弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

福生病院の患者20人(13%)の決断…update19

「とうたすかかか」を解説。ボスミン注とリドカインと透析中止とLINEに書き込まれたの断末魔…

首都圏 NEWS WEB 透析中止 福生病院を遺族提訴へ 10月08日 16時41分
東京の公立福生病院で去年8月、人工透析が中止された女性患者が死亡した問題で、女性が「中止を撤回したい」と意思表示したのに無視したとして、夫らが病院側に対しあわせて2200万円の損害賠償を求める訴えを起こす方針を固めました。
この問題は去年8月、東京の公立福生病院で腎臓病を患っていた当時44歳の女性の人工透析の治療が中止され、1週間に死亡したものです。 女性の夫らの代理人の弁護士によりますと、当時担当の医師が女性に対し、首から管を入れて透析を続けるか、透析を中止するかの選択肢を示し、女性は同意書に署名して透析が中止されました。 その数日後に、女性が透析の中止を撤回する意思を示したのに、病院側がこれを無視し死なせたのは違法だなどとしています。 このため女性の夫ら遺族は、公立福生病院を運営する病院組合に対し、あわせて2200万円の損害賠償を求める訴えを今月中旬にも東京地方裁判所に起こす方針を固めました。 これに対して福生病院組合の代理人の弁護士は、「現時点ではコメントできない」と話しています。

透析中止・非導入 21人の同意書なし 都検査で判明 福生病院 4/10(水) 2:02配信 毎日新聞
立ち入り検査のため公立福生病院に向かう東京都の職員=東京都福生市で2019年3月6日、宮武祐希撮影
 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、透析治療を中止、または最初から行わない「非導入」で死亡した計24人のうち、21人の同意書(意思確認書)がなかったことが都の検査で判明した。都は9日、患者の意思確認が不十分だったなどとして医療法に基づき松山健院長を文書で指導し、改善に向けた報告書の提出を求めた。
 都は病院から提供を受けたカルテなどの関連資料を分析し、治療中止による死者4人、非導入による死者20人の事例を調べた。その結果、中止の1人、非導入の20人全員の同意書がなかった。非導入のうち3人には、同意したという記載がカルテになかった。
 病院に対し、都は(1)患者に適切な説明をして理解を得る(2)カルテなどの診療記録を正確に保存する――を指導した。同意書の取得に法的義務はないが、医療と人権に詳しい冠木(かぶき)克彦弁護士は「死ぬことが分かっている医療行為では、同意書は絶対に必要。インフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)になっておらず論外だ」と話す。
 また、昨年8月に亡くなった女性(当時44歳)については、中止の意思を撤回できる点を外科医が説明していなかったことが判明。亡くなる前日から何度も中止を撤回したいと女性が訴えたこともカルテに記載されていた。
 一方、非導入の20人を巡り、病院は資料の一部を都に伏せていた。病院は当初「非導入は17人」と報告したが、都が確認したところ「立ち入り検査があった3月6日までではなく、(毎日新聞が報道した)2017年3月までの事例を提出していた」と釈明したという。【斎藤義彦、矢澤秀範、市川明代】
ふつうに殺人かぁw。

医師の守秘義務を逆手に取ってとなんでもやってしまうケースw
まぁこれは犯罪をISMSで隠蔽するのと同じw

死亡前、透析中止を撤回の意向 医師確認後再開せず、福生病院
2019/3/9 09:15 ©一般社団法人共同通信社
東京都福生市の公立福生病院
 東京都福生市の公立福生病院で昨年8月、医師が腎臓病の女性=当時(44)=に人工透析治療を中止する選択肢を示していた問題で、女性が中止に同意する文書に署名した5日後に体調を崩して入院し、死亡前には一時、撤回意向と受け取れる発言をしていたことが9日、関係者への取材で分かった。この意向は病院側にも伝わっていた。
 関係者によると、女性の症状が重くなった後、担当医は、透析を再開するか、苦しさを和らげるかの選択肢を示し、女性は苦しさを和らげる方を選び、透析は再開されなかった。
 東京都や透析医学会は、女性が冷静な判断を下せる状態だったかどうかなどの調査を進める。

透析中止、倫理委開かず 病院幹部判断で 3/9(土) 2:02配信 共同通信
 東京都福生市の公立福生病院で昨年8月、腎臓病の女性=当時(44)=に医師が人工透析治療をやめる選択肢を示し、中止を選択した女性が1週間後に死亡した問題で、病院幹部の判断により、この女性に関する倫理委員会が開かれていなかったことが8日、関係者への取材で分かった。治療中止の判断に、病院幹部が関与していたことが明らかとなった。
 日本透析医学会が2014年に出した透析の中止判断などに関する提言では「倫理的な問題に対しては倫理委員会や外部委員会などの助言があることが望ましい」との原則を示しており、この趣旨に反する可能性がある。
組織ぐるみ。客はどこなんだ?w


平成24年7月分 福生市長公務日誌→PDF

座間キャンプの次は横田基地なんだと。ふつうにフリーメイソンかぁ。
座間9人遺体「組織的な犯罪くさい」「コイツのアパートの近くの月極駐車場に古いバンタイプの遺体運搬車がマジよく止まってた 近くに葬儀屋も無いのに」

311起こして、SPEEDI情報を隠蔽。風下にロナルド・レーガンを誘導。そして臓器売買を繁盛させるという土人の基地外ビジネスとその311営業活動w。いつものくらくらめまいがするよーな真相w
SPEEDIは避難目的のツールではない

あーぁ。これ、かっちゃんの作戦だわ。
【G案件】高須院長「フリーメイソンの金庫番に就任したぜ」「会員は日本全体で2000人弱。ただ、在日米軍の関係者が大半を占めていて、日本人は200人くらい」w

透析選ばず死亡が他にも20人 学会指針に該当せず 3/8(金) 14:54配信 テレ朝 news
All Nippon NewsNetwork(ANN)
 東京・福生市の病院で人工透析の治療をやめた40代の女性が死亡した問題で、他にもこれまで透析治療を選択しなかった20人が死亡していたことが分かりました。
 去年8月、公立福生病院で腎臓病の44歳の女性が人工透析治療をやめた後、1週間ほどで死亡しました。東京都などによりますと、さらに、この病院に腎臓病総合医療センターが設立された2013年4月からの4年間に、腎臓病で受診した149人のうち20人が最初から透析治療を選択せずに死亡していたことが分かりました。日本透析医学会のガイドラインでは、患者の状態が極めてよくなかったり透析治療自体を安全に行うことが困難な場合に透析治療を行わない選択ができるとしています。しかし、20人はいずれもガイドラインに該当する、いわゆる「終末期」の患者ではなかったということです。都は6日、医療法に基づいてこの病院を立ち入り検査しましたが、透析治療を最初から行わなかった20人の患者の他に途中で透析治療をやめて死亡した患者も複数いるとみて詳しい経緯を調べています。
「さらに、この病院に腎臓病総合医療センターが設立された2013年4月からの4年間に、腎臓病で受診した149人のうち20人が最初から透析治療を選択せずに死亡していたことが分かりました。」

高須院長 透析中止を選択した患者死亡に「透析中止は安楽死ではない」 3/7(木) 9:18配信 東スポWeb
高須院長
 高須クリニックの高須克弥院長(74)が7日、ツイッターで、人工透析について言及した。
 昨年8月、東京・福生市の公立福生病院で40代の女性が透析治療の中止を選び、1週間後に死亡した、と7日の毎日新聞が報じた。
 このニュースを引用した高須院長は「たぶん透析を中止したら安楽死できると患者さんは勘違いしたのでしょう」と推測。
 女性は死の前日に透析の中止を撤回したい意思を示していたとされる。
 高須院長は「高須病院で透析している方々は生きていることに感謝しておられます。透析中止は安楽死ではありません」との見方を示した。
【高須院長は「高須病院で透析している方々は生きていることに感謝しておられます。透析中止は安楽死ではありません」】w

かっちゃんの病院も透析やってるw

これが動機付け。透析を中止して死ぬか、一生透析を続けるか、それとも自分のドナーを連れてくるか…

透析中止は安楽死ではないことがわかっていたはず。なのに透析中止を選んだ患者が149人のうち20人(13%)もいる…。

その腎臓をボコハラムを使ってパキスタンの貧困層から仕入れると11万円w。
パキスタンの腎臓の仕入れ値は11万円

福生病院、20人透析せずの情報 複数死亡か、都が確認へ
2019/3/8 13:383/8 13:40updated ©一般社団法人共同通信社
公立福生病院=8日午前、東京都福生市(共同通信社ヘリから)
 東京都福生市の公立福生病院で腎臓病の女性に医師が人工透析をやめる選択肢を示し、治療中止を選んだ女性が約1週間後に死亡した問題で、同病院では2013年以降、約20人の腎臓病患者が透析治療を選択しなかったとの情報があり、病院を監督する東京都が確認を進めていることが8日、関係者への取材で分かった。死亡した患者も複数いるとみられる。医師が治療を受けない選択肢を示した可能性がある。
 関係者によると、13年4月~18年3月に同病院を訪れた腎臓病患者149人が、人工透析治療を始めるかどうかを医師と相談し、うち約20人が透析治療を受けないことを選んだ。

終末期でもない患者に透析治療をしない選択子を与えて、終末期ではなかったはずなのに患者が死んでいるw

「とうたすかかか」は意識混濁ではないと思う…

患者が死を選択したと病院側が拡大解釈して他の使える臓器のドナーにしてしまったのだろう。 それを殺人と呼ぶのか、臓器狩りと呼ぶのか、大嘗祭と呼ぶのかはそれぞれの人生の価値観に依存する。 なにしろこの国は、いや、シンガポールの先のパキスタン、ミャンマーまで含めた極東、東南アジアは法治国家ではないのだから。

たぶん神は存在するのだと思う…。

海馬と前頭葉の空間ギャップはWiFi通信だった。しかもWPS2など暗号化されていない。なのでここに「神」が介入するとヒトは判断を変える。その「神」が本物なのか偽物なのか自分の意志なのか患者本人にはわからない。ブレーキとアクセルを踏み間違えるのと同じ。それが起きていたことを「とうたすかかか」が証明してる。

「FBIは日本でも独自に米軍施設内を拠点に捜査をしている。」w

なんだこれ。ほぼ自白になってるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。