弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【劇団ゴン】久木元伸(くきもとしん)東京地検次席検事がG7と米海兵隊を敵にまわす。たぶんロシアとカナダもw update8

ザハロワ「日本の教科書ばかげている」w

日本の裁判手続きは「悪名高い」 米海兵隊の文書に記載
相原亮 2019年4月6日19時04分
写真・図版
ボートでの強襲訓練をする米海兵隊「第31海兵遠征部隊」(31MEU)の隊員ら(フィリピン海、米海兵隊提供)
写真・図版
市街地を模した施設で訓練する米海兵隊「第31海兵遠征部隊」(31MEU)の隊員ら(沖縄県内、米海兵隊提供)

 米海兵隊が、沖縄で新たに任務に就く隊員向けに作った1998年の「指示書」で、日本での裁判に至る手続きについて「悪名高い」などと説明していたことがわかった。在沖海兵隊トップのエリック・スミス第3海兵遠征軍司令官(中将)は取材に「失礼で誤解を生む表現だった」と話し、今ではそのような説明はしていないと強調した。
 指示書は、朝日新聞の情報公開請求に米海兵隊が公開した第31海兵遠征部隊(31MEU)に関する文書の中にあった。31MEUを構成する歩兵部隊は半年に一度、本国から沖縄に来る部隊と入れ替わる。指示書は98年5月の配備の部隊に対して作られたもので、服装や税関、荷物など入国に当たっての注意が並ぶ。
 このうち「日米地位協定」の項目で、「日本の法と、それが執行される方法は、アメリカの水準では厳しい」と記述。違法行為の場合、裁判にかけるかどうかを「決めるまでに長い時間をかけることで悪名高い」としていた。「日本の警察」の項目では「騒ぎを起こすようにみえた場合、警官はためらわず警棒で殴る」「逮捕や身体検査で抵抗すると殴られることになりやすい」などと記していた。
 スミス中将は取材に、これらの…
G7で仏外相に言われたあとに、こんどは米海兵隊に指摘されるw

劇団「ゴン」のおかげで日米地位協定が正当化されてしまうw。

たろう「おい、おまいら(外務省)。ゴン妻のパスポートを返してやれ。さもないと、おまいらにカレーで暗殺されかけたとG7で騒ぐからな。」w

仏「司法の独立性を尊重するから…」
たろう「わかりました。奥さんは出国させました。」w

ゴーン妻「身の危険感じた」米国のパスポートで出国[2019/04/08 05:55]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000151678.html
 日産の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の妻がフランスメディアに「身の危険を感じた」と話しました。
 キャロル夫人は5日夜に日本を出国して戻ったパリで、フランスの新聞の取材に応じました。そして、身の危険を感じて出国したことや、日本の検察にレバノンのパスポートを押収されたがアメリカのパスポートを使ったことなどを話しています。また、「最後の最後まで離陸させてもらえるのか分かりませんでした」と、逃避行のような出国だったと語りました。さらに、助けを求めたフランスのマクロン大統領からは「できる限りの手を尽くしている」との返事があったものの、その後は連絡がないとして、「皆、カルロス(ゴーン容疑者)を見捨てた」とも語っています。東京地検特捜部は夫人への事情聴取を検討していましたが、日本を出国したことで直接の聴取は難しい状況となっています。

再逮捕「司法の独立性を尊重」~仏外相
2019年4月7日 12時14分 日テレNEWS24
ゴーン容疑者の再逮捕について、フランスの外相は「日本の司法制度の独立性を尊重する」などと河野外相に伝えたことを明らかにした。
フランスのルドリアン外相は、G7(=主要7か国外相会合)にあわせて行われた日仏外相会談の中で、「日本の主権と司法の独立性を全面的に尊重する」と伝えたという。
フランスで、日本の捜査に対する批判が一部で起きていることに配慮したものとみられる。
一方、ゴーン容疑者は逮捕前、フランスのテレビ局のインタビューで、自身の権利を守るよう、フランス政府に要請したが、ルドリアン外相は会談で、「推定無罪の原則を尊重すべき」、「外国で逮捕されたフランス人は領事の保護を受ける権利がある」との認識も示したという。

仏外相「日本の主権尊重」 ゴーン元会長の再逮捕巡り ゴーン退場 自動車・機械 ヨーロッパ 2019/4/7 0:30
G7外相会合閉幕にあたって記者会見するフランスのルドリアン外相(6日、ディナール)=AP
画像の拡大
【ディナール(フランス北西部)=白石透冴】フランスのルドリアン外相は6日、再逮捕された日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)に関して「日本の主権と司法制度の独立性を尊重している」などと河野太郎外相に伝えたことを明らかにした。日本の捜査が公正ではないとの一部の仏世論に配慮したとみられる。
主要7カ国(G7)外相会合にあわせた5日の日仏外相会談で伝達したという。ゴーン元会長は4日の4回目逮捕直前、仏テレビの取材に「外国でこのようなことに巻き込まれた私と私の権利を守るため、訴えたい」など仏政府に何らかの介入を求めていた。
ルドリアン氏は「フランスは推定無罪の原則を重要と考えている」とも語った。ルドリアン氏の伝達について河野氏は記者団に「日仏関係に何か影響があることは全くない」と述べた。

ゴーン事件で「問題提起」=仏外相、河野氏に伝達
2019年04月06日07時24分
5日、フランス北西部ディナールでルドリアン外相(左)と握手する河野太郎外相(AFP時事)
 【ディナール(フランス)時事】河野太郎外相は5日、フランス北西部ディナールで開かれている先進7カ国(G7)外相会合に合わせ、ルドリアン仏外相と会談した。日本の外務省によると、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が再び勾留されたことに関し、ルドリアン氏から河野氏に「問題提起」がなされたという。具体的な内容について外務省は明言を避けた。
たろうはカレーwを注意されたのではなく、ゴンの人権をG7で問題提起されてしまったw。

このおっさんがやってるんだw。必死なとこみると上から脅されてるのだろうなw。

フランス同席のチリ検察当局のニコラスの尋問が終わったらゴンは再び保釈されるのだろう。でも欧は最大1年の延長とか言ってるのでゴンは出たり入ったり何度も繰り替えすことになるのだろう。ガンバレ劇団「ゴン」w

たぶん真相は弘中弁護士が久木元伸(くきもとしん)次席検事の声を代弁してるのではないか?w

おかやんが仙台高裁に異動になったら涌谷町長が死んでしまうしw、司法機関も行政機関(検察、警察)もテンパってるのは間違いないw

試験焼却で「使用する汚染牧草の放射性セシウム濃度を段階的に引き上げ」てたら宮城県涌谷町長が自殺した…

【ゴーン容疑者側の「裁判対策資料」まで押収した】w

資金源が判明してしまったピエール共産党w
「エダノン(タクシン)、タマキン(財務省ディープステイト)、どうすんの!」w

通訳の女の背後で進行するストーリーとピエールい共産党の資金源w

ロシアがカナダの総選挙に介入してくると警告するトレドw
ロシアってJAXAのこと?w

どうせ51対49のプログラムでサイバー介入しちまうんだから与党も野党も関係ないw

「エダノン(タクシン)、タマキン(財務省ディープステイト)、ピエール共産党、どうすんの!」w

仏独加「たろうさん。おねがいです。選挙にサイバー兵器で介入するのやめて貰えませんか?」
たろう「わかりました。その代わり旨いカレー屋さんを紹介してください。」
仏とカナダは(カレー屋)たろうが火消しw。独仏はEU議会選挙だな。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。