弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

さいたまで「インフルエンザ迅速検査A型陽性」のエボラ患者発生「患者の検体を国立感染症研究所(村山庁舎)にて検査中です。」w update3

エボラを輸入して武蔵村山市に保管する理由…(2019年7月1日)

さっそく起きたのか…

mhlw.go.jp→エボラ出血熱の感染があり得る患者の発生について

報道関係者各位
エボラ出血熱の感染があり得る患者の発生について
昨日、埼玉県において、コンゴ民主共和国滞在歴があり、帰国後に発熱の症状を呈した患者が確認されました。この方については、7月31日の帰国後、検疫所において毎日2度の検温などの健康監視をおこなってきました。エボラ出血熱への感染の有無を確認するため、患者は既に東京都の医療機関に入院済みであり、患者の検体を国立感染症研究所(村山庁舎)にて検査中です。 なお、国立感染症研究所での検査結果については、判明次第公表することとしていますが、現時点では感染は確認されておらず、検査結果が陰性となることも十分にあり得ます。
概要
(1) 年代: 70代
(2) 性別: 女性
(3) 居住都道府県:埼玉県滞在中
(4) 症状:8月3日5時頃に38.2度、同日17時50分頃に38.5度の発熱。
       同日19時頃には39.2度まで上昇した。
(5) 滞在国:コンゴ民主共和国
(6) 滞在国での接触歴:本人からの報告によればエボラ出血熱患者との接触はない。
(7) 他の感染症の罹患の有無:
   マラリア迅速検査 陰性、インフルエンザ迅速検査 A型陽性
(8) 入院先医療機関の所在都道府県: 東京都

「インフルエンザ迅速検査 A型陽性」のエボラ患者w

「患者の検体を国立感染症研究所(村山庁舎)にて検査中です。」w

埼玉の女性、エボラ疑いで検査 2019/8/4 10:21 (JST)8/4 10:52 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 厚生労働省は4日、コンゴに滞在歴がある埼玉県の70代女性が3日に38度以上の熱を出し、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして、東京都の医療機関に入院し、検査していると発表した。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。