弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」あべちんも登場w。「テヘランから来た男w」西田厚聰のイラン人妻とパソコンとWH買収と… update17

西川直哉(にしかわなおや)山口組組長のGJで世界が神戸製鋼に対して制裁を開始w。ラザラス西室泰三が死去

津嘉山正種が演じるあやしげな蛎殻町の情報屋が捜査2課管理官を叱るセリフw。
「お前さんが知ってるのはあくまで表層だ。この国には地中深く張り巡らされた根っこが地表の樹木の何十倍もあるんだ。氷山の一角という言葉と一緒でな。それを忘れるなよ」

宇宙そのものであるモナド→相場英雄(1967-)『不発弾』新潮社、2017年

ノアレ=ヤクルトだったんだw。
熊谷直樹 (ヤクルトの人物)←ウィキ
「1955年に東京大学経済学部を卒業し国税庁にキャリア入庁。1979年、安倍晋太郎に誘われ退官しヤクルト経理担当取締役副社長として入社。」w
「1991年から1998年までデリバティブ取引…1000億円を超える損失…見返りに5億3000万円のリベート…。」w

龍谷大学図書館→ 〈研究資料〉財テク失敗の教訓 一一ヤクルト「巨額損失事件」の顛末一一

トランプ政権と米国株投資→『不発弾』(相場英雄著)は東芝危機を予見していた? 投資家必読の小説のあらすじ等を紹介(2018年6月14日)

【東芝(6502.T)による6000億円の第三者割当増資は、ゴールドマン・サックス証券(GS)がアドバイザーの座を獲得、先を越された日系証券各社に衝撃が走った。】w



ヘルマンはゴールドマン・サックスで、CBFS銀行は仏BNPパリバ?と思ってたら大間違いw。
News Socra→不発弾/相場英雄/ツケは必ずやってくる

作品の主要人物・会社の現実のモデルとの対照表(左が作中名、ニュースソクラで作成)
三田電気産業:      東芝
ゼウス光学:       オリンパス
ノアレ:         ヤクルト
クレディ・バーゼル証券: クレディスイス・ファーストボストン(CSFB)
国民証券:        国際証券(現三菱UFJ証券)
ヘルマン証券:      ゴールドマン・サックス証券
東田章三:        西室泰三東芝元社長
熊田章吾:        熊谷直樹ヤクルト元副社長
中野哲臣:        山田真嗣元クレディ・スイスファーストプロダクツ東京支店長
杉本匠:         松本大マネックス証券社長
芦田恒三:        安倍晋三首相

あべちんがモリトモみたいな役回りでふつうに登場w




「金融再生関連法案」w



【専務時代、2003年度第3四半期に142億円の赤字だったパソコン事業を翌年同期に84億円の黒字に転換させ「西田マジック」と呼ばれた。…この豪腕ぶりに目をつけたのが、…西室泰三である。このときの黒字転換は、…「バイセル取引」を使った疑いが持たれている】w

「バイセル取引」という文科系フィクションで世間を納得させよーと試みる官僚w。#Stuxnet

【東芝の西田厚聰(にしだ あつとし)元会長が12月8日、急性心筋梗塞で亡くなった。自らが社長、会長を務めた東芝から、粉飾決算の損害賠償を求められた裁判の渦中、73歳での早すぎる死だ。…ウエスチングハウス(WH)の巨額損失で瀕死の状態にある。】

2017年10月18日東芝元社長、西室泰三氏が死去。日本郵政社長も歴任。81歳
2017年11月5日特許庁の中村敬子課長が転移性腫瘍のため49歳で死去。「特許庁の情報システム改革」の仕事ぶりで知られる。元システム開発室長
2017年12月8日元東芝社長、西田厚聡氏が胆管がんのため手術して体調が回復してから急性心筋梗塞で死去。73歳

消されたw
で、このあとコインチェックの580億円分のNEMが強奪されてノヴィチョク・タイムラインがはじまる。コインチェックは松本大(ドラマでは杉本匠)のマネックス証券に買収されて決着。
【ディープステイト崩壊】 「ノヴィチョク」タイムラインw

西田厚聰(にしだあつとし)←ウィキ

旧傘下企業
キヤノンメディカルシステムズ(旧・東芝メディカルシステムズ ランディス・ギア )
富士通モバイルコミュニケーションズ(旧・富士通東芝モバイルコミュニケーションズ REGZA Phone ARROWS)
NECスペーステクノロジー(旧・NEC東芝スペースシステム)

捜査2課」のタグを付けておいた。たぶん小説とはまったく異なるメタ認識になるはずだw。

あ、おれ。初代ダイナブック持ってたわw。まだWindowsが開発されてない、ネットワークはRS232Cだけで、フロッピーディスクだけのノートパソコンw

西田厚聰元会長が消されてから半年後、PC事業をシャープに売却w。Stuxnetサイバー兵器は核兵器同様に極東の安全保障そのものなので台湾に売却つか引き継ぎw。

戴正呉社長「目標達成したので辞めたい」←気持ちがわかるよーなw。

郵政民営化委、西室氏ら5人を新任 2012/5/8付
 政府は8日、郵政民営化委員会の委員に東芝相談役の西室泰三氏ら5人を新任した。委員全員を入れ替えるのは2006年の発足以来初めて。委員長は互選で9日に決める。任期は3年。
 西室氏のほか、清原慶子三鷹市長、老川祥一読売新聞グループ本社取締役最高顧問、三村優美子青山学院大教授、米沢康博早大大学院教授が就任する。
 同委員会は郵政民営化の監視役を担い、日本郵政グループの新規事業の認可などで強い権限を持つ。06年から委員長を務めてきた田中直毅氏ら前任の委員は新規事業進出に厳しい態度を示してきた経緯がある。

特集】「東芝」ノンフィクションが面白い理由 青春、野望、内紛、存亡の危機
省エネ家電をPRする西田厚聡社長(当時)、阿部寛さん(左)と天海祐希さん(右)とともに=2007年10月
 ビジネス街の書店に東芝関連の本がずらりと並ぶ。「壊滅」「悲劇」「奈落の底」「戦犯」…。タイトルにはまるで敗戦国になったような厳しい文言が並ぶ。2015年以降の不正会計、原子力事業の巨額損失で東芝がなぜ存亡の危機に陥ったのか、歴代社長の資質が巨大組織にどう影響したか問うている。名門企業が転落していく過程にヒューマンドラマもあり、多くの勤め人の関心を呼び、読まれているようだ。しかも、「東芝の天皇」と呼ばれた西室泰三氏が10月14日に、不正会計で引責辞任した西田厚聡氏が1週間前の12月8日に相次いで亡くなった。社長、会長を務めた元トップ2人は「東芝本」の主役だ。彼らの死は東芝の一つの時代の終わりを告げているようにも思える。この機会に何冊か関連資料を含めて乱読、興味のあるところは自分でも調べてみた。(共同通信=柴田友明)

 ▽1970年の論文
 「実り豊かな果実は、苦渋に満ちた現実からしか育ちはしないであろう」。岩波書店の雑誌「思想」1970年8月号、巻頭の論文はそんな記述で締めくくられていた。寄稿したのは当時26歳の東京大大学院生、西田厚聡氏だ。東大で福田歓一氏に師事、西洋政治史を学ぶ博士課程の院生だった。
 最近出版された2冊のノンフィクション作品「テヘランから来た男 西田厚聡と東芝壊滅」(児玉博著、小学館)、「東芝の悲劇」(大鹿靖明著、幻冬舎)には西田氏が岩波の「思想」の巻頭を飾ったと記載されているが、内容まで紹介されていない。
 若き日の西田氏があの時代に何を考えていたのか。図書館で探して現物を手に取ってみた。タイトルは「フッサール現象学と相互主観性」。何度か目を通して苦笑いするしかなかった。素人目には極めて難解なのである。筆者が理解できたのは締めくくりの言葉だけだった。
 その代わり収穫はあった。同じ「思想」1970年8月号には西田氏の師、福田歓一氏が巻末に「思想の言葉」として大学紛争に言及して「専門職業」の在り方について持論を展開していた。時代背景が分かる。1968年に東大医学部でインターン制度を巡って学生自治会が無期限ストに突入、この流れは全学部に波及して安田講堂が占拠され、翌69年に機動隊突入で解除される。東大紛争と重なる時期に西田氏は大学院に在籍していた。一連の「若者たちの叛乱」が彼にどういう影響を与えたのか。この点については本人に直接インタビューしているノンフィクションライターたちも回答を得ていないようだ。

 ▽イラン人の妻
 その後の西田氏の人生は波乱に満ちたものだ。在学中にイランから来た女子留学生と知り合い結婚、学者としての道を断ち切るように妻の母国に渡り東芝の現地法人に勤務する。30歳前後でビジネスの世界に飛び込んだにもかかわらず、巨大企業トップに上り詰めた。
 西田氏の妻になる留学生については、意外にも東大の政治学の泰斗、丸山真男氏が著書「『文明論之概略』を読む」(岩波新書)の結びの文章で紹介している。上記のノンフィクション作品でも取り上げている。丸山氏が、福沢諭吉の「文明論之概略」をテキストにしたゼミナールを行う掲示を出したところ、事務室から外国人留学生が訪ねてきたと連絡が入る。ノックして入ってきた学生が黒ずくめのワンピースを着た若い女性だったので、丸山氏は驚いて参加理由を聞く。「東大法学部には日本人でさえ女子学生はきわめて少数だったので、意表をつかれる思いでした。(中略)祖国イランは古代には世界に冠たる帝国であり、また輝かしい文化を誇っていたのに、近代になって植民地の境涯に沈淪し、いまようやくそこからはい上がろうとしている。日本は西欧の帝国主義的侵略の餌食とならず、19世紀に独立国家の建設に成功した東アジア唯一の国家であった。私はその起動力となった明治維新を知りたいので、維新の指導的思想家としての福沢について学びたい、と。(中略)黒い瞳を向けて何か思いつめたような真剣な表情で語る彼女と対面しながら、私の脳裏を瞬時に掠めたのは―突飛な連想といわれるかもしれませんが―自由民権時代を代表する政治小説『佳人之奇遇』(東海散士著)に登場する女性志士の面影でした」。
 丸山氏の「『文明論之概略』を読む」下巻は1986年11月に第1刷が出ている。西田氏はそのころ東芝ヨーロッパ社の幹部としてドイツを拠点にパソコン販売の最前線に立っていた。業界ではその敏腕ぶりで名前が挙がり始めていた。丸山氏の西田氏関連の記述はほかには見当たらない。

 ▽インタビュー
 西田氏は2005年に東芝社長に就任した。経産省が旗を振る米国発の「原子力ルネサンス」に迎合して、翌年に自ら陣頭指揮して米原発大手「ウェスチングハウス・エレクトリック」(WH)を高値で買収。これが結果として東芝の息の根を止めるほど巨額損失を生み出す。09年に会長になり、後任の社長に原子力事業畑の佐々木則夫氏が就く。西田氏は「利益追求型」の企業に東芝を変えようとしたが、上にものが言えない企業風土も醸成したとされる。
 2011年3月の東京電力福島第1原発事故で世界中に脱原発の風潮が起きても、原子力にのめり込んだ東芝はそのスタンスを変えず、佐々木氏も原発に傾斜した方針を改めなかった。その後、西田氏と佐々木氏は経営を巡り対立を始め、社内では険悪なムードが漂う。不正会計で引責辞任した西田氏については「哲人」社長の面影もなくなったとされる。
 ノンフィクション作家児玉博氏は今年10月、西田氏の横浜市の自宅で3時間を超える長いインタビューをした。11月に出版された著書「テヘランからきた男 西田厚聡と東芝壊滅」では西田氏の生涯の軌跡を捉え、関係者の証言も得て異色の経歴を持つ経営者の実像を描こうとしている。
 その児玉氏に筆者はインタビューした。
 ―長年取材してきた西田さんはどういう方でしたか。
 「社長時代の西田さんは自信ありげで、本当に光り輝いていました。受け答えも当意即妙でした。作品でも書きましたが、最近、胆管がんのため手術して体調が回復してからインタビューに応じてくれました」
 ―おそらく記者としては西田さんに会ったのは児玉さんが最後だと思われますが。
 「もしかしたら達観した心境になっているかなと思ったら全く違っていました。自分が正しいというヨロイを身にまとっているような気がしました。心情を吐露していたのでしょうが、自己正当化のための自己催眠のようになった状態だったと感じました。痛ましく思いました。佐々木さんへの非難もありましたが、後任の社長に選んだのは西田さん自身のはずです」
 ―自分だけが正しい。それはどういう背景があってのことでしょうか。
 「ビジネスマンとして働いてきた時代、目まぐるしく変化する時代に猛烈な勢いで自己実現をしてきた人です。最後まで自己実現の場を守りたかったということだと思います」
 児玉氏は東芝の“光と影”を背負ってきた西田氏をそう表現した。哲学青年として自ら論文で書いた「苦渋に満ちた現実」から目を背けたと言うことだろうか。
西田厚聡氏(左)と後任の社長を務めた佐々木則夫氏(右)
「イラン人妻」で「ドイツを拠点にパソコン販売の最前線」で「ウェスチングハウス・エレクトリック買収」w
しかも社長になったのが2005年かぁ。 2006年9月26日第1次安倍内閣発足。 2007年7月12日北朝鮮からイランに核兵器を輸送していた貨物船がイラン沖で米潜水艦が発射した魚雷で撃沈されるw。 ブーシェフルへのStuxnet攻撃は2008年からw。 ビンゴじゃまいかw。

2004年~イタリア・ハッキングチーム社が活動開始。
2004年~NTTコムのファンシーベアが活動開始。米大統領選挙にサイバーテロ介入する銀座コージーコーナーwのコージーベアとNTTコムのファンシーベアと高山のベアwと緑熊
2004年5月10日阿波拓洋が京都府警生活安全企画課長になって47氏逮捕。
「Winnyはすばらしい技術。開発したことだけで立件したわけではない」 埼玉県警本部阿波拓洋(あわ・たくよう)刑事部長 イスラム国™を発案した人?
2004年11月2日2004年アメリカ合衆国大統領選挙
2005年6月~東芝の西田厚聰(にしだあつとし)が社長に就任←ブッシュ再選の報酬w
2005年8月~経産省の外局の特許庁発注の新事務処理システムのプロジェクトがスタート

2007年7月12日「7月12日二隻目の迎撃(intercepted)で北朝鮮の輸送船はChah Baharのイラン海軍の基地港から南東100海里で米潜水艦の発射した魚雷でアラビア海に沈んだ。 貨物船が運んでいたのは兵器級濃縮ウランと装備、プルトニウムを含む核物質をもっと製造できるエンジンで イランの核爆弾と核弾頭計画にいきなり使えるものでw、1年分の仕事を短縮できる。 これにイラン統治者は伝えられるとことによると5億ドルを支払う用意があったようだ。」

【パナマ文書】イスラエルのシリア原子炉空爆の半年前にあべちんがシリア支援の強いメッセージ。兵器級濃縮ウランとプルトニウム製造装置を積んだ北朝鮮の貨物船が米潜水艦の魚雷で撃沈

「テヘランから来た男」ゲラゲラ。

わかるわー。StuxnetはWindowsでしか動かないからなw

イラン人妻の西田社長が退任してブーシェフルへのStuxnet攻撃かぁw。そしてサイバー兵器を経産省の外局である特許庁が担当w。

そしてビットコインとイスラム国™勃発に向かって動いていくw。
ハッキングチーム #HackingTeam とビットコイン

2007年米議会はイラン核開発計画への秘密作戦の予算として4億ドルを承認。
2007年8月~スルガ銀行が日本IBMに開発中止と個別契約の解除を通知。
2008年海兵隊のジェームス・カートライト大将がニューヨークタイムスに最初のStuxnet攻撃が行われたことをリーク。後でFBIが逮捕。オバマが2017年1月大統領退任直前に恩赦。
2008年8月岩井良行防衛省防衛参事官(総合取得改革担当)
2008年9月22日西室泰三が米IBMの取締役に就任。
2008年12月17日飯島愛が死亡
2009年3月18日西田厚聰東芝社長が退任。後任に佐々木氏、事実上の引責。←引責?w。西室泰三が米IBMの役員になったのでミッション・コンプリートなんだろ。
2009年10月29日JALが企業再生支援機構に再生支援の事前相談の申請を開始。
2009年8月岩井良行防衛省大臣官房審議官
2009年10月29日JALが企業再生支援機構に再生支援の事前相談の申請を開始。
2009年11月経産省の外局の特許庁発注の新事務処理システムのプロジェクト失敗特許庁中村敬子(たかこ)企画調査課長追悼。2003年の警視庁公安部外事三課は完全にイランの立場を勘違いしていたw
2010年4月北村滋警察庁警備局外事情報部長。平成22年4月
2010年7月西室泰三が米IBMの取締役を退任。
2010年8月岩井良行経済産業省特許庁長官
2010年8月2日阿波拓洋警視庁外事3課長を辞職して警察庁へ。
2010年8月21日ブーシェフル(Bushehr)核施設の稼動予定日
2010年9月25日イランはブーシェフル核施設のコンピュータがスタックスネットに感染してることを確認。
2010年10月「警視庁公安部外事三課のデータファイル114点がインターネット上に流出…在日イスラム教徒を尾行…監視し、…金融機関…情報を収集した公安の違法捜査…イスラム教徒であるというだけでテロリスト扱い」
2010年11月29日イラン大統領アフマディーネジャード(Ahmadinejad)が遠心分離器がスタックスネットで損傷したことを認めた。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。