弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

737 MAX 8の墜落原因はFAAとBoeingの回転ドアだと内部告発w update4

回転ドア(revolving door)とは

737MAX型機のシステム欠陥、2017年に判明 経営陣に伝わらず 2019年5月6日 12:41
米シアトルにある米航空機大手ボーイングの工場の滑走路に駐機した737MAXの飛行試験機9型機(2019年3月22日撮影、資料写真)。(c)STEPHEN BRASHEAR / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP
【5月6日 AFP】(更新)米航空機大手ボーイング(Boeing)は5日、墜落事故が相次いだ737MAX型機について、失速警報装置に欠陥があることを同社技師が2017年に確認していたと発表した。乗客乗員189人が死亡したインドネシアの格安航空会社(LCC)ライオン航空(Lion Air)機墜落事故の1年前には、問題が認識されていたことになる。
【図解】2度の墜落事故を起こしたボーイング737MAX8型機
 ただしボーイングは、経営陣が欠陥について知らされたのは昨年のライオン航空機の事故発生後だったとしている。737MAX型機はその後、エチオピア航空(Ethiopian Airlines)の同型機が今年3月に墜落し157人が死亡した後になって運航が中止された。
 ボーイングによると、737MAX型機には翼と対向する空気の流れの角度「迎角(AOA)」を検出するセンサー2つの情報が一致しなかった場合、操縦士にAOAの不一致を知らせる警告装置が標準搭載されているはずだった。しかし、この装置はオプションの計器を追加購入しないと作動しない仕組みになっていたという。
 ライオン航空とエチオピア航空はいずれも計器の追加購入をしておらず、安全装置が機能しない状態だった。
 欠陥のあるAOAセンサーから送られた情報によって失速防止システム「MCAS」が不必要に作動したため、操縦士が高度を保とうとしても機首が下がり続け、墜落事故を引き起こした可能性がある。
 ボーイングの声明は「2017年、737MAX型機の納入が始まって数か月のうちに、737MAX型機のコックピット表示装置のソフトウエアがAOA不一致を警告するのに必要な条件を正しく満たしていなかったことを、ボーイングの技術チームが確認した」と説明している。
 ボーイングではシステムの見直しを行ったが「AOA不一致の警告が作動しなくても機体の安全性や操縦に悪影響はない」と判断し、「コックピット表示装置のソフトウエアの次回更新」で措置を講じるまで「既存の機能のままで問題ない」と結論付けたという。「会社上層部はこの見直しに関与しておらず、ライオン航空機事故後に初めて問題を知った」と同社は釈明している。(c)AFP

欠陥をテロに応用されたw

必死なウソw

「エチオピア航空のパイロットは墜落する前にソフトウェアを再起動していた。」

After the fatal crashes of two 737 Max jets in less than five months, there is new scrutiny on the regulator’s close relationship with Boeing. The F.A.A. relies on Boeing employees to help certify the airworthiness of its aircraft, a system that critics say creates conflicts of interest.
迎角センサーからの信号が攻略ポイントだなんてFAAの職員にわかるはずもなく…。

737 MAX事故機、「アドオン」扱いの安全装置を搭載せず
Charlotte Jee
2019年03月25日 07時27分更新
記事提供:MIT Technology Review
ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、通信システムや航行システム、安全システムといった航空機を運航する上で必須となる機能を「アドオン」として販売する慣行が、航空業界では蔓延しているという。
断言はできないが、もしそうした機能が搭載されていたら、墜落したエチオピア航空やライオン・エアのパイロットも計器の誤りを検知できたかもしれない。737 MAXは現在、世界中で運航停止となっており、事故調査官はボーイング737 MAXに搭載されている新たな失速防止ソフトウェアを詳細に調査している。MCASと呼ばれるこのシステムは、飛行機の失速を防止するために機首を自動で下げることを意図したもので、737 MAXの大型化したエンジンのバランスを取るために搭載された。
737 MAXのアドオンの1つである「迎え角表示器」は、対向する空気に対して、機首が上向きか下向きかどうかを決定する2つのセンサーの測定値を表示する。他に、これらのセンサーの測定値の整合性が取れないときに点灯する「不一致灯」がある。ニューヨーク・タイムズ紙によると、3月初めにエチオピアで墜落した航空機、および昨年10月にインドネシアで墜落した航空機のコックピットには、これら2つのシステムが搭載されていなかったという。エチオピア航空もライオン・エアも、これらの機能を購入しないことを選択したわけだ。航空会社の多くは節約のためにこうした機能を購入しておらず、規制当局も航空各社に購入を要求していない。
ここ数年で最悪の航空機事故の1つに数えられる事故の渦中にいるボーイングは、現在、米国司法省の調査を受けており、対応に追われている。ボーイングは、来年にも新機種モデルにソフトウェアのアップデートをリリースすることを確約しており、今後はすべての737 MAXに不一致灯を標準搭載すると表明した。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。