弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

dsee7でスレーブ環境の構築

久しぶりにdsee7の導入などやってみた。 通常の導入ではなく既に導入されてるWin2k8R2のVirtualBoxの仮想ディスクをコピーしてきて 再構成を試みる。

これ

# /opt/SUNWdsee/dscc6/bin/dsccsetup dismantle
# /opt/SUNWdsee/dscc6/bin/dsccsetup initialize

Oracle Directory Server Enterprise Edition(Windows)のインストール[Vol.2] [DSEE7]
Sun Java System Directory Server Enterprise Edition 7 インストール手順 #1

手順などこんなかんじで問題なく再構成できるはずだった。 dsee7の導入手順など巷にあふれていて問題などないはずだと思うのは完全に先入観念w

dsccsetup initializeとかunregとか何をやっても cacaoのプロパティに書いてあるバインドするIPは書き換えられないので cacaoは空振りして起動しないという障害が起きるw

C:\dsee7\ext\cacao_2\etc\cacao\instances\default\private\cacao.propertiesの

http://com.sun.cacao.network .bind.address=192.168.x.x
ここを手メンテw

さらにTomcat5がバグってレプリケーションアグリーメントできないw dsee7があまりにも不安定でトラブりまくるので手順書にならない。 レプリケーションがうまくいかないのは単純にWindowsのファイアウォールが原因。

cacao2のサービスの残骸が残る。消すと二度と登録されないのでscコマンでで変造w

sc delete Common_Agent_Container_2_hoge_default
sc create Common_Agent_Container_2_hoge_default binpath=  "C:\dsee7\ext\cacao_2\lib\tools\cacaosvc.exe  C:\dsee7\ext\cacao_2\bin\cacaoadm.bat start -i default" start= auto  displayname= "Common Agent Container 2 (hoge:default)" obj=  .\Administrator password= hogehoge
「binpath= "C:\dsee7」みたいに=のあとに半角スペースが必要w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。