弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

太平洋の赤道上空がイオン化(foF2) update7


2015年2月5日foF2が異常。なんだこの変な形は?電離層壊れた??

Yes, I confirm a bad foF2 map was produced. Stored input files look ok,
So possibly some computer network I/O problem when writing the output.
Apologies,
Garth Patterson
BoM Space Weather Services
ネットの入出力問題かも
Hi again,
I have attempted a re-run for you (see attached). Maybe not all possible stations included.
Once again my humble apologies,
Garth Patterson
IPS (now BoM Space Weather Services)
もう一回やったらなおったとか。

今は正常に戻ってる。なんだー。ウッチュー人襲来かと思ったぞw

Dutchsinseが太平洋赤道上空のイオン化(foF2)を警告。DutchsinseだからHAARPだと騒ぐのだろうけど原因はHAARPではないと思う。

foF2
The critical frequency of the F2 region. It is the maximum frequency which can be refracted vertically by the F2 region. Frequencies higher than this normally penetrate the ionosphere.

140km上空の3~30Mhzの電波を反射する電離層の下層がF1で上層がF2。foF2はF2層の最大反射周波数。 DutchsinseはfoF2地図でHAARPの監視が可能かもと言ってる。

foF2は電離層のイオン化状況を地図にしたもの。イオン化はHAARPではなく原発やフクイチの垂れ流す放射能が原因で起きることがわかってる。


T-index値の1938年からの履歴
foF2の過去の履歴はないみたい。その代わりにT-index値の履歴がある。 1938年からのT-indexデータ。T-index値はfoF2値を元に計算した指標で-50から250まで変化。 250は電離層がとても良い状態。-50は悪い状態。2000年から電離層が劣化してるのがわかる。

地球はオゾン層(地上10km - 50km)と 電離層 (50km - 500km)に覆われている。フロンガスがオゾン層を破壊すると思わされてきたけど 大気中の放射能が地表と電離層間の電気抵抗を下げてるのが原因かも。

セシウム17兆ベクレル流出か 原発港湾内濃度から試算

東京電力福島第1原発の港湾内で海水の放射性セシウムの濃度が下がりにくい状態が続いていることに関し、汚染水の海への流出が止まったとされる2011年6月からの約1年4カ月間に、計約17兆ベクレルの放射性セシウムを含む汚染水が海に流れ込んだ恐れがあるとの試算を、東京海洋大の神田穣太教授がまとめた。

 東電は、11年4月に1週間で意図的に海に放出した汚染水に含まれる放射性物質の総量を、約1500億ベクレルと推計しているが、その100倍以上に当たる。

 神田教授は「現在も地下水や配管を通じて流出が続いている可能性がある。すぐに調査すべきだ」と指摘している。2013/03/23 18:29 【共同通信】

フクイチは専用港に1年間で16兆1000億Bqを垂れ流してる。フィルターなし。こんなことはチェルノブイリでは起きなかった。クリプトン85が凝結点を下げ電導性を上げて異常気象の原因になってる。16テラBq/年の速度で太平洋を汚染し続けると、これから何が起きるのだろうか。

フクイチの垂れ流す太平洋汚染が上空のイオン化を過度に促進し巨大ハリケーンを起こしてるのだと思う。

太平洋に投棄した核廃棄物が原因でゴジラは生まれたことになってたけど、現実世界ではドカ雪とか巨大台風とか洪水とかゴジラより強敵で対応策がない。太平洋上空のイオン化を抑える為にケムトレイルを散布することなどできないからな。

全国に被害“台風並みの低気圧”今後どうなる?(2013/04/08 00:48)
“台風並み”低気圧 暴風雨で建物に被害も(2013/04/07 11:50)

台風並みに発達した低気圧の影響で、7日は北日本を中心に激しい雨や風が吹き荒れています。北海道むかわ町から中継です。

 (根岸竜記者報告)  北海道太平洋沿岸のむかわ町の汐見漁港では、先ほどまで激しい風によって雨が顔に打ちつけ、痛いほどでした。波も高く、普段は漁に出ている船も港に係留されていて、大きく揺れています。また、町内では、風によって倉庫の屋根が飛ぶなどの被害が出ています。むかわ町では午前11時までに28.5ミリの雨が降っていて、午前3時前には倶知安町で最大瞬間風速34.2メートルを観測しています。この風の影響で、函館市の高盛町でも住宅の壁がはがれるなどの被害が出ています。このほかにも、函館市内では、強風の影響とみられる被害の報告が10件ほど寄せられています。8日の朝までに、多いところでは200ミリの雨が予想されていることから、気象台では雪崩などの被害にも注意を呼びかけています。

311以前と比較して10倍になった放射能は大気の電導性を大きくして異常気象を加速してる。 4月なのに台風がくるようになってしまった。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。