体情報モニター」を装着。手術当日の夕方、看護師らが待機するスタッフステーションで異常を知らせるアラームが鳴ったが、勤務中の看護師は患者の見回りなどで不在。勤務を終えた看護師も「誰かが対応している」と思い込んでいたため対応が遅れ、心肺蘇生を開始したのはアラームが鳴り始めてから24分後になったという。男性は翌日に死亡した。
 男性は手術後に病室にいた際、心臓に致死性不整脈が発生したとみられる。
 吉田和弘病院長は「再発防止策を着実に実施するよう全ての職員が一丸となって全力で努める」と話した。
朝日新聞社

【勤務を終えた看護師も「誰かが対応している」と思い込んでいたため対応が遅れ、心肺蘇生を開始したのはアラームが鳴り始めてから24分後になったという。男性は翌日に死亡した。】w

つまりアラームは24分間も鳴り続けていたことになり、この病院では「誰かが対応している」と思うことでアラームを無視するのが慣例になっていた…。となると、心筋梗塞と冠動脈の手術もあやしくなるw。

アラーム気付かず患者死亡、岐阜 国立大学の付属病院
2019/9/11 16:05 (JST)9/11 16:07 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 岐阜大は11日、付属病院(岐阜市)で昨年10月、入院患者の70代男性に致死性不整脈が発生し、生体情報モニターのアラームが鳴ったのに覚知できず、心肺蘇生が遅れ、死亡する事案があったと発表した。
 病院によると、男性は昨年6月に急性心筋梗塞で入院、冠動脈の手術を受けた。10月上旬に検査のため再入院、さらに手術を受け、一般病室に移動したが、病室で心停止しているのが見つかり、翌日死亡した。心停止確認の24分前にアラームが鳴っていたが、病院側は気付かなかった。
昨年6月に入院して昨年10月に死亡…

岐阜大病院でアラーム覚知せず患者死亡 2019.9.11 16:28 産経WEST
 岐阜大は11日、付属病院(岐阜市)で昨年10月、入院患者の70代男性に致死性不整脈が発生し、生体情報モニターのアラームが鳴ったのに覚知できず、心肺蘇生が遅れ、死亡する事案があったと発表した。
 病院によると、男性は昨年6月に急性心筋梗塞で入院、冠動脈の手術を受けた。10月上旬に検査のため再入院、さらに手術を受け、一般病室に移動したが、病室で心停止しているのが見つかり、翌日死亡した。心停止確認の24分前にアラームが鳴っていたが、病院側は気付かなかった。

旧優生保護法を問う /5止 中絶胎児を「研究解剖」 会員限定有料記事 毎日新聞2018年6月8日 東京朝刊
岐阜大で起きた旧優生保護法下での中絶胎児による「人体実験」を告発した児童精神科医の高岡健さん。日本精神神経学会の調査報告書を指しながら振り返った=岐阜市で2018年4月18日午後0時18分、千葉紀和撮影
 岐阜大付属病院で1984年、旧優生保護法に基づき中絶した女性の胎児を研究目的で解剖し、脳の検査をしていたことが同年、日本精神神経学会で告発された。女性は出産を望み、解剖にも同意していなかったことから「人体実験」と非難された。
 30年が過ぎて取材に応じた、岐阜大精神科の助手だった当時の主治医(62)は「今でも悪いことをしたとは思わない」と言い、こう続けた。「本人は中絶に納得していた。胎児は病理解剖しただけ。私の行為と、いま問題になっている強制不妊手術とは全く違う」
【岐阜大付属病院で1984年、旧優生保護法に基づき中絶した女性の胎児を研究目的で解剖し、脳の検査をしていたことが同年、日本精神神経学会で告発された。女性は出産を望み、解剖にも同意していなかったことから「人体実験」と非難された。】w

【エプスタイン・ビジネスx1】

ジョン・ボルトン(John Bolton)の尽力はホワイトハウスでは不要になったのでクビw

香港雨傘革命2.0はエプスタインのロリータエクスプレスがビル・クリントンを乗せて香港に着陸したスキャンダルのスピンだなw

【チェジュ島(済州島)はエプスタイン島w】OIEのデータベースでCSFの由来を検証…

臓器狩り【東側ルート】ウラジオストクとハンカ湖の豚コレラ(CSF)とエコフィード…

【エプスタイン・ビジネスx2】ロリータエクスプレスみたいなドクターカーw

肝臓にマイナス196度の液体窒素w。731部隊の丸太実験みたいなw

【エプスタイン・ビジネスx3】「遺伝子診療部 新出生前診断」w

「自分が岐大病院の職員だった頃...皆で一丸となって大学の存亡の危機を回避した歴史を知らずに岐大をクソと呼ぶなら退学してよそに行きなさい...本当に皆の死に物狂いの苦労がなければ今岐大は存在しない」w

なんか自白してるw

【エプスタイン・ビジネスx4】NATO関係者w

gifu-u.ac.jp→学報 2014年7月 Vol.683PDF

岐阜大学学報 26.7
−7−
NATO 加盟国国会議員会議(NATO PA) 「エネルギー・環境安全保障小委員会(STCEES)」及び「汎大西洋経済関係小委員会(ESCTER)」一行が本学を訪問
6 月19日(木),NATO 加盟国国会議員会議(以下,NATO PA)「エネルギー・環境安全保障小委員会(STCEES)」 及び「汎大西洋経済関係小委員会(ESCTER)」一行31名が,本学医学部附属病院を訪問した。
今回の訪問は,NATO PA 事務局から岐阜大学を訪問したい旨打診があり,本学医学部附属病院の救急医療情報 流通システム(以下,GEMITS)及びドクターヘリを紹介する運びとなったものである。
まず,森脇久隆学長から挨拶があり,続いて鈴木文昭理事(国際・広報担当)から,地元岐阜で,世界最高水準の技術を用いて開発された記念品等の紹介があった。
その後,本学医学部附属病院の小倉真治病院長及び医師育成推進センターの松丸直樹技術職員が,GEMITS の概要についての説明を行った。GEMITS は,病院間で患者情報を共有し,適切な治療や転院搬送を支援するシステムであり,本学医学部附属病院の小倉真治病院長が開発者である。さらに,本学医学部附属病院と約134km離れた高山赤十字病院を Web で繋ぎ,岐阜市と高山市との距離や高低差を,NATO 本部のあるベルギーのブリュッセルか らほぼ同距離に在るオランダのユトレヒトになぞらえながら,模擬レントゲン写真をスクリーンに写し出し,GEMITS の機能の一つである Web カンファレンスのデモンストレーションを行った。引き続き,小倉病院長の案内により,ドクターヘリが駐機する地上ヘリポートにて,ドクターヘリ機能とその運用についての説明を行った。
一行は,GEMITS 及びドクターヘリに,強い関心を示し,小倉病院長の周りで,多くの活発な質疑応答が行われた。
クニップ議長(前列左から 4 人目),エリンセン議長(同 5 人目),森脇学長(同 6 人目),鈴木理事(同 7 人目)
質問に答える小倉病院長

【エプスタイン・ビジネスx5】NATOが見学に来るロリータエクスプレスみたいなドクターヘリw

【エプスタイン・ビジネスx6】2年おきに患者のデータのUSBメモリーを紛失したことにするw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。