弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

大津市民病院「ERおおつ」の救急医が一斉退職で何かをアピール。ドクターヘリ。産科は休止。介護施設は廃止。2600万円横領。市民税課でも横領w update3

ダイハツムーヴキャンバスの自動ブレーキが日産ノートに衝突されて効かなくなり散歩中のレイモンド淡海保育園の園児の列にアクセルで突っ込む…

救急医たちは一斉退職で何かアピールしてる…。

市民病院で救急医が一斉退職へ 診療体制の維持に危機 6/8(土) 21:04配信 朝日新聞デジタル
救急診療が困難に直面している市立大津市民病院=2019年6月7日午後1時13分、大津市本宮2丁目
 大津市の地方独立行政法人・市立大津市民病院で、救急医療に携わる医師の大半が一斉に退職することが、滋賀県幹部らへの取材でわかった。院内の救急以外の医師で対応する一方、近接する複数の病院に応援を打診している。しかし医師不足を解消し、診療体制を維持できるかは不透明な状況だ。
【写真】24時間対応の救急外来「ERおおつ」の出入り口
 市民病院は、救急外来「ERおおつ」が24時間態勢で、休まずに救急患者を受け入れている。集中治療室(ICU)に8床あり、屋上のヘリポートではドクターヘリが離着陸できる。
 市消防局によると、昨年1年間に救急搬送した約1万6千人のうち、24・7%にあたる4044人は市民病院が受け入れたという。
朝日新聞社




産科医の半数退職、お産休止へ 全国的不足も影響、大津市民病院
大津市民病院(大津市)
 地方独立行政法人・市立大津市民病院(大津市本宮2丁目)が6月1日から当分の間、院内での分娩(ぶんべん)(お産)を休止することが15日、分かった。産婦人科医の退職が相次ぎ後任が確保できないためで、受診者には近隣で分娩できるよう他の医療機関を紹介するという。
 昨年度の分娩実績は218件。同病院は「ご迷惑をおかけする。態勢を整えて、再開できるよう努めたい」としている。
 同病院によると、6人の産婦人科医のうち1人が3月末に退職し、さらに2人が5月末に退職することになった。大学医局に医師の派遣を要請しているが、全国的な産科医不足もあって後任が決まらないという。
 現在受診中で6月以降に出産を予定する妊婦66人には、他病院を紹介する。周産期医療を担当する滋賀県健康寿命推進課は「近隣の医療機関でカバーできる」とみている。分娩以外の婦人科の診療などは続ける。
 同病院は、生活保護受給世帯などを対象に市が出産費用を助成する「助産制度」の指定施設。市内には他に指定施設がないため、休止の間、制度利用者は他市の指定病院で出産することになるという。
 同病院は2017年4月、大津市が100%出資して地方独立行政法人に移行した。分娩の休止は産婦人科を開設した1949年以来初めて。
【 2019年04月16日 10時00分 】
4月に産科が休止…

2018年3月に介護施設廃止…


「大津市民病院官製談合事件。その陰で病院職員による2600万円以上の横領。市民税課での横領事件。」w

大津市民病院つか、大津市の不正会計の問題w。たぶん救急医たちは何をさせられていたのか気付いてしまったな。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。