弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【劇団ゴン】ビデオで語りかける「日産はいったい何を恐れたのか?」…update4

【「日本がはたして本当に人権が保障された民主主義国家であるのかという驚きや批判の声」…同種の事件を分割して逮捕・勾留を繰り返す手法や、取り調べに弁護士が立ち会えない…長期の身体拘束は「自白獲得の手段と評価されてもやむを得ない」推定無罪の原則や拷問の禁止といった国際人権基準に違反…】


【これは、「陰謀」、「謀略」、「中傷」ということです。】


【なぜか。なぜ、このようなことが起きたのか。】


【それは、何よりもまず、「恐れ」があったということです。】


【アライアンスの次のステップ、統合、すなわち合併に向けて進むということが、】


【ある人たちには確かな脅威を与え、】


【それがゆくゆくは日産の独立性を脅かすかもしれないと恐れたのです。】


【ところが、日産の独立性は、このアライアンスが誕生してから19年間】


【一度たりとて脅かされたことなどありません。】


【私はこれまで日産の独立性を最も強力に守ってきました。】


【数名の幹部、つまり、明らかに自分たちの利益のため、】


【そして、自分勝手な恐れを抱いたために、】


【会社の価値を毀損している人たちのことを指しています】

日産はディープステイトの司令塔だった。日産が恐れたのはのディープステイトの解体だw。 自動車の製造とは関係ないし、自動車会社の経営とも関係ない…w

カルロスゴーン逮捕の数ヶ月前に日産が経産省に介入を要請w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。