弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい」警視庁の17階「総合指揮所」「即位礼正殿の儀」最高プロレス警備本部w update6

上皇后・美智子さま85歳の誕生日に館林場外競輪車券売り場で80代の男性運転の軽自動車が急発進してベンチに座っていた3人に突っ込む…

即位の礼 警視庁の「テロ対策リスト」にある“芸能人”の名 社会 週刊新潮 2019年10月24日号掲載
藤谷美和子
平成版“坂下門外の変”を起こした藤谷美和子(他の写真を見る)
 警視庁の17階に位置する「総合指揮所」。今回、「即位礼正殿の儀」のために20年ぶりに立ち上げられる最高警備本部を始め、「特別」「総合」といった名のつく大規模な警備作戦が始まると、通常は施錠されているここに拠点が置かれることになっている。
「総合指揮所は上階まで吹き抜けになっていて、我々はガラス越しに、眼下で展開されるオペレーションの様子を窺うことができます。壁に設置されたモニターテレビを捜査員が注視し、その画面は拡大、分割など自在に操作されるのです」(警視庁担当記者)
 画面には、米国大使館や首相官邸など都心の重要ポイントの様子が映し出され、また事前にリストアップされた“監視対象者”の動きも追跡されているといい、
「モニターを見ながら、対象者に割り振られた“符牒”を用いて現場と連絡を取り合います。警戒エリアから離れている時は緩やかな行動確認ですが、ひとたび対象者が一定のエリアへ進入すると、警備態勢は直ちにマンツーマンへと切り替わり、担当捜査員が貼り付くことになります」(同)
 こうした要注意リストにはかつて、平成の祝賀パレードで車列に爆竹を投げて逮捕された舞踊家の花柳幻舟さん(今年2月に死去)も含まれていたという。
 警視庁関係者が明かす。
「今回の式典を迎えるにあたり、公安部では各課が注意人物を持ち寄ってリストを更新しました。そこには中核派や革労協など極左過激派とともに『反天皇制運動連絡会』(反天連)の主要メンバーも含まれています」
 これと呼応するように警視庁はさる2日、過去に中核派が使用したものと同型の飛翔弾が見つかったことから、同派の拠点「前進社」を家宅捜索。また8日には革労協反主流派の幹部を有印私文書偽造容疑等で逮捕するなど、式典に向けて警戒を強めているところだが、件の“リスト”には何と、芸能人まで登場するというのだ。それは、
「2003年6月に皇居・坂下門にタクシーで乗り付け『紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい』と進入を試み、皇宮警察に阻止される騒動を起こしていた藤谷美和子です」(同)
 その後、芸能界から遠ざかった彼女は、12年に小田原市内で徘徊する姿が報じられていた。が、この平成版“坂下門外の変”が尾を引き、今なお警戒対象であるというのだ。
 05年末に藤谷と入籍した演出家の岡村俊一氏に聞くと、
「本人は、小田原で同居していた母親を数年前に亡くしたのちに転居し、いまは関東地方から出て一人暮らしをしています。今回、パレードに合わせて上京するなどあり得ないことで、全く心配はありません」
 当時、その“動機”として、藤谷が周囲から紀子妃や紀宮さまに似ていると言われていたからでは、などと報じられたのだが、
「そんな親近感が心の琴線に触れてしまったのかもしれませんね。本人はもう引退した状態で、私も夫というより『代理人』として彼女への連絡を請け負っているのです」(同)
 そう漏らすのだった。
特集「『即位の礼』式次第には書かれない『七つの謎』」より
中核派w

「2003年6月に皇居・坂下門にタクシーで乗り付け『紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい』と進入を試み、皇宮警察に阻止される騒動を起こしていた藤谷美和子です」

srad.jp→shitamoの日記: 紀宮さまは私の妹です

shitamoの日記: 紀宮さまは私の妹です
日記 by shitamo 2003年07月16日 23時24分
藤谷美和子…すげえ(笑)。
『秋篠宮殿下は私の弟、紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい』
ちょっと真似できません。

「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい」w

【香港肉まん革命】毎日変死体。香港雨傘革命2.0は臓器狩りのスピンデモだった

【ワチラロンコンの呪い】「1985年から9回もタイに通った」秋篠宮殿下と2012年から64回もタイに通った重田光時w

あー、警察の「中核派」の定義がわかったよーなw

解読にずいぶん時間がかかってしまったが、たぶん藤谷美和子は統合失調症などではない。 警視庁が統合失調症だと中核派スピンをかけているのだなw。 最近のエプスタインな知識で、藤谷美和子に何が起きていたのかわかってしまうがなw

警察庁の生活安全課と公安警察が人さらいと臓器狩り殺人、検視官が臓器摘出、臓器売買、パチンコでマネロンしたり、経団連に注ぎ込んだりしてる件ですな。原発や核融合など原子力を推進する土人国家の本当の目的。

さて、この記事には重要なヒントがある。

「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮さまは私の妹です。」

だから

「自分をメディアに出さないようにと書いてある紙が出回っているから出られない」

のだけど、

さて土人国家の仕掛けがわかった国民はどのくらいいるのだろうか?w )産総研のドラえもんと飯塚幸三w

ゲラゲラ…なぜか爆笑

あらら、やられてるし…

大内義昭さん死去 藤谷美和子とデュエット「愛が生まれた日」がヒット [ 2015年5月24日 05:30 ]
第45回NHK紅白歌合戦に出場した大内義昭さんと藤谷美和子
 1994年の「愛が生まれた日」などのヒット曲で知られる音楽プロデューサーの大内義昭(おおうち・よしあき)さんが22日、がんのため北九州市の病院で死去した。55歳。葬儀は近親者のみで営む。  60年、福岡県八幡市(現北九州市)生まれ。87年、小比類巻かほる「HOLD ON ME」がヒット。藤谷美和子(52)と歌唱した「愛が生まれた日」は当時、デュエット曲としては異例のセールスを記録する大ヒット。94年のNHK紅白歌合戦にも出場した。
 約20年前から地元の北九州市に拠点を移して、音楽スクールの経営など多角的に活動。昨年1月、食道にがんが見つかり闘病していた。同10月ごろには音楽関係者に、がんがかなり重いことを明かしていた。2週間ほど前から容体が悪化していたという。

工藤会…

殺し屋(臓器狩り殺人)の謎掛けを埋め込んだドラマに、獲物を女優や俳優として出演させてしまう手法ですなw。宮藤官九郎とか池袋ウェストゲートパークとか…

ちんたろうの石原軍団の神田正輝w

天才?w

ゲラゲラ


エコノミックヒットマン(EHM)政策w

ノンフィクションにできない理由は、藤谷美和子の人生をヒントした謎掛けドラマが既に沢山できているからだろう。 そのドラマがどれなのかはわからないが、例えば、宮藤官九郎のIWGPやジョン・ウィックみたいな人生がリアルに存在することを隠蔽したい電通のエプスタイン部隊もいるだろうw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。