弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

F-35って強くないんじゃね update10

米会計検査院(GAO)がF35の低いエンジン性能を酷評。
あーだめだー。またしても騙される三菱重工。

‘Every F-35 a country buys from Lockheed Martin damages its defense’
「ロッキード・マーチンからF-35を購入したすべての国は防衛力が低下する。」

RT「F35は接近戦、空対空、爆撃、偵察の複数の役割を担えて、強そうに見えるけど…」
ピエール・スプレイ「批評は正当なものだ。戦闘機は接近戦、空対空、爆撃をこなす為に販売されるが実際はその3つの機能が全て劣っている。」 w

ピエール・スプレイ「1980年代中に開発を開始した大昔の悪い設計で、単純に古い。電装系がもっともっと必要で、もっともっと複数タスクをこなさなければならない。どんどん時代遅れで悪くなった。ユーロファイターに劣っていて、中国と露の最新鋭機に劣っているのは間違いない。」

はやり日中戦争が勃発するのはポンコツF35とオスプレイの配備が完了して旧型が処分されたときだな。そのときの日本の防衛力は1980年代中頃まで劣化してるのだ。

IHI、東京・瑞穂工場に「F35」戦闘機向けエンジン工場新設

掲載日 2014年12月09日
IHIは航空・宇宙事業の瑞穂工場(東京都瑞穂町)に次期戦闘機「F35」に搭載するF135ターボファンエンジンの組立工場を新設する。米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)によるエンジン製造に、下請生産として参画するために必要な基盤の整備と維持管理などに関する業務について、防衛省と随意契約した。契約額は243億円。

 IHIは2013年10月に今回の契約前提となる、米国政府が認めた米P&Wとの技術援助契約を締結。有償軍事援助(FMS)契約で航空自衛隊が調達するエンジンの一部組立工場について検討を重ねてきた。機密性が高く、セキュリティー対策を施した別棟が必要になると判断した。瑞穂工場内に地上5階建ての工場を建設。エンジン組み立て、試運転場を整備する。延べ床面積は約1万4000平方メートル、建築面積は5448平方メートル。すでに一部着工しており、16年3月末に完成する予定。
 防衛省は11年12月に「F4」戦闘機の後継機として「F35」42機を取得し、一部の完成機輸入を除き、国内企業が参画することを決定。米政府との調整を踏まえ機体の最終組立やエンジン部品、レーダー部品の一部製造参画を決めた。

なんだ、IHIはいちばん壊れるとこを押し付けられたか。

F35の開発、三菱重の参画が遅れる可能性=関係筋

2014年 08月 4日 19:57 JST
[東京 4日 ロイター] - 最新鋭ステルス戦闘機「F35」開発計画への三菱重工業(7011.T: 株価, ニュース, レポート)の参画が遅れる可能性があることが、2人の関係者への取材で分かった。費用負担をめぐる日本政府内の意見対立が背景。

三菱重は、F35開発に参画している英BAEシステムズ(BAES.L: 株価, 企業情報, レポート)との後部胴体供給をめぐる合意について、再交渉する必要も出てくる可能性もある。

政府内での意見対立は、費用負担を支持する官僚と、財政赤字削減へ歳出を抑制したい財務省関係者の立場の違いを浮き彫りにした。

三菱重の広報担当者はコメントを差し控えた。BAEの広報担当者からもコメントは得られていない。

菅義偉官房長官はこの件についてのコメントを差し控える一方、F35の計画への参画が日本の技術基盤の高度化と国内産業の育成に役立つ、との見解を示した。

欠陥がバレーたからだな。

コラム:最新鋭ステルス戦闘機「F35」の宿命的欠陥
双発エンジンにしなかったのは致命的。単発で双発の推進力を要求され同じ場所でエンジンが壊れる。重すぎで従来の戦闘機より劣るw

小野寺防衛大臣、F-35の増備を検討、アジアの整備拠点誘致にも意欲

配信日:2014/07/09 21:30 - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカを訪問中の小野寺五典防衛大臣は2014年7月9日、ロッキード・マーティン・テキサス州フォートワース工場視察後の記者会見で、F-35の増備を検討するとの考えを明らかにしました。

小野寺大臣はF-35の組み立てラインや完成機を視察し、同機の優秀性を確認し、F-35の国際共同生産に日本が関わるため防衛省としてサポートすると話しました。また、購入機数について当初42機としていますが、日本が生産に関わり、量産によりコストが下がればF-15の後継機として増備を検討するとしています。

アメリカ以外にF-35の組み立て工場が設置されるのは、イタリアと日本だけであり、愛知県小牧の工場がアジアの整備拠点「リージョナル・デポ」としての役割も果たすよう体制を整えるとしています。

F-35の火災事故についてもアメリカ側からの説明を受け、日本への納入スケジュールやソフトウェアの開発スケジュールについても変更がないことを確認しました。

「アメリカ以外にF-35の組み立て工場が設置されるのは、イタリアと日本だけ」
すげー、三菱重工が整備するF35の通称は「サンオノフレ」じゃなくて「とちないかすみ」だな。

パソナは日本のブラックウォーター社なのか

しかし、おもいっきりハマってますなー。

F35をハリアーの後継しようと思ってたらエンジン故障w
英でのF35の値段は1機1億ポンド=173億円。
え?米で買うと100億円で日本のライセンス生産だと140億円なんだろ。
英のはもっと高い173億円w

F35は英173億円、日本140億円、米100億円

F35被害者の会ができそうだな。

げらげら。三菱重工が修理するからだな。
そりゃー、ただでさえ壊れやすいF35を三菱重工がメンテするとどうなるか。サンオノフレの蒸気発生装置みたいに振動して配管が破損するに決まってるだろ。

米ロッキード と三菱重工 、日本国内でのF35製造めぐる合意に署名

2013年 06月 19日 23:17 JST
[パリ 19日 ロイター] - 米航空防衛機器大手のロッキード・マーチン は19日、最新鋭ステルス戦闘機F35の最終組み立てなどを日本国内で行う計画について、三菱重工業 との間で作業に着手する合意に署名したと明らかにした。

パリ航空ショーでロッキードのバイスプレジデント、スティーブ・オブライアン氏が公表した。ただ、契約額に関する詳細は明かさなかった。

イタリアのF35組立施設の建設費用は8億ユーロ(11億ドル)と推計されている。

【航空】三菱重工、F35組み立てライン新設 愛知の工場に[13/03/19]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2013/03/19(火) 14:21:41.54 ID:???
航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス戦闘機F35をめぐり、 機体の組み立てを請け負う三菱重工業が小牧南工場(愛知県豊山町)に 生産ラインを新設することが19日、分かった。 今夏にも新設準備を始める。投資額は数百億円になる見通し。

政府はF35を42機調達する計画で、一部の完成機輸入を除いて国内企業が 組み立てや部品生産を始める。 エンジンの組み立てを担うIHIも瑞穂工場(東京都瑞穂町)内に 専用のラインを設置する方針で、最初の機体は2017年度末までに 完成させる予定だ。

小牧南工場は三菱重工の航空事業の拠点。11年にF2戦闘機の生産を終え、 現在は機体の補修などを行っている。

防衛省は13年度予算案でF35を国内生産する企業の支援費用として 830億円を計上。政府は3月、F35を「武器輸出三原則」の例外扱い として、国内調達分以外の機体、部品生産にも日本企業が参入できる道を 開いていた。

ソースは http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130319/mca1303191215018-n1.htm 航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス戦闘機F35 http://www.sankeibiz.jp/images/news/130319/mca1303191215018-p1.jpg

三菱重工が組み立てたF35は「サンオノフレ」という通称がつくんだろ。これからの展開が想像つくわな。

三菱重工、小牧南工場を刷新-「F35」組立工程整備

掲載日 2014年06月23日
【名古屋】三菱重工業は防衛省向け航空機の生産拠点である小牧南工場(愛知県豊山町)をスクラップ&ビルドで刷新する。今夏をめどに全7棟ある格納庫(工場棟)のうち2棟を建て替える。最新鋭戦闘機「F35」の最終組み立てラインや戦闘機「F4」の整備・修理ラインを整備する。総投資額は数百億円、国の防衛予算を含めると1000億円を超える見通し。

 旧第3格納庫の跡地にF4の新たな格納庫として使う「第8格納庫」(8格)を5月中旬までに完成。現在、既存の生産棟から8格に関連設備を移している。旧第3格納庫は建設から数十年が経過し「老朽化が進んでいた」(三菱重工関係者)ため更新を決めた。
 F35の最終組み立てラインは、現在の第1格納庫(1格)がある場所に今夏をめどに新設する。建屋にかかる費用は三菱重工が負担。内部の生産設備などについては国が拠出すると見られる。

 防衛省は2013年度予算でF35取得に関連し「国内企業参画に伴う初度費」として830億円、14年度予算では「国内企業参画の範囲を拡大することに伴う初度費」として425億円を計上。一部は今回の最終組み立てラインの生産設備に手当てされる見通しだ。

欧州軍需大手MBDAと三菱電、F35向けミサイル共同開発へ

2014年 07月 3日 19:36 JST
[東京 3日 ロイター] - 欧州軍需大手のMBDAと三菱電機(6503.T: 株価, ニュース, レポート)が、次期主力戦闘機F35向けミサイルを共同開発する見通しとなった。ハイテク化でコストが膨らみやすい兵器開発は、複数国で負担を分散する動きが主流になりつつあり、防衛装備品の輸出が解禁された日本のメーカーも参画が増えそうだ。

開発を検討しているのはF35への搭載を念頭に置いた空対空の中距離ミサイル。共同開発が可能かどうか、予備調査に着手する。事情に詳しい関係者は「まずはF35にも搭載可能なミサイルのフィージビリティスタディを始める」と話す。

F35は9カ国が開発に携わり、米国だけで約2400機、日本を含めた全世界で3000機以上の配備が見込まれる。敵に捕捉されにくいステルス性能を発揮するため、ミサイルは胴体内に格納する。

MBDAは、英独などNATO(北大西洋条約機構)4カ国が共同開発した戦闘機ユーロファイターに空対空ミサイルを供給している。英政府は同ミサイルの改良版がF35に搭載可能と考えており、誘導装置などに強みを持つ三菱電機に参画を呼び掛けている。

日本が他国と防衛装備品を開発するには、第三国への輸出ルールなどを定めた政府間協定が必要になる。英国とは2013年7月に締結済み。MBDAは英BAEシステムズ(BAES.L: 株価, 企業情報, レポート)、仏エアバス(AIR.PA: 株価, 企業情報, レポート)、伊フィンメカニカ(SIFI.MI: 株価, 企業情報, レポート)のミサイル部門が統合して誕生したメーカーで、今回はその枠組みのもとに共同開発を進める。

複数の関係者によると、7月14日から英国で開かれるファンボロー航空ショーで、日英政府の調整チームが初会合を開く予定だという。

日本は2011年の官房長官談話で武器の禁輸政策を一部緩和、同盟国の米国のほか、協定を結んだ英国とも開発が可能になった。英国との共同開発は、昨年合意した化学防護服に続き2件目となる。

今年4月には一定の条件を満たせば原則として輸出を可能とする政策に転換しており、日本政府は開発コストの低減、最新技術の取得という観点から、外国メーカーとの共同開発を増やしたい考え。

MBDAの広報担当者はロイターの取材に対し、すぐに回答できないとコメント。三菱電機の広報担当者は「政府の指示に従って対応する」としている。

(久保信博、ティム・ケリー)

ポンコツ戦闘機にへなちょこミサイルを搭載。

「F35が原因不明のエンジントラブルで着陸時間が8倍になった。」 ポンコツ杉。

F-35A aborts mission after catching fire on takeoff

【軍事】離陸中の米空軍F-35A戦闘機が出火、パイロットは無事脱出も機体は大きく損傷[6/27]
1 :キャプテンシステムρφ ★@転載は禁止:2014/06/27(金) 11:47:18.65 ID:???0
24日、フロリダ州のエグリン空軍基地の訓練のため離陸中のF-35A戦闘機から出火するという事故が起こりました。
パイロットは無事脱出し負傷者はありませんでしたが、
F-35Aは大きな損傷を受けたとのことです。

事件は滑走路を離陸中に起き、機体から出火しました。
パイロットはすぐに戦闘機を停止させ脱出、また消火班により火は消し止められました。

国防省は今回の事故について調査を介しました。


ほんとうにポンコツなんだ。しかも垂直離着陸するエンジンの部分。


防衛相、青森・三沢基地に「F35」配備(青森県)  小野寺防衛相は、青森県庁で三村県知事と会談し、次期主力戦闘機のF35を青森県三沢基地に最初に配備する考えを説明した。  小野寺防衛相は、航空自衛隊の次期主力戦闘機、F35について、2017年度以降、順次、三沢基地に配備し、最終的には約20機を置きたいと説明した。  防衛省はすでに6機分の購入契約を済ませている他、去年末に策定した「中期防衛力整備計画」に基づき、F35を2018年度までにさらに28機導入する計画。 [ 6/25 21:28 NEWS24]

えぇぇ。1機140億円のF35を20機で2800億円か。おまえー、またシャブ打って決めただろ。

Pentagon crashed more than 400 military drones
ペンタゴンが2001年からの通算で400機のドローンが墜落してると。

クラスAの事故が194回起きて損害は200万ドル。アフガニスタンとイラクと米国内。クラスBの事故は224回で50万ドルから200万ドルの損害。合わせて400万ドル4億円か。これは安いわー。

F35が1機140億円だから、これはもうドローンの時代到来だな。24時間3交代制のリアルゲーマーが大募集になるわけだ。ボーリング場のバイトの方がマシと言われてるけど。

400万ドル/(194+224)=9569.3ドル=約1万ドル。2400億円の予算があったらドローンを24万機買えるじゃないか。自宅ゲーマーをドローンの予備自衛官に採用すべき。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。