弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

越前丸が洋上に35日間いたのにCOVID-19に感染してしまうの怪… update9

【汚染水と核燃料とホルモン様物質とサイトカインストーム】

たぶんコロナウィルスはサイトカインストームのトリガーになっているだけなので、コロナウィルスに効く抗体は短期間で減少してるのだろう…。 問題は核燃料による被曝症状で血管がもろくなっていることと、核燃料が体内でホルモン様物質に誤認識されてサイトカインストームが起きることだ。 ヒトの身体のサイトカインは数百種類あるらすい。人工知能を駆使して発生するたびに体内のホルモン様物質を中和する薬品を開発することになる。 この開発競争にはふつうに人類滅亡がかかっている。 1つめを回避できても2つめの核燃料がサイトカインになるだろう。いや、どうせ数百種類しかない。それぞれの対応方法を人工知能で予測対処することは可能なはずだ…

海上35日間でコロナ感染の謎、経路不明の漁船クラスター アルゼンチン
2020年7月14日 13:28 発信地:ブエノスアイレス/アルゼンチン [ アルゼンチン 中南米 ]
海上35日間でコロナ感染の謎、経路不明の漁船クラスター アルゼンチン
世界最南端の街として知られる、アルゼンチン南部ティエラデルフエゴ州の州都ウスアイア(2007年3月31日撮影)。(c)JUAN MABROMATA / AFP
【7月14日 AFP】アルゼンチンの漁船で出航前に行われた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査では、乗組員全員が陰性だったにもかかわらず、35日間海上にいる間に57人が感染したことが判明し、当局が感染経路の解明を試みている。
 同国南部ティエラデルフエゴ(Tierra del Fuego)州保健局の13日の発表によると、漁船「エチゼンマル(Echizen Maru)」は出航前、乗組員全員が義務として14日間、ウスアイア(Ushuaia)のホテルで隔離生活を送り、新型ウイルスの検査結果はそろって陰性だった。
 ところが最近になって数人に典型的なCOVID-19の症状がみられたため、ウスアイアに帰港。新たな検査で乗組員計61人のうち、57人に感染が確認されたという。2人が入院しているという。
 同州の緊急対策委員会によると残る4人は、2人が陰性と判明、他の2人は検査結果を待っている。
 同州保健局長のアレハンドロ・アルファロ(Alejandra Alfaro)氏は「洋上に35日間いた中でどうやって感染したのか、確証をつかむのは難しい。陸地との接触は全く無く、物資もウスアイアから積み込まれたものだけだった」と述べた。保健局では、感染状況を時系列で追うために、乗組員の症状の経過を調べているという。
 アルゼンチンでは12日時点で新型コロナウイルスの感染者が10万人を超え、死者は1859人に上っている。感染の大半は首都ブエノスアイレスで起きている。(c)AFP

「血管に炎症が生じて血液が凝固しやすくなるため、肺動脈の閉塞を引き起こし、最終的には心不全に至る可能性がある」…

サイトカインストームな血栓症状…

「全身性血管炎症」

Vascular(血管) inflammation(炎症)

ML15239B272.pdf

Cytokines

Chemical agents that are secreted by certain cells and act on other cells (such as the lymphocytes). Several hundreds have been identified. They bind to specific receptors in the type of cell to which they are destined. Alongside hormones, antibodies etc., they play an important role in intercellular communication. Two of them are mentioned in the report: Transforming growth factor β (TGF β ), and tumor necrosis factor α (TNF α ).

「サイトカイン。特定の細胞から分泌され、他の細胞に作用する化学物質(例えばリンパ球)。 数百種類が確認されている。それらは運命づけられている細胞の特定の受容体のタイプに作用。一緒にホルモン、抗体などが細胞間コミュニケーションで重要な役割を果たす。報告では成長因子β(TGFβ)と腫瘍壊死因子α(TNFα)の2つに言及。」w

放射能が環境ホルモンのようにサイトカインとして身体で誤認識されてサイトカインストームが起きる。 環境ホルモンによるアレルギー症状が、放射能によるサイトカインストームにエスカレートした。エボラもCOVD-19も。 このホルモン様物質を特定して中和すればCOVID-19の特効薬になるらすいのだけど数百種類が存在する。どの核種が血管に炎症を起こすのだろう?

ML102370870.pdf

DU(劣化ウラン)のサイトカイン症状に似てる…。 過去にエボラが発生した場所とウラン鉱山は関連があるw。IAEAがエボラの特効薬を提示できたのは核燃料の被曝症状だったからw

なぜ今なのかと問えば、3号機のプルトニウム239がアメリシウム241に崩壊して増えてるからだろう…

ML120410417.pdf

TOXICOLOGICAL PROFILE FOR URANIUM U.S. DEPARTMENT OF HEALTH AND HUMAN SERVICES Public Health Service Agency for Toxic Substances and Disease Registry September 1999

cardiovascular(心臓血管)

Evidence from animal studies suggests that high radiation doses associated with large intakes of 234 U and 235 U-enriched uranium compounds can be hazardous. Adverse effects reported from such exposures include damage to the interstitium of the lungs (fibrosis) and cardiovascular abnormalities (friable vessels).
「動物実験の結果、234Uと235Uの濃縮ウラン化合物の大量摂取に関連する高線量は危険である可能性を示唆しています。そのような暴露から報告された悪影響には、肺の間質(線維症)および心血管異常(血管がもろくなる)がある。」

プルトニウムつか濃縮ウラン燃料の障害…、とはいえウランもプルトニウムに崩壊するわけだから

カザフ政府が否定する「2日で死亡するカザフ肺炎」の解読… 


これから増加するアメリシウム241

キノコ雲になった1F3が撒き散らした大気中のプルトニウム239がアメリシウム241に崩壊して、大気中の放射線は毎年急上昇していく。水の水素が重水素やトリチウムに核変。トリチウム水の三重点温度上昇で気象は過激化。トリチウム水の重水素とトリチウムが、落雷で核融合つか自然の純粋水爆現象を起こしてる。希ガスで即死するもの。血管の炎症でゆっくり死んでいくもの…。これが惑星全体で進行してる。あらゆる生物が死滅していく。これが惑星全体の滅亡シナリオ…

たぶん2020年は象が大量死するレベル…

WHOとIAEAの手に負えない状況になりつつある…

まだそのフィクションを続ける?そろそろ再処理工場の中より外の方が汚染されてるのでは?w COVID-19の感染を免れるために六ヶ所再処理工場の中にに避難するときがくるな…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。