弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「フェイクニュース」「見破る自信がない」と答えた人が約7割

フェイクニュース「見破る自信ない」7割、民間調査
2019/7/4 11:38
モバイル関係調査を手がけるMMD研究所を運営するMMDLabo(東京・港)は、「フェイクニュース」に関する調査で「見破る自信がない」と答えた人が約7割に上ったと発表した。フェイクニュースという言葉を知っている人は85.8%で、約3割の人が「だまされたことがある」と答えた。
アプリ調査のテスティー(東京・中央)と組み、5月8~10日に実施した。18~69歳のスマートフォンを持つ男女1533人から回答を得たという。
「フェイクニュースを見たことがある」と答えたのは34.4%で、実際に見たフェイクニュースとして「震災でライオンが動物園から逃げた」(50代女性)など問題となったフェイクニュースを挙げた人も多かった。
またフェイクニュースの拡散経験の質問では、「リツイートやいいねなどをした」人は20.5%だった。「SNSで拡散しなかったが、友人や家族に話した」人は23.7%に達した。
「フェイクニュースを見破る自信があるか」という質問に対しては、「自信がある」と答えた人は50代が2.8%。一方、20代は9.5%、10代が11.1%と若い年代ほど見破れる自信が高かった。

つか、事実や真実がいままでの常識を完全に覆してしまったとき、フェイクニュースと思わせてトラウマになるのを回避させてるのでは?w

たぶん、これがフェイクニュースが溢れかえっている理由だw

もっといえば北朝鮮のフィクションなどは突然崩壊させることができないので、いままで通りのフェイクニュースを流すことで大衆がパニックを起こすのを回避してるのでは?フェイクニュースはプロパガンダのことだなw

「梢(Treetops)プロパガンダはエド・ハーマンと私がいちばんコメントしてるものだ。 エリート・メディアのこと教育を受けて意思決定を行う者が多く含まれている層を対象にしている。 その人たちが従うような一般的な枠組みと議題を設定する。 草の根(Grassroots)プロパガンダは下品な大衆が対象。彼らが所属してない公の議論に干渉しないように 注意を逸らし考えないようにさせる。」

大衆を受け身で従順にする賢い方法

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。