弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「ポンコツ戦闘機」F35Aのフライトレコーダーのビーコンは通常水深2千メートルまで探査可能w。理想的な状況では最大水深5千メートルw update9

三沢基地のF35Aがステルスなのにレーダーから消えーた?w

F35A墜落「空間識失調」 機体異常の可能性低い
2019/6/10 12:48 (JST)6/10 12:52 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
墜落した航空自衛隊のステルス戦闘機F35A
 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故で、空自は10日、操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥り、墜落した可能性が高いとする中間報告を公表した。「機体に異常が発生した可能性は極めて低い」として、操縦士への教育や訓練、機体の点検を徹底し、見合わせていた同型12機の飛行を近く再開させる。
 空自によると、たまたま飛来した米軍機との距離をとるため、操縦士は4月9日午後7時26分ごろ、地上管制から指示を受けて、高度約9600メートルから降下を始めた。

「F35Aは、AI(人工知能)を含め、最新の電子機器を搭載…」
AI搭載のブラックボックスの塊で何もわからないはずだったのに、その攻略方法を見つけられてしまった…みたいな記事w

空自F35A墜落機、2度不具合 17、18年の飛行で緊急着陸
2019/4/11 21:114/11 22:09updated ©一般社団法人共同通信社
青森県沖に墜落した航空自衛隊のステルス戦闘機F35A
 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、当該機は2017年と18年の過去2回、飛行中に不具合が発生し、緊急着陸していたことが11日、分かった。衆院総務委員会で防衛省が明らかにした。いずれも関連部品を交換した後、異常がないことを確認したという。防衛省は事故との関連性については言及を避けた。
 総務委で原田憲治防衛副大臣は、墜落事故と不具合の関係性について「コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。昨年に閣議了解したF35を105機、新たに取得する方針について「現時点で変更する考えはない」と強調した。
そもそもポンコツだったのだからとの「コメントは差し控えたい」防衛副大臣w

東京新聞の半田記者が「F35はポンコツ」認定w
イソコはF35Aについて語らないのか?w

【「ポンコツ戦闘機」F35、こんなに買っちゃって本当に大丈夫?】w

The aircraft crashed in waters whose depth reaches about 1,500 metres (4,920 ft), making recovery, particularly of its flight data recorder, or black box, difficult, the official said.
「墜落した地点の水深は約1500㍍に達するので、特にフライトデータレコーダ、ブラックボックスの発見を困難にしてる。」w

Underwater locator beacon

Maximum detection range
A 37.5 kHz (160.5 dB re 1 μPa) pinger can be detectable 1–2 kilometres (0.62–1.24 mi) from the surface in normal conditions and 4–5 kilometres (2.5–3.1 mi) under ideal conditions.[9][10]

「37.5kHzのビーコンは通常水面から1から2㌔まで検出可能で、理想的な状況では4から5㌔まで探査可能」w

おいおい。空自はウソぶっこくなよ。さっさと探せ。水深1500㍍なんて楽勝なんだぞ。

F35AもMH370の時のようにフライトレコーダのビーコンのバッテリー切れというストーリーになるのか?

わかった。MH370便の残骸がモザンビークで発見された件の再現なんだわw
これも Stuxnet がらみ?w
MH370便とスンニ派のマレーシア

ディープステイトは国家を超えて多国籍企業のようにグローバルに存在する。もし日本で解析できた場合、フライトレコーダーのデータは改ざんされてしまうでしょーなw。MH17便のフライトレコーダーをロシアが持って帰って独自解析したのを思い出したw

ステルス機「F35A」2機 きょう韓国到着=4月以降に配備へ
2019.03.29 05:30
【ソウル聯合ニュース】韓国空軍が運用を開始する予定の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」2機が29日午後、中部の忠清北道・清州の空軍基地に到着する。 
 韓国がステルス戦闘機を保有するのは初めて。
 韓国空軍は昨年、米国で6機のF35Aをロッキード・マーチンから引き渡された。今回韓国に到着するのはこのうちの2機。4~5月に実戦配備される予定という。
 来月以降も2機ずつ韓国に運ばれ、年内に約10機が実戦配備される予定だ。 
 軍の関係者は「2021年までに、政府が注文した40機のF35Aが全て予定通りに実戦配備されるだろう」と伝えた。 
 F35Aは最高速度マッハ1.8、作戦半径1093キロで、空対空ミサイルや統合直接攻撃弾(JDAM)、小直径爆弾(SDB)などを搭載。敵のレーダーに捕捉されないステルス能力を備えている。
 韓国政府は2014年3月に同機40機を7兆4000億ウォン(現在のレートで約7163億円)で購入することを決定した。
 韓国空軍のパイロットは2017年末から米国に派遣されて訓練を受けており、昨年7月にはアリゾナ州のルーク空軍基地で初めて同機の単独飛行を行った。
 一方、F35Aが韓国に到着することで、北朝鮮がどのような反応を見せるかも注目される。
 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は1月20日付の紙面で、韓国がF35Aを導入することを批判し、関係改善のムードを壊す可能性があると指摘した。
yugiri@yna.co.kr
あ、行方不明になった空自のF35Aを発見w。これは亡命じゃなくて納品だわ。墜落したことにして韓国に納品したんだw
3等空佐はゴムボートで玄界灘付近から帰国すると思われw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。