弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

岐阜県警幹部の写真に「死ね」「呪」の文字w update13

NHK→顔写真に「呪」の文字 50代警部補を処分「恨みがあった」

顔写真に「呪」の文字 50代警部補を処分「恨みがあった」 2019年4月19日 21時22分
岐阜県警察本部の人事異動に合わせて報道各社に配られた顔写真のデータの一部に、「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていた問題で、警察はパソコンで画像を加工したとして、50代の警部補を戒告の懲戒処分にしました。警部補は「恨みがあった」などと話し、依願退職したということです。
この問題は、ことし2月、岐阜県警察本部が人事異動に合わせて異動対象者の顔写真のデータを報道各社にメールで送った際、このうち1人の白いワイシャツの部分に、「死ね」や「呪」という白い文字が書き込まれていたものです。
警察は職員による悪質ないたずらとみて調べていましたが、警察署に勤める50代の男性警部補が平成26年、県警察本部に勤務していた時に、職場のパソコンで画像を加工していたことが分かったということです。
このため、警察は19日付けで戒告の懲戒処分にしました。
調査に対し警部補は「恨みがあった。組織にも本人にも迷惑をかけてしまった」と話し、依願退職したということです。
警察によりますと、いたずらをされた幹部がパワハラをしていた事実はなく、警部補が逆恨みをしていたとみています。
岐阜県警察本部の田代成樹首席監察官は「今回のような事案が発生したことは誠に遺憾だ。職員の指導監督と県民の信頼回復に努めたい」とコメントしています。

岐阜新聞→県警幹部写真に「死ね」「呪」 50代警部補を戒告

県警幹部写真に「死ね」「呪」 50代警部補を戒告 2019年04月20日 07:54
「死ね」「呪」と書かれた県警幹部の顔写真の一部
 岐阜県警の春の定期人事異動で、報道各社に配布された異動対象者の顔写真の画像データの一部に、「死ね」などの文字が書き込まれていた問題で、県警監察課は19日、データを不適切に取り扱ったとして、県内の警察署勤務の50代男性警部補を戒告の懲戒処分とした。警部補は同日付で依願退職した。
 同課によると、元警部補は2014年10月、当時所属していた県警本部内の職場で、パソコンの画像処理ソフトを使って人事管理用の写真を加工するなどしたという。元警部補は「個人に対する恨みだった。迷惑をおかけしました」などと話しているという。同課の調査で、他にも何らかの加工がされたデータが複数枚見つかったが、誰が加工したかは特定できていない。
 問題の写真は今年2月、県警が発表した春の人事異動で、報道各社にメール送信された幹部の顔写真の中に含まれ、異動対象者の1人の白いワイシャツの部分に、白い文字で二つの「呪」と「死ね」の文字が書き込まれていた。
 田代成樹首席監察官は「今回のような事案が発生したことは誠に遺憾。職員の指導、監督に努め県民の信頼回復に努める」と話した。
「同課の調査で、他にも何らかの加工がされたデータが複数枚見つかったが、誰が加工したかは特定できていない。」w

DOS/Rovnix.VてStuxnetの部品なんじゃね

50代警部補を戒告処分=幹部の顔写真に「死ね」-岐阜県警 2019年04月19日20時42分
 報道機関に配られた岐阜県警幹部の顔写真データに「死ね」などの文字を加え、警察官の信用を失墜させたとして、県警は19日、警察署勤務の50代の男性警部補を戒告の懲戒処分にした。警部補は同日付で依願退職した。
 県警によると、警部補は2014年10月、公務中に自身の業務に使うパソコンで、写真データに「死ね」「呪」などの文字を書き加えた。
 今年2月に問題発覚後、県警監察課が調査を進め、警部補を特定した。理由について、「個人に対する恨みだった」と説明し、「表に出るようなものとは知らなかった」「迷惑を掛けた」と話しているという。
 田代成樹首席監察官の話 誠に遺憾。より一層職員の指導監督に努める。

人事写真に「死ね」の文字 岐阜県警、報道機関に配布
2019/2/28 19:52 ©一般社団法人共同通信社
岐阜県警が報道機関に配布した人事異動の顔写真データに書き込まれた「死ね」や「呪」の文字(県警提供)
 岐阜県警が春の人事異動の資料として報道機関に配布した顔写真データの一部に、「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていたことが28日、分かった。県警は職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて、調べる。
 県警は2月15日、人事異動を報道機関に発表し、顔写真データを報道各社に送った。このうち1人の白いワイシャツの上に「死ね」や「呪」と書き込まれていた。
 警務課によると、同課が保管するデータにも同様の文字があったという。
「警務課によると、同課が保管するデータにも同様の文字があったという。」w

ベッキーつか、セレブライトだわ。本当はFBIと書き込みたかったはずw
裏金事件で総務部長を殺害して自殺に見せかけて廊下に吊した犯人の黒幕が誰かやっとわかった。
2015年クリスマスにネットスクリーン(ScreenOS)の裏口、年明けにトレンドマイクロの裏口発表は中国への事業譲渡の布石

総務省→NICT→IoT無差別侵入調査→県庁無線LAN→総務事務センター→岐阜県警本部だなw
NICT(総務省)がIoT無差別侵入調査を口実にサイバー攻撃を開始。おまいらは本当に政府なのか?ありえないだろw

なので、これもふつうに澤田純w
澤田純→NTTデータ→FBIアカデミー→北朝鮮大使館襲撃…w
スペインの首都マドリードにある北朝鮮大使館をFBIが襲撃w

たぶん「呪」の文字は、ドワンゴの「呪怨」のことだw。パチスロの機種名w。なんてわかりにくいw

パチスロ 呪怨 		(C)東映ビデオ株式会社/「呪怨」制作委員会/「呪怨2」制作委員会/DWANGO Co.,Ltd., (C)Fuji Shoji
【パナマ文書】名古屋市地下鉄車掌とパチンコ関連機器販売会社の営業がパチンコ景品店に強盗…w

異動顔写真データに「死ね」の文字 岐阜県警が報道各社に配信 2019年2月28日 17時55分
岐阜県警察本部の幹部人事をめぐり、報道各社に配られた顔写真データの一部に「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていたことが分かり、警察は、職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べています。
岐阜県警察本部は今月15日、警部以上の幹部人事を発表し、顔写真のデータを報道各社にメールで送りました。
NHKが画像を調べたところ、このうち1人の白いワイシャツの部分に白い文字で「死ね」や「呪」という文字が書き込まれていたことが分かりました。
文字はワイシャツの色と重なっているため、一目では分かりにくいものの、画像を大きく拡大すると文字が浮き上がるように見えてきます。
県警察本部によりますと、データは、異動前の部署から本部の警務課に提出されたあと、広報県民課が報道各社に送っていて、警務課が保存している画像にも同じ文字があったということです。
文字がいつの時点で書き込まれたのかは分かっていませんが、警察は、職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べています。

幹部の写真に「死ね」「呪」の文字 岐阜県警が報道提供 2019年2月28日19時43分
写真・図版 白いシャツの部分に白い文字で「死ね」「呪」と入っている(岐阜県警提供)
 岐阜県警が今春の人事異動の発表に伴い、報道機関に提供した幹部の写真データの一部に「死ね」「呪」の文字が写っていたことが、県警への取材でわかった。県警は、内部の悪質な嫌がらせの可能性があるとみて経緯を調べる。
 写真は、県警警務課が人事異動を報道機関に発表した2月15日、広報県民課を通じて各社に送ったメールに添付されていた。このうち幹部1人の写真に「死ね」の文字のほか、「呪」の文字が二つ入っていた。白いワイシャツ部分に白い文字で写っているため、すぐには分からないようになっている。県警は「提供する際には気づかなかった」と説明している。
 警務課によると、文字は課内で保存する元データにも残っていたという。前年度の人事異動の際に提供した同じ幹部の写真には写っていなかった。今回の写真は、前年度のものとは別の写真だという。

幹部の顔写真に「呪」や「死ね」の文字 岐阜県警異動で報道各社に送信 毎日新聞2019年2月28日 20時29分(最終更新 2月28日 21時17分)
岐阜県警が報道各社に配布した写真=岐阜県警提供
 岐阜県警の幹部の人事異動を巡り、報道各社に送信した幹部の顔写真の一部に、「呪」や「死ね」の文字が書き込まれていることが28日、分かった。県警は、職員による悪質ないたずらの可能性もあるとみて調べている。
 県警は2月15日、警部以上の幹部人事を報道機関に発表した。その際に、新聞社やテレビ局に警視以上の顔写真データをメールで送信した。毎日新聞が写真データを調べたところ、うち警視1人のワイシャツ部分に「呪」「死ね」の文字が白色で書き込まれていることが分かった。
 県警によると、写真データは異動前の部署から警務課に提出された後、広報県民課が報道各社に送信した。警務課が保存する元の画像にも同様の文字があるという。
 データは、異動前の部署や警務課、広報県民課の一部職員しかアクセスできない状態だったといい、県警は内部調査を進める。【横田伸治】

あ、ビビが汚職で起訴されたw
なんだ?杉原千畝のフィクションがバレーた?w

「命のビザ」植林が消失=杉原千畝記念碑も所在不明-イスラエル 2019年02月12日17時56分
第2次大戦中に「命のビザ」を発給し、多くのユダヤ人を救った故・杉原千畝(岐阜県八百津町提供)
 【エルサレム時事】第2次大戦中に「命のビザ」でユダヤ人数千人を救った外交官杉原千畝(1900~86年)を顕彰し、イスラエル中部で植林された松など400本の少なくとも一部が消失し、現地に建立された記念碑も撤去され、所在不明になっていることが12日分かった。複数の関係者が明らかにした。伐採された可能性が高い。
〔写真特集〕杉原千畝氏
 ナチス・ドイツの迫害からユダヤ人を救った杉原千畝はイスラエルで英雄視され、85年にイスラエル政府から「ヤド・バシェム(諸国民の中の正義の人)賞」を贈られた。中部ベトシェメシュ近郊で同年に行われた植林には、ビザ発給で一命を取り留めた人々やその親族が参加。植林支援のため、日本から寄付金も贈られた。
 植えられた木はその後、周辺の樹木と区別がつかないほどに大きく成長したが、15年ほど前の宅地造成工事に伴い、少なくとも一部が伐採されたとみられる。杉原の業績と植樹に関する説明を記していた石の記念碑もその際、破壊された可能性があるという。  国土の多くが砂漠で、植林を重視するイスラエルで記念樹が伐採されるのは異例だ。植林を管轄する準政府機関ユダヤ民族基金は先月、実態解明に向けた調査を開始した。

イスラエル中部ベトシェメシュ近郊の杉原千畝を顕彰する植林があった場所から撤去され、所在不明となった記念碑=1985年撮影(関係者提供・時事)
 85年、当時病床にあった杉原千畝に代わり、ベトシェメシュでの植林記念式典に参加した四男伸生さん(70)=ベルギー在住=は「植林には人間の命がこもった木を皆で植えたという意味があった。後世への希望が刈り取られ、記念碑が捨てられてしまったのが悲しい」と落胆している。イスラエル国内外のユダヤ人社会からも、木や記念碑を守れなかったことに強い批判の声が出そうだ。(2019/02/12-17:56)
「植えられた木はその後、周辺の樹木と区別がつかないほどに大きく成長したが、15年ほど前の宅地造成工事に伴い、少なくとも一部が伐採されたとみられる。杉原の業績と植樹に関する説明を記していた石の記念碑もその際、破壊された可能性があるという。」w

イスラエルがディアスポラのプロパガンダに利用されてることに勘付いたw。 そしてビビが起訴されるw

ビビが汚職で起訴されるw。最終章がはじまる。ビビはトリではないw…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。