弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

android-i686(ZenPhone2)なdnscrypt-proxy-1.7.0をNDKでビルドする。

DNSCryptで土人の伝家の宝刀「DNSスプーフィング」を封じ込めて民主主義を獲得できるのか?評価ちうの続き。

前のdnscrypt-proxy-1.6.1はxdaから拾って使ってたのだけどw、今回はdnscrypt-proxy-1.7.0をNDKでソースからビルドしてみる。

https://download.dnscrypt.org/dnscrypt-proxy/に dnscrypt-proxy-android-i686.zipがないのだな。なのでNDKでビルド。

最新のNDKをダウンロードして展開。展開場所はあとで環境変数で指定する。

最新のlibsodiumをダウンロードして展開して環境変数を設定してビルド。

$ tar -zxvf libsodium-1.0.11.tar.gz
$ cd libsodium-1.0.11
$ export ANDROID_NDK_HOME=/somewhere/android-ndk-r13b
$ sh dist-build/android-x86.sh
略
Refusing to clobber existing install directory: /home/ugya/src/DNSCrypt/libsodium-1.0.11/android-toolchain-i686.

make-standalone-toolchain.sh used to install a new toolchain into an existing
directory. This is not desirable, as it will not clean up any stale files. If
you wish to remove the install directory before creation, pass --force.
なにやらエラーになるので、
dist-build/android-build.shを編集して--forceオプションを追加w
bash $MAKE_TOOLCHAIN --force --platform="$NDK_PLATFORM_COMPAT" \  
略
if [ "$NDK_PLATFORM" != "$NDK_PLATFORM_COMPAT" ]; then
略
  bash $MAKE_TOOLCHAIN --force --platform="$NDK_PLATFORM" \

再びdist-build/android-x86.shを実行。

$ sh dist-build/android-x86.sh

dnscrypt-proxy-1.7.0.tar.gz をダウンロードして展開。環境変数を設定してビルド。

$ tar -zxvf dnscrypt-proxy-1.7.0.tar.gz
$ cd dnscrypt-proxy-1.7.0
$ export ANDROID_NDK_HOME=/somewhere/android-ndk-r13b
$ export SODIUM_ANDROID_PREFIX=/somewhere/libsodium-1.0.11/libsodium-android-i686
$ sh dist-build/android-x86.sh
略
  adding: system/etc/dnscrypt-proxy/dnscrypt-resolvers.csv (deflated 71%)
dnscrypt-proxy has been installed here:
/somewhere/dnscrypt-proxy-1.7.0/dnscrypt-proxy-android-i686
The dnscrypt-proxy ZIP file has been placed here:
/somewhere/dnscrypt-proxy-1.7.0/dnscrypt-proxy-android-i686.zip
でけた。

AFWall+に付属するiptablesからnatテーブルがなくなったみたいだw
以前のバージョンのiptablesは/system/xbin/iptablesに残ってるよーなので、 こっちを使えば53番ポートのアクセスをNATでdnscryptに転送できる。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。