弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

3月のfoF2… update5

「foF2」 「F2領域の臨界周波数。F2領域によって垂直方向に屈折(refract)できる最大周波数。この周波数より高い周波数は電離層を透過する。」

「F領域」 「電離層の約140km以上に位置し、HF電波を屈折させることができる領域。日中、この領域はしばしば下部F1領域と上部F2領域に分割され、夜はF領域しかありません。F領域は、いつでもHFスカイウェーブ通信に使用できる。」

赤色は1MHzで黄色は2MHz。上空が赤と黄色のときの電離層はそれ以上の周波数の電磁波を地上に向けてそのまま透過させてしまう…

wikipedia.org→電離層

地上と電離層(50km-500km)の間にオゾン層(10km-50km)があるので地上からF2層(220km-800km)を観測することは間にあるオゾン層をモニターしてるのと同じ意味になるのさw

2021年3月

2020年3月

2019年3月

2018年3月

2017年3月

2016年3月

2015年3月


はたして地球は温暖化してるのだろうか?

【仮設①】アメリシウム241の強力な放射線で大気がイオン化してトリチウム水が増えてるのでは?

【仮設②】オゾンホールによって電離層のシールドが弱まり、透過するインドラの矢(宇宙線)でトリチウム水が増えて気象が過激化しているのでは?

原因はふつうに大気かぁ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。