弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

GE日立がESBWRの蒸気乾燥器の設計データ捏造で270万ドルをDOEに支払う update7

Nuclear Regulatory Commission Approves License for DTE ESBWR at FERMI III
NRCがDTEエナジーにESBWR(フェルミ3号機)の建設許可をだしたけど予算が?
ESBWRの完成までに6年かかり、建設開始しても最短で2021年に稼働するまでの建設費用、5千万ドルから1億ドルを消費者から徴収することをミシガン洲が許可しないので建設に踏み切れないw
DOEの助成金てなくなったんだ。

米、日立・GEの次世代原子炉を認可へ 9月にも

1+1 :道芝 ★ [] :2014/07/07(月) 19:50:44.02 ID:???
米、日立・GEの次世代原子炉を認可へ 9月にも

 【ワシントン=川合智之】
 米原子力規制委員会は日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の 合弁会社が開発した新型原子炉の審査を終え、9月にも認可する方針だ。 「3.5世代炉」と呼ぶ次世代型原子炉で、認可を受ければ米国内での建設が 可能になり、海外展開の道も開ける。日立とGEは原子力発電所の新規導入を 計画するアジアや中東、欧州に売り込む。

 新型原子炉は、従来より安全性と経済性を高めた「ESBWR」(出力155万キロワット)。 GE日立ニュークリア・エナジー(米ノースカロライナ州)が設計した。

 格納容器の上のプールに水をため、全電源喪失事故の際には水が電気を使わずに 重力で自然落下する。電源が復旧しなくても核燃料の過熱を防げる。 第2世代炉にあたる福島第1原発の事故では全電源喪失で冷却ポンプが動かず、 炉心溶融(メルトダウン)に至った。

(中略)

 米国は世界最大の原発利用国だが、シェール革命でガス火力発電が脚光を浴び、 原発は新設計画撤回の動きもある。だが二酸化炭素(CO2)を排出しない特徴もあり、 米政府は原発推進の方針を変えていない。

 ▼3.5世代炉 1990年代以降に設計された原子炉。事故で電源が失われても、 自動的に原子炉が止まる「受動的安全設備」を持つのが特徴。日本では導入計画がまだない。

 海外では東芝傘下の米ウエスチングハウス(WH)の「AP1000」が中国で建設中。 仏アレバの「EPR」も中国や欧州で建設している。GEと日立の新型炉が認可されれば、 原子力大手の3.5世代炉が出そろう。今後の新規建設では世代交代が進むとみられる。

日本経済新聞 2014/7/7 13:38
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO73873020X00C14A7MM0000/

「格納容器の上のプールに水を溜め、電源喪失時に自然落下する。」 何これ。4号機の事故のときの現象そのものじゃないか。そしてプールの使用済み燃料が燃え始めるんだろ。

サウステキサスの東芝のUS-ABWRの耐震設計の設計ミスがあってキャンセルになって、サンオノフレの蒸気発生装置で三菱重工が設計ミスして振動で破損して廃炉になって、そして最後はESBWRの蒸気乾燥装置の設計データをGE日立が捏造。やるなー。

日立では「鉛筆舐めて書いちゃう」って言うんだよね。どこでもどの分野でも同じことやってるのか。

ESBWRの蒸気乾燥器ってPWRの蒸気発生装置のことなのか。サンオノフレの設計ミスがあったのでNRCはESBWRの蒸気乾燥器の振動が原子炉を破損しない論証を求めたらすい。そしたら野武士集団なので鉛筆なめたのか。

司法省によると「スチームドライヤーはBWR型で原子炉で発生した発電のための蒸気から水滴を除去するもの。」

ML120300012

GE日立の従業員の内部告発だった。GE日立はじゅうぶんなカネをDOEから貰っていて内部告発がなければ何も発覚しなかったと書いてある。なんだかなー。

司法省 General Electric Hitachi Nuclear Energy Americas Agrees to Pay $2.7 Million for Alleged False Claims Related to Design of Advanced Nuclear Reactor

GE Hitachi Nuclear Energy / ESBWR Steam Dryer Meeting / Open Session /March 19, 2013 ML13105A185


あらら。けっこうNRCに指摘されてますなー。指摘事項は解決されたことになってたけど内部告発で鉛筆なめーたのがばれーた。

「Model inconsistencies」うーむ。やっぱ日本メーカーって設計できないんだな。

設計料を鉛筆舐めてネコババしようとしたら内部告発者が現れて司法省に返せと言われた野武士集団。 このーきなんのき基地外のきー。

今ではキノコ雲を連想してしまいますな。

じゅうぶんな設計期間と資金を与えてもできないと思うぞ。設計と実装とよく言うのだけど日本は「設計」の言葉を間違って使ってるからなー。こういう設計ミスが起きると「実装の設計が必要だった。」などとイミフな会話が飛び交うのも事実。NRCの指摘事項を設計にフィードバックできないのさー。


BWRの蒸気乾燥器の歴史 ML13105A185の3ページ

Loose parts generated in Quad Cities 1 and 2 (see NRC IN 2002-26 and its supplements) attributed to high-cycle fatigue and significant acoustic resonance in steam lines at extended power uprate operation
「クアッドシティー原発1号機と2号機(BWR3型/イリノイ州)で蒸気乾燥器で(NRC IN 2002-26の部品参照) 高サイクル疲労と高出力運転時に蒸気配管の重大な音響共鳴に起因する部品の緩みが起きた。」
Industry actions taken to prevent recurrence include improved mechanical designs, development of advanced acoustical methods for predicting loads, detailed structural evaluations, monitoring of main steam lines, and rigorous inspection programs
「再発を防ぐために業界は機械設計の改善、負荷を防ぐ為の音響方式の改良、詳細な構造評価、主蒸気配管の監視と 厳密な検査を実施した。」
Steam dryer designs have improved over time as operating experience has been gained and replacement dryer designs are more robust and less likely to experience structural failure o See graphics on following slides (reference ML032390172) o OE is an ongoing process (e.g., see response to NRC Reactor Internals Audit Item 1, MFN 09-621, Oct. 8, 2009)
「蒸気乾燥器の設計は時間の経過と共に運転経験を通じて改善されていて 設計変更がより強固に構造的な破損を減らせることが経験からわかっている。」

あー、わかった。米司法省とNRCとDOEは浜岡(BWR)の再稼働はやめろと言ってるのだな。蒸気乾燥器が振動するんだわ。そして米のBWR3は設計を改良して別の蒸気乾燥器に交換してあるのだ。

共鳴現象による振動ってサンオノフレの蒸気発生装置でもあったやつだな。同じことがBWRの蒸気乾燥器でも起きる。そして米は設計を改良して交換した。浜岡つか土人のBWRは初期設計のままなので再稼働すると振動してヤバいよってか。

浜岡原発の安全審査は「厳しい基準で規制委が判断」と茂木経産相

2014.2.14 10:40
中部電力浜岡原発4号機=静岡県御前崎市

 茂木敏充経済産業相は14日の閣議後会見で、中部電力による浜岡原発4号機(静岡県)の再稼働に向けた安全審査の申請について「浜岡原発も他の原発と同様に原子力規制委員会で適切に審査が行われるものと認識している」と述べた。

 浜岡原発は、平成23年5月に菅直人首相(当時)の要請を受けて停止している。茂木氏は、この経緯を踏まえて「(原発の)安全性は菅さんや政治が決めるのでなく、独立した規制委が世界で最も厳しい新規制基準の下で判断すると法律でも決まっている」と強調した。

浜岡4はBWR5型で、 BWR3型(イリノイ州のクアッドシティー原発1号機と2号機)と 後継機で最新型のESBWRでも蒸気乾燥器の設計ミスがあるので 浜岡4にもあると言ってる訳ですな。

そういえば伊方3を再稼働しようとした時もサンオノフレの問題が起きましたな。米は総力を上げて日本のポンコツ設計を糾弾してると言えるでしょう。

米NRCがGE日立のESBWRの米国内使用許可を出した。げ。

The agency is currently reviewing two combined construction and operating licence applications referencing the GEH design. Detroit Edison is seeking a licence for Fermi 3 in Monroe County, Michigan, which GEH said is expected to be issued in 2015. Dominion Virginia Power is seeking a licence for North Anna Unit 3 in Louisa County, Virginia, which GEH expects to be issued in 2016.
デトロイト・エジソンがミシガン州のモンローカントリーのフェルミ3号機にESBWRを2015年ライセンス取得を検討中。ドミニオン・バージニア・パワーもバージニア州ルイサカントリーのノースアンナ3号機を2016年ライセンス取得を計画中。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。