弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

モンテ・クリストのトランプ(Friedrich Trump) update3

JFK暗殺の原因となった「N-Reactor」とは

「トランプ・ファミリーの幸運はカナダの遊郭(brothel)から始まった。」w

フレデリック・トランプ←ウィキ

1894年2月14日、トランプはデイリー・レストランを売却し、3月には鉱山都市に変貌しつつあったワシントン州スノホミッシュ郡にあるモンテ・クリストに移っている[6]。この街では、1889年に鉱物が埋まっている証拠が発見され、金銀の発掘で一財産を築けるという気運が高まっていた。億万長者のジョン・ロックフェラーが大枚をはたいてエバレット周辺エリアに投資するという噂も手伝い、一攫千金を目指して大量の鉱夫たちが押し寄せるとともに、街の将来性への期待は過剰なほどに膨らんでいた[5]:53–58。トランプはシアトルを去る前に、街から東に20マイル離れたパイン湖の高台40エーカーを200ドルで購入している。これはトランプ家がアメリカで所有した最初の不動産であった[5]:59。トランプはモンテ・クリストでも近い将来に駅ができる場所で土地を買い、新しくホテルを建てようとしたが、1エーカーあたり1,000ドルにもなる手数料を払う余裕はなかった。そこで彼はこの土地に金の採掘権を設定し、金を払うことなく独占的に採掘できる権利を得た[5]:60。地元エバレットの住人であるニコラス・ルードベックがすでに同じ権利を主張をしていたにも関わらず、である。当時のアメリカ公有地管理局は腐敗していることで有名で、こうした行為もしょっちゅう見逃されていた。あくまで採掘権であって、トランプにはこの土地に何かを建てる権利があったわけではないのだが、それでも彼はすぐに木材を購入して新しい宿泊施設を建設し、デイリー・レストランと同じような事業を開始した。彼はけっしてこの土地で金を採掘しようとはしなかった。ブレアがいうように、金を「鉱夫から採掘しようとした」のである。たとえ黄金がみつからなくても、採掘をする以上は寝泊まりする場所が必要になるからだ[5]:61。1894年7月、ルードベックは付近を私有地とする届けを出し、代理人を送って賃料をとろうとしたが、モンテ・クリストの人々は法的所有権など気にしなかったため、効果ははかばかしくなかったようである[5]:66。1894年12月、トランプはついにこの土地を買い取っている[5]:69。モンテ・クリスト時代のトランプは選挙にも立候補しており、1894年の治安判事の選挙では、32対5の割合で賛成票を集め当選している[5]:71。

長年にわたる採掘の結果、モンテ・クリストにはかつて考えられてきたほどの金銀はとても埋まっていないことが明らかになった[5]:68。1894年8月にはロックフェラーもこの地域に投資していた資金の大半を引き上げ、「エバレットのバブルは崩壊した」[5]:67。1896年の春には、ほとんどの鉱山労働者がモンテ・クリストを離れ、トランプは人手不足と事業の縮小を余儀なくされた(とはいえ、モンテ・クリストでトランプのように金を稼げた人間はそもそもほとんどいなかったのだが)。トランプはバブルの崩壊に備えて、ユーコンの2人の鉱夫に金を渡しており、見返りとして自分のために権利を主張してくれるよう計らっていた[5]:72。1897年7月、クロンダイクでゴールドラッシュが起こり、サンフランシスコとシアトルにも金塊がでたことを自慢する声が聞こえ始めた。その結果、一財産を築こうと大量の人間がユーコンに押し寄せた[5]:73。トランプは数週間後にはモンテ・クリストの財産のほとんどを売り払い、シアトルに戻った[5]:74。

フレデリック・トランプのパスポート申請書(1896年)

シアトルでは、チェリー・ストリート207番地に新しいレストランをオープンした。事業は順調で、4週間で抵当が抹消できるほどに儲かった。その間にも、トランプが投資していた鉱夫2人が、クロンダイクの支脈であるハンカー・クリークで彼の採掘権を主張した。15ドル払って権利を登記すると、彼らはその翌日には権利の半分を400ドルで売却し、翌週にはもう1人が1,000ドルで売却した[5]:77。9月20日、彼らはデッドウッド・クリーで別の採掘権を主張した。10月にはその半分が150ドルで売れ、12月にはもう半分が2,000ドルで買い手がついた。1898年の始めには、トランプ自身もユーコンにいけるだけの十分な資金を獲得できていた[5]:79。彼は物資を必要なだけ買いそろえると、モンテ・クリストとシアトルに残っていた財産をすべて処分し、パイン湖の高台にあった40エーカーの土地も姐のルイズに譲った[5]:78。ルイズは1900年にこの土地を250ドルで売却している[5]:80。トランプがモンテ・クリストを離れた次の年に、ロックフェラーはこの街を通るはずだった鉄道計画を撤回し、さらには記録的な暖春により街は史上最悪といえるほどの雪崩と洪水に見舞われた[5]:79。
へー。トランプの爺様ってロックフェラーの工作員やってたんだわw ここでトランプとIBMがつながってる。

JFK Jr.とトランプ。
ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア←ウィキ
JFK Jr.はキャロラインの弟。

ヒラリーがJFK Jr.を暗殺?キラリー(#Killary)の正体がわかったよーな

なぜIBM CEOとイヴァンカがつながってるのか、その理由がわかったよーな。
IBMがカリキュラムを組んでる学校にイヴァンカが長女を入学させる。IBM CEOジニ・ロメッティとサプライズ訪問

トランプ大統領誕生。英Brexit国民投票の次なんだと亀井静香のケーサツが何やら投票結果の改ざんをアピールw

▼意見広告の2年後、三菱地所が、ニューヨークの象徴でもあるロックフェラーセンターを買収する。トランプ氏は、日本非難の急先鋒となった。「私の事務所に来た日本人が、いきなり室内をカメラで撮り始めた。無礼を大目に見ていたら、いきなり切り出してきた。『アイ・ウオント・プロパティー! アイ・ハブ・マネー!』(不動産が欲しい。お金はある)」。当時、得意にしていたジョークである。
トランプがロックフェラーセンターを買収した三菱地所に対する非難の急先鋒になった理由だわw。

デビッド・ロックフェラーが101才で死去。ナイジェリアの黒人の臓器で生きてたんだわw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。