弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

フルMOXのボイドとは


「ABWRでは全炉心MOXは可能であるが、従来のBWRではMOX燃料を入れるほどボイド係数は負の方向にふれるので 傾向として安全側の担保は大きくなるが、一方で炉内圧力が増加する事象に影響がでてくることが知られている。 」

BWRの自己制御性
「増大する熱エネルギーに比例して冷却材中の蒸気の泡(ボイド)の量も増えてゆく。これは結果として冷却材の密度を低下させるが、軽水炉の冷却材は減速材でもあるため、冷却材の密度が減ると減速される中性子が少なくなり、そのため核分裂反応が減少」

あ?そうだったのか。MOXを沢山装填しても沸騰してブクブクでる泡によって核分裂が抑止されて燃えない。ぶへー。

だから水の変わりにナトリウムを使った高速炉があるのか。

「BWRの自己制御性」と言うらすい。なんだー。大間をフルMOXにしたくても限界があるってか。つまりABWRにMOX燃料を沢山詰め込んだとしても沸騰する泡が核分裂を抑止してしまうのだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。