弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

英政府がファーウェイを認可するとプーさん(習近平)の森が燃えて英国防相が更迭される怪。2月にもファーウェイのリスクは管理可能と発表したらプーさんの森でボヤ騒ぎw。update5

ファーウェイ、英に半導体拠点 5G採用へ、貢献アピールか
2019/5/4 20:48 ©一般社団法人共同通信社
ファーウェイ本社敷地内にあるビル=2018年12月、中国・深セン(共同)
 【ロンドン共同】中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は4日、英南部ケンブリッジに半導体の開発拠点を設けることを明らかにした。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版によると、2021年までに運営を開始し400人を雇用する見通しだ。近く詳細を公表する。
 英国は第5世代(5G)移動通信システムの採用を巡って、ファーウェイ製品を認めるかどうか詰めの議論をしている。欧州連合(EU)離脱の混乱で英国への投資を見直す企業が多い中、経済への貢献をアピールし採用につなげる狙いとみられる。
 ファーウェイは昨年、英国に5年間で約4400億円を投じると発表していた。

英首相 国防相を更迭 ファーウェイめぐり政府の情報漏えい 2019年5月2日 9時23分
次世代の通信規格「5G」の整備でイギリス政府が中国の通信機器大手ファーウェイの参入を認めることになったと先月、一部のメディアが報じました。メイ首相は、ウィリアムソン国防相が政府の会議の内容を漏らしたとして更迭しました。
先月、イギリスの一部のメディアは、5Gの通信網の整備で、イギリス政府が中国のファーウェイ製品を、重要分野を除いた限られた部分で受け入れる方針だと報じました。
イギリス政府は、国家安全保障会議で協議した内容が漏れたとみて調査を進め、メイ首相は1日、情報漏えいにウィリアムソン国防相が関わった証拠が得られたとして更迭しました。
メイ首相は、「もはや国防相として全面的に信頼することはできないという結論に達した」と指摘しています。
ウィリアムソン国防相は、情報漏えいに関わったことを強く否定しています。
5Gの整備をめぐってアメリカは、中国企業には安全保障上の懸念があるとして、イギリスなどの同盟国や友好国にファーウェイなどの製品を排除するよう求めていました。
EU=ヨーロッパ連合からの離脱をめぐって政治の混乱が続くさなかに、閣僚が情報漏えいで解任される事態が重なり、メイ首相の統率力も問われているという見方も出ています。

「プーさんの森」が火事、英南部 物語のモデル、2月にも一部焼失
2019/4/29 21:22 ©一般社団法人共同通信社
 【ロンドン共同】英児童文学の代表作「くまのプーさん」で、物語に出てくる森のモデルとなった英南部アッシュダウンの森で28日夜に火災が発生した。地元消防当局によると、29日までに鎮火し、森の一部が焼けた。出火原因は不明。けが人の情報はない。
 ディズニー作品として知られるくまのプーさんの原作は、英作家A・A・ミルン(1882~1956年)が幼い息子のために書き下ろし、26年に出版された。ミルンは当時、森に近いハートフィールド村で週末や休暇を過ごしていた。
 アッシュダウンの森は、今年2月にも火事で一部が焼失した。

この「プーさん」て習近平のこと?w

なぜプーさんの森で再び火災が起きたのか?その理由がこれ…。

2月にファーウェイのリスクは管理できると発表したらプーさん森でボヤ騒ぎ…

ファーウェイのリスクは管理できるとUKサイバーセキュリティ主任…

これは「聖なる火」じゃないんじゃね?
「経産省の火」?いやいや「外務省の火」だわw

ロンドンの日本大使館が中国脅威論を煽るためにヘンリー・ジャクソン・ソサエティ(HJS)に毎月1万ポンド払ってステマしてたことがマルコム・リフキン前外相の発言で発覚。土人は英EPR建設にも年金から凍死するのか。やるなー

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。