弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

米信用調査機関EquifaxがStruts2脆弱性を放置して1億4300万人分のデータ流出。

2017年9月7日 米信用調査機関 Equifaxが約1億4300万人の米国内消費者に影響する可能性があるサイバー・インシデントを発表。

「伝えられたところによると、Equifaxハッカーが260万ドルのビットコインを身代金として要求した。」とーか。ビットコインを身代金に要求したかぁ。もろヒントになってますな。

うーむ。Equifaxのデータ流出はStruts2脆弱性といい、劇団型くさいなw。アリバイ作り?
広告(adware)経由で露の5千台と4千台のPCがマルウェアに感染して月に3万ドルの暗号化通貨をマイニングする。電通だわw。

以前、無意味にStruts2へのバージョンアップを要求してきたのはこの脆弱性を使いたかったからだわ。 そ―いえば電通がS2StrutsとかSAStrutsだの開発してたよなw。 油断も隙もないw。
【緊急警戒】#Vault7 報復がはじまる。都の自動車税とジェトロと特許庁にサイバー攻撃。ターゲットは阿武孝雄と警察庁のマネロン。ジェトロは板橋功か?。これは訓練ではない。

何を打ち込んでも漏洩してると答えるチェッカー登場w。

だからね。Struts2のF/W自体が脆弱性だらけの仕込みだったのさw。

なんだそれw。

げ。struts2の脆弱性かぁw。土人か?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。