弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【仮設③】ひき逃げ事故を偽装して死体を処分するケーサツを自白?「列島警察捜査網 the 追跡 2019 冬の事件簿」w update1

熊谷小4死亡ひき逃げ、証拠品の腕時計を紛失 熊谷署で保管、捜査段階で紛失か 県警、経緯を調査 1/5(土) 3:30配信 埼玉新聞
埼玉県警察本部=埼玉県さいたま市浦和区高砂
 2009年に埼玉県熊谷市で発生した死亡ひき逃げ事件で、県警が証拠品として押収した腕時計がどこにあるか分からなくなっていることが4日、分かった。県警は紛失したとみて、調べている。
 紛失したとされる腕時計は、同年9月に熊谷市本石の市道で発生したひき逃げ事件で、死亡した小学校4年の小関孝徳君=当時(10)=が身に着けていたとみられるもの。男児をはねた車両はいまだ見つかっておらず、9月に時効を迎える。
 県警は事件発生当時、証拠品として腕時計を押収。熊谷署で保管していた。押収したものの一つとして記録にも残していたが昨年10月ごろ、紛失したことに気付いた。捜査を進める段階で紛失した可能性があるという。
 県警交通捜査課の小久保和浩次席は「ご遺族の方には大変ご迷惑をお掛けしております。この件に関しては現在調査中であり、適正に対処してまいります。今後このようなことがないように職員を指導してまいります」とコメント。経緯を詳しく調べている。
「紛失したとされる腕時計は、同年9月に熊谷市本石の市道で発生したひき逃げ事件で、死亡した小学校4年の小関孝徳君=当時(10)=が身に着けていたとみられるもの。」w

壊れてた腕時計が指していた時刻が決定的だったため証拠隠滅を図ったw。

列島警察捜査網 the 追跡 2019 冬の事件簿

response.jp→
車道に倒れていた男性、タクシーにひき逃げされて死亡
20日午前0時50分ごろ、愛知県名古屋市中区内の国道19号で、車道に倒れこんでいた男性がクルマにはねられる事件が起きた。男性は死亡したが、クルマは逃走。警察は後にタクシー運転者をひき逃げ容疑で逮捕している。
自動車 社会 社会
2018.9.21 Fri 19:17
昼夜を通して交通量の多い国道で、車道上に倒れていたとみられる男性がひき逃げされる事件が起きた。男性は死亡。警察は周辺の防犯カメラ映像を分析し、タクシーを運転していた高齢の男を逮捕している。
☆☆☆

20日午前0時50分ごろ、愛知県名古屋市中区内の国道19号で、車道に倒れこんでいた男性がクルマにはねられる事件が起きた。男性は死亡したが、クルマは逃走。警察は後にタクシー運転者をひき逃げ容疑で逮捕している。
愛知県警・中署によると、現場は名古屋市中区栄1丁目付近で片側3車線の直線区間。横断歩道や信号機は設置されていない。41歳の男性は第3車線に倒れこんでいたところ、進行してきたクルマにはねられた。
衝撃音に気づいた通行人が警察へ通報し、男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打などが原因でまもなく死亡した。男性をはねた車両はそのまま逃走しており、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。周辺に設置された防犯カメラ映像の分析を進めたところ、事故が起きた時間帯に現場を通過した複数台の車両のうち、営業中だったタクシーが事故に関与したものとみて、中川区内に在住する77歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。
現場は昼夜を通して交通量の多い区間。道路照明も設置されており、夜間の見通しも良かった。聴取に対して男は「人をはねたことには気づかなかった」として、容疑を否認しているようだ。警察では死亡した男性が車道上に倒れていたことを含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。
☆☆☆

現場には広めの中央分離帯も設置されているが、消防署の出入口となる部分では対向車線側へ進出しやすいようにブランクがあった。横断歩道は無いが、近くには歩道橋も設置されていたという。警察では死亡した男性がショートカット横断を試みた可能性が高いとみて、他車両と接触した可能性を含め、検証を進めている。 《石田真一》

「41歳の男性は第3車線に倒れこんでいたところ、進行してきたクルマにはねられた。」w
必ず轢かれることを想定して死体を処分したのか。

【仮設③】
被害者がジョギングする様子がふだんからカメラに写るのを知っていた。 臓器刈り殺人された被害者の死体を深夜に路上に捨てた。 時刻を細工した録画で被害者が直前まで生きていたことを偽装。科捜研大活躍w
解読の鍵はジョギングの服装。普段着ではないので同じ格好でジョギングする録画がいくつもあったのだろう。 それから臓器刈り殺人を思いたった。


ひき逃げの疑いで看護師の女を逮捕 2019.01.03 18:30
山梨県笛吹市の県道で中国人の女性を車ではね、そのまま逃走したなどとして66歳の看護師の女が3日逮捕されました。 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは笛吹市石和町の看護師、赤尾一枝容疑者(66)です。 警察によりますと赤尾容疑者は、1日午後7時前、笛吹市春日居町の県道で道路脇を歩いていた中国人観光客の女性(47)をはねて大けがをさせ、そのまま逃げた疑いがもたれています。 警察は目撃情報や現場に落ちていたライトの破片などから赤尾容疑者の車を特定し逮捕しました。 調べに対し赤尾容疑者は容疑を認めているということです。

「白のアルファード、電光ナンバー1010」w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。