弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

濃縮ウラン核弾頭を原料にした「ウラン燃料」 update11

GE日立核濃縮合弁会社(GE-Hitachi Global Laser Enrichment Facility LLC/GLE)が米露の濃縮ウラン核弾頭を「ウラン燃料」と称して生産する計画があることがNRCのADAMSのドキュメントから判明。


44ページ。

FEIS Question No. 18: Downblended highly enriched uranium (HEU) is eliminated in the NRC Staff’s analysis as a source of enrichment services for reasons of viability, reliability, and competition. In the Shaw AREVA MOX Services (Mixed Oxide Fuel Fabrication Facility) case, the NRC Staff supported an application for a facility producing downblended HEU. Explain why downblending HEU is not considered a viable or reliable alternative and is not considered in the alternatives analysis. (EIS, 2-50)
「FEIS 質問18:濃縮サービスとして製造可能で信頼性があり競争力のある高濃縮ウラン(HEU)のダウンブレンドが NRC職員の分析から除外されている。ShowアレバMOXサービス(MOX燃料工場)ではNRC職員はHEUの ダウンブレンドの製造施設への転用を認めている。製造可能で信頼性のあるHEUのダウンブレンドが 検討されてなく、別途分析としても考慮されてないのか説明して欲しい。(EIS, 2-50)」

核爆発した3号機で使用されていたのもMOX燃料。これはもう大反対される。
しかしヒラリー・クリントンとセルゲイ・ラブコフがコミットした34トンのノルマがある。
U.S., Russia Reaffirm Commitment to Dispose of Enough Plutonium for 17,000 Nuclear Weapons


Press Release
Jul 13, 2011

WASHINGTON, D.C. – The National Nuclear Security Administration (NNSA) today announced the formal entry into force of the amended Plutonium Management and Disposition Agreement (PMDA) after an exchange of diplomatic notes this afternoon by Secretary of State Hillary Clinton and Russian Foreign Minister Sergey Lavrov at the State Department. The United States and Russia reaffirmed their commitment to each dispose of no less than 34 metric tons each of their surplus weapon-grade plutonium by irradiating the plutonium as mixed oxide (MOX) fuel in nuclear power reactors. The material to be disposed under the Agreement is enough for 17,000 nuclear weapons.

Over the last year, the amended PMDA has been provisionally applied by the U.S. and Russian governments and has now been ratified by action of the Russian Duma and by Russian President Dmitri Medvedev’s approval on June 3, 2011. The two countries have today exchanged diplomatic notes bringing the agreement into full effect.

“This milestone marks important progress on U.S. and Russian commitments to eliminate nuclear weapons material,” said Laura Holgate, Senior Director, WMD Terrorism & Threat Reduction at National Security Council. “Such eliminations are the ultimate in improving nuclear security, as they permanently remove the threat of theft or misuse of nuclear material, at the same time reducing the burden of securing materials.”

“I am pleased that the United States and Russia are formally moving forward with their plutonium disposition partnership,” said Anne Harrington, NNSA’s Deputy Administrator for Defense Nuclear Nonproliferation. “As we work to implement the unprecedented nuclear security agenda outlined by Presidents Obama and Medvedev, NNSA looks forward to working with the Russian State Atomic Energy Corporation ‘Rosatom’ to implement the next phase of cooperation under this amended Agreement.”

First signed in September 2000, the PMDA was amended in April 2010, by a Protocol signed by Secretary of State Hillary Clinton and Russian Foreign Minister Sergey Lavrov on the margins of President Obama’s Nuclear Security Summit in Washington D.C. This Protocol codified a revised Russian plutonium disposition program based on using fast reactors for irradiating the plutonium and operating under strict nonproliferation conditions. According to the amended PMDA, the United States will provide up to $400 million to support plutonium disposition in Russia, subject to future appropriations, and Russia will fund the balance of its disposition program, estimated to be more than $3 billion. NNSA and its Russian counterpart, Rosatom, will also jointly seek international contributions for Russia’s program.

To implement U.S. plutonium disposition, NNSA is overseeing the construction of three major facilities at the Savannah River Site: the MOX Fuel Fabrication Facility; the Waste Solidification Building; and a pit disassembly and conversion capability. At the same time, Russia is making significant investments in its MOX fuel fabrication capabilities and construction of the BN-800 fast reactor (both currently scheduled to become operational in 2014). Under the amended PMDA, both countries will begin disposition in 2018.

Follow NNSA News on Facebook, Twitter, YouTube, and Flickr.

Established by Congress in 2000, NNSA is a semi-autonomous agency within the U.S. Department of Energy responsible for enhancing national security through the military application of nuclear science in the nation’s national security enterprise. NNSA maintains and enhances the safety, security, reliability, and performance of the U.S. nuclear weapons stockpile without nuclear testing; reduces the global danger from weapons of mass destruction; provides the U.S. Navy with safe and effective nuclear propulsion; and responds to nuclear and radiological emergencies in the U.S. and abroad.

核軍縮とはプルトニウム(長崎型)核弾頭をMOX燃料にするか、広島型核弾頭の濃縮ウラン(HEU)をウラン燃料に濃度を下げて(Downblend)原発の核燃料にすることだった。

  • ウラン鉱石を濃縮したウラン燃料
  • HEU核弾頭をダウンブレンドしたウラン燃料
  • 長崎型核弾頭の濃度を下げた兵器級プルトニウムMOX燃料
  • 使用済み核燃料から抽出した原子炉級プルトニウムMOX燃料←実はこれがいちばん危険

Shaw AREVA MOX Services (Mixed Oxide Fuel Fabrication Facility)はSC州のサバンナリバー(SRS)に2016年完成予定のMOX燃料工場
さらに六ヶ所村再生工場隣にMOX燃料工場を建設中
なぜか2つのMOX工場の稼動開始は同じ2016年。
SRSのMOX工場は2013年予算がなくなり計画が頓挫。

役人は表面的な書類のチェックしかしない。だから「ウラン燃料」で通すんだろ。
たとえそれが核弾頭をダウンブレンドしたものでも「ウラン燃料」は「ウラン燃料」だから認可みたいな。
つまり、米のターゲットはまたしても日本。

GE-Hitachi Global Laser Enrichment LLC(GLE)のレーザー濃縮はプルトニウムやウランの同位体分離濃縮の手段。
GE日立連合はBWRの担当。MOX燃料使用の3号機プールが核爆発を起こした。再処理プルトニウムは中性子が強過ぎるからだ。これではBWRでMOXを燃やすことは不可能。そこで再処理プルトニウムから不純物である中性子放射核種を分離し再処理プルトニウムのMOX燃料の安全性を高めようとしてるのだろう。

2011年11月1日 FOEのトム・クレメンツがNRCへのメール。兵器級プルトニウムMOXはBWRで実績がない。TVAのMarkⅠ型とコロンビアのMarkⅡ型でもCatawba原子炉(PWR)と同じ18ヶ月x3のテスト実施を要請。
18ヶ月間MOX燃料を燃やし続けるテストを3回繰り返す。原子力潜水艦のPWRで使うためのテストか。テストに使用したDuke EnergyのCatawba原発もPWR。横須賀の空母もPWR。

2011年9月1日 FOEのトム・クレメンツがNRCへのメールで3号機のMOXは兵器級ではなく原子炉級プルトニウムだったと記述。その根拠がnuclearstreetの記事。どこにもそんなこと書かれてないけど。
FOEのトム・クレメンツは2011年7月7日には、そんな事を言ってなかった。

NRCのドキュメントを時系列に見るとトニー・クレメンツが変節したのはGE-Hitachi Global Laser Enrichment Facility LLCの監査に組み込まれたからだ。つまり兵器級プルトニウムより原子炉級プルトニウムのほうがものすごく危険であることに気付いたからだ。

米の34トンの核廃棄動向をみて日本は核武装論などと言い出してる。プルトニウムは原子炉級はコストもかかり廃棄物も大量にでてかつ暴発リスクが大きい。兵器級は安定していて薄めればMOX燃料にできるのでコストもかからない。

「思いやり予算」のような「思いやり兵器級MOX燃料のテスト」をしてたのかと思っていた。 実際は逆で兵器級の方が安定して安全。 3号機プールが核爆発してしまったのでより安全な兵器級MOX燃料をBWRで燃やす計画か。

兵器級濃縮ウラン(HEU)のウラン燃料の実績はあるのかな。

東電は311後にミサイルを打ち込まれた言ってた証言がある東電は燃やしてる原子炉級プルトニウムのMOX燃料がミサイルより危険だと知らなかったのだ。

ジム・ストーンにTVAのBrowns Ferry原発のエンジニアが登場。このBrowns Ferry原発(GE Mark I BWR)で兵器級プルトニウムのMOX燃料を燃やす予定があった。Magna BSPへスピンしてたのはTVAが商用原発で兵器級プルトニウムと水爆用トリチウムを製造してるからだな。

Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium(1994)

ML12123A349の76/212ページにFEIS Question No. 18の回答が載っている。

In the Matter of GE-HITACHI GLOBAL LASER ENRICHMENT LLC (GLE Commercial Facility)
NRC STAFF RESPONSE TO THE LICENSING BOARD’S INITIAL QUESTIONS
Docket No. 70-7016-ML ASLBP No. 10-901-03-ML-BD01
May 2, 2012

Response No. 18 (H. Avci): The reasons for eliminating the downblending of highly enriched uranium (HEU) as a viable or reliable alternative source of low-enriched uranium (LEU) for commercial nuclear power reactors are the following: (1) this alternative would not satisfy the U.S. national energy security policy objective of having a domestic supply of enriched uranium; and (2) sufficient quantities of HEU are not available for the commercial nuclear power reactors in the U.S., as discussed in the next paragraph.
「回答18(H.Avci):製造可能で信頼性のある低濃縮ウラン(LEU)の代替資源として、商用原子炉で使用する HEUのダウンブレンドしたウラン燃料をNRCが監査対象から除外した理由は、
(1)この代用は濃縮ウランの米国内供給を規制する米国家エネルギー安全保障政策に違反しない。
(2)以下で説明するようにHEUは米国の商用原発で使用可能なほどじゅうぶん量がない。」

As discussed in Section 1.3.1 of the FEIS, the Megatons-to-Megawatts Program, which uses foreign-origin HEU for downblending and provides about 37 percent of U.S. demand for enriched uranium, is expected to expire by 2013. In addition, the quantities of domestic-origin HEU for downblending are determined by the National Nuclear Security Administration (NNSA). Recent NNSA estimates indicate that a total of 209 metric tons (MT) of U.S.-origin HEU has been declared surplus to U.S. defense needs and designated for downblending. To date, more than half of this HEU has been downblended. If one assumes that approximately 100 MT of HEU remains for downblending in the U.S., and that the enrichment level of the HEU is 90%, the equivalent quantity of LEU with an enrichment level of 5% would be approximately 1,800 MT. A typical commercial reactor uses approximately 20 MT of LEU per year for fuel (p. 14 of the Blue Ribbon Commission on America’s Nuclear Future Report). At that rate, the LEU requirement for a commercial reactor over a 40-year lifetime would be 800 MT. If the reactor is granted a license renewal, the amount of LEU needed to operate one reactor over a 60-year
「FEISの1.3.1章で説明されてるように、海外製造のHEUのダウンブレンドと米国内の濃縮ウラン需要の 37%を供給していたメガトンメガワット計画は2013年の終了を見込まれてる。 加えて米国内HEUのダウンブレンドの生産量はNNSAにより決定されている。 直近のNNSAの見積もりでは209MT(209トン)の米国製HEUが国防用途で余剰と宣言され ダウンブレンドが計画されている。最近では半分以上のHEUがダウンブレンドされた。 約100MT(100トン)のHEUが米国内でダウンブレンド用途として残っていると仮定すると、 HEUの濃縮度は90%なので、5%濃縮のLEUの1800MT(1800トン)の量に相当する。 典型的な商用原発は1年間にLEUを約20MT使う。(14ページのブルーリボン委員会将来報告) この消費量だと商用原発が40年以上の寿命で消費するLEU量は800MTで、 60年の延長許可申請した場合は1200MTになる。 このような理由で米の余剰HEU(1800MTのLEUに相当)は1つか2つの原発を寿命(耐久年数)の間運転できる。」

The Mixed Oxide Fuel Fabrication Facility (MOX FFF) uses surplus plutonium and depleted uranium dioxide to make MOX fuel that could be used at commercial nuclear power reactors authorized to use such fuel. The MOX FFF does not downblend HEU. Also, the MOX FFF was intended only to fulfill U.S. non-proliferation objectives.in particular, as part of DOE’s strategy to address the U.S. stockpile of surplus plutonium to make sure that it is not able to be used in nuclear weapons. The MOX FFF was not intended to have commercially viable operations outside of its DOE non-proliferation objectives.
「MOX燃料製造施設(MOX FFF/MOX Fuel Fabrication Facility)は余剰プルトニウムと劣化ウランから 許可された商用原発で使うMOX燃料を製造する。MOX FFFはHEUのダウンブレンドはしない。 そしてまたMOX FFFは米の核非拡散目的を満たすためだけの施設だった。特にDOEの方針の一環で 核兵器に使うことができない余剰プルトニウムの米国内量の確認してる。 MOX FFFはDOEの核非拡散目的を超えて商用に製造運転する意図はない。」

Further, the amount of surplus plutonium that was considered within the scope of the FEIS for the MOX FFF was 34 MT. The final blend for the MOX fuel would have a plutonium content of 2.3% to 4.8%. As a result, the total amount of MOX fuel produced by the MOX FFF would be approximately 700 . 1500 MT. In light of these quantities, and because the majority of the commercial reactors operating in the U.S. (and all of the current designs for new commercial reactors) are not proposing to use MOX fuel, the NRC staff concluded that using MOX fuel, instead of LEU, for commercial reactors was not a viable or reliable alternative, and thus the NRC staff did not analyze it in the FEIS’s alternatives analysis.
「さらに言えばMOX燃料工場(MOX FFF)でFEISの範囲内で使用する余剰プルトニウムは34MT。 MOX燃料は最終的に2.3%から4.8%のプルトニウムを含むのでMOX燃料工場は最終的に700から1500MTを生産する。 魅力的な量だが米の大部分の商用原子炉(新しく建設中の原発の設計を含めて)ではMOX燃料を提案しない。 NRC職員はMOX燃料はLEUの代用として信頼できる手段にはならないと結論付けた。 なのでNRCはFEIS質問の調査を行わなかった。」 NRCがライセンス延長して1つの原発を60年稼動させて1200MT消費。余剰HEUは1800MTのLEUに相当。1つか2つの原子炉を建設して寿命を終えるまで稼動させることができる。」

つまり米で燃やさないMOXは日本で燃やされている。

NRCが米国内の原発では危なくて使わないと言ってる。 700から1500MTのMOX燃料はどこで使われるか。 フルMOXの大間原発か、それとも3分の1か4分の1MOXとHEUのダウンブレンドを日本国内の原発で使うのか。 ベトナムか、リトアニアか、中国か。 その前にテストはどこでやるのか。フクイチのBWR3号機は吹き飛んでしまったぞ。

この18番の回答をした人はAvci, Halil Iというアルゴンヌ国立研究所の人。メルアド[avci@anl.gov]

財団法人安全保障貿易情報センターの2009年9月の輸出管理関連主要情報

2009/9/22 【露の高濃縮ウラン転換計画、75%が完了】 米国は、露との間で締結された1993 年の合意に基づき 兵器用高濃縮ウランを原発用に燃料化して受領しているが、計画の75%が完了したとされる。 Megatons to Megawatts 計画と呼ばれる同計画は、2013 年までに核弾頭20,000 発分ともされる 500t の兵器用高濃縮ウランを低濃縮化、米商用炉で使用するもので、これまで露に85 億ドルの資金を提供し、 375t の高濃縮ウランに相当する11,000t の燃料を受領してきたという。 (GSN 2009/9/23)

2013年に終わるのかと思ったら2022年まで延長したらしい。 ML12047A040の63/537ページ。

As discussed, the Megatons-to-Megawatts Program is set to end in 2013. In March 2011, USEC Inc., signed an agreement with a Russian corporation, JSC “Techsnabexport” (TENEX), for LEU to be supplied to USEC from Russian commercial enrichment activities (USEC, 2011a). Under the terms of the agreement, the supply of LEU to USEC will begin in 2013, with the expectation that by 2015, the level of supplied LEU will be approximately one-half the current level supplied under the Megatons-to-Megawatts Program. The level of supplied LEU could eventually meet that supplied under the Megatons-to-Megawatts Program under options in the agreement. Deliveries under the agreement are expected to continue through 2022 (USEC, 2011a; USEC, 2011b.)
Uranium prices to firm up in 2013 22 Mar 2012
メガトンメガワット計画(Megatons-to-Megawatts Program)が2013年に終了するのでウランのポンド単価が52ドルから70-80ドルに上昇するという陽動記事。で、計画は2022年まで延長。露の核弾頭をダウンブレンドしてウラン燃料にする商売はウマーでやめられない。

露のHEU核弾頭のダウンブレンドって1995年から原発で燃やしてる。実績がありNRCのお墨付き。w
Military Warheads as a Source of Nuclear Fuel (updated 18 July 2012)

東芝ら、米国のウラン濃縮会社USECと出資契約を締結 2010/05/26

東芝では、これまでカザフスタンのハラサン鉱山プロジェクトへの参画、カナダのUranium Oneのウラン権益の取得、原子燃料の製造を行う英国Springfields Fuel(SFL)の事業獲得、ロシアのTechsnabexport(TENEX) との原子燃料分野における協力など、フロントエンド事業強化を進めてきた。

同社では今回のUSECへ出資を行うことで、これまで構築してきた事業体制とともに、原子力フロントエンド事業の一貫体制を確立し、原子燃料供給体制をより一層強化することができ、原子力発電所の新設需要に対応しながら世界の原子燃料サイクルのさらなる安定化に向けて貢献できるものと考えているとしている。

日立→GLE→兵器級プルトニウムから製造したMOX燃料ともっと危険な原子炉級プルトニウムのMOX燃料
東芝→USEC→濃縮ウラン(HEU)核弾頭をダウンブレンドしたウラン燃料
きれいに住み分けが決まってると言う事は経産省が行政指導してるのか

工作員必死ですな。

これは2003年の槌田氏のレポートの話が消えたので こっち

現実的に日本の核武装の可能性を探るスレ Part19

530 :名無し三等兵:2012/08/27(月) 23:07:32.68 ID:???
    >>520
    『原子炉級プルトニウムで、核兵器は製造できるか?(2)』
    http://www.env01.net/ss03/ss03041.htm(名城大学 槌田敦)

    >しかし、軍用プルトニウムは原子炉で作るといっても、いわゆる軽水炉から得られるプルトニウムでは、
    >プルトニウム239が濃縮度60%程度でしかなく、これでは到底核兵器を作ることはできません。
    >その理由はいくつもありますが、たとえば不純物プルトニウムをたくさん含むので原爆はすぐに劣化してしまうのです。
    >また爆弾が大きくなり過ぎて運ぶことができないのです。さらに不純物プルトニウムの放射能のため発熱量が大きいので、
    >まわりを包む爆薬が自然爆発する心配もあります。アメリカの最初のプルトニウム原爆は濃縮度が94%程度というのですが、
    >重量は5トンもあってB29という大型の飛行機が必要でした。そして発熱量が大きくて、この爆弾を触った人が後で証言しています。
    >「何か、生きたウサギを触っているようで温かかった」と。

    >ところで、軽水炉から作るプルトニウムが、まったく原爆に使えないという訳ではありません。
    >軽水炉で得られるプルトニウムの濃縮度は60%ですが、これをレーザー濃縮で94%以上に高めればよいのです。
    >しかし、どうやらこれは失敗したらしいのです。アメリカはこのレーザー濃縮でウランを濃縮するといっていましたが、
    >中止してしまいました。日本もウランのレーザー濃縮については研究さえ中止しました。
    >ウランも濃縮できないような方法がプルトニウム濃縮に使える筈もありません。
    >結局、軽水炉から得られるプルトニウムは利用価値がないことになったのです。
    >発電用として使うには費用がかかり過ぎ、軍用にも使えないので、日本以外の国では、使用済み核燃料は再処理せず、すべて廃棄する方針です。
この工作員も必死w

2003年から10年。どうやら日立は軽水炉由来のプルトニウムをレーザー濃縮で94%以上に高める方法を確立してしまったようだ。兵器級よりもっと危険な再処理プルトニウムのMOX燃料化にチャレンジしてたのかとも思ったけど、後で理由が判明する。

GLEがUSECの後釜になり、DoEとTVAと核兵器製造に参加しようとして米会計検査院(GAO)から違法性を指摘されてる。GE日立がやろうとしててたのは兵器級プルトニウムの濃縮だ。

米DOEは余剰兵器級プルトニウムをMOX燃料をして使用する審査を無期延期。

兵器級プルトニウム由来のMOX燃料を燃やそうとしてたのはTVA。トムクレメンツが危険だからやめろと主張。3号機で燃やしていたのは試用版のMOXいうドキュメントもNRCにあった。ジムストーンの後ろにいたものTVAの技術者。TVAは兵器用トリチウムも生産してる。

ま、これで核弾頭サイクルも、核燃料サイクルも終わりですな。

原子炉級プルトニウムはMOX燃料に適さない。 なので核弾頭由来だから危険で再処理して抽出したプルトニウムだから安全と言うのは完全な先入観。実際は逆だった。

MOX工場の建設許可を10年延長。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 許可