弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

マロン酸ジエチル(diethyl malonate)とフクイチ・ワクチンと気象兵器フクイチ update9

政府、アビガンを約30カ国に無償供与 新型コロナ 2020年04月03日17時43分
 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの治療薬として期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」に関し、現時点で約30カ国から外交ルートを通じて提供の要請が来ていると明らかにし、「希望する国に所要の量を無償で供与すべく調整を行っている」と述べた。
 アビガンは富士フイルムのグループ会社が開発した治療薬で、これまでにドイツ政府の大量購入の方針が報じられている。菅氏は「各国の要請を踏まえ、今後、希望する国々と協議しながらアビガンの臨床研究を拡大する考えだ」とも語った。

あべちん布マスク2枚配布とアビガン無償供与とフクイチ・ワクチンで新型コロナウィルスの正体を世界にヒントした…

アキオ、どうせ暇なんだろw。布製のマスクはいいから人工呼吸器を70億台作るべき。

あと純粋水爆はやめてLENRの技術を新型コロナウィルスのような代謝障害に応用すべき…

あとはトリチウム水を除去できるプリウスだなw

デンカ青海工場アビガン原料供給へ 新型コロナ治療に期待 速報・特報2020.04.02
 デンカ(本社・東京都)は2日、新型コロナウイルス感染症の治療効果が期待される抗インフルエンザ薬「アビガン」の原料となるマロン酸ジエチルの供給を決めたと発表した。生産拠点は青海工場(糸魚川市)。5月の生産開始を目指す。

「アビガン」増産に向け化学メーカーが原料生産再開 2020年4月2日 17時25分
新型コロナウイルスの治療薬として国の承認を受けるための臨床試験が進められている「アビガン」の増産に向けて、日本の化学メーカーがアビガンの原料となる有機化合物の生産を再開し、製薬会社に供給すると発表しました。
「アビガン」は、富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザの治療薬で、新型コロナウイルスの治療薬として国の承認を受けるため、現在、臨床試験が進められています。
このアビガンの原料となる有機化合物「マロン酸ジエチル」について、東京に本社がある化学メーカーのデンカが来月から生産し、富士フイルム富山化学に供給すると発表しました。
デンカは「マロン酸ジエチル」を製造する国内でただ一つのメーカーですが、2017年4月に生産設備を休止していました。
会社によりますと、アビガンの国内での一貫した供給体制を作るため国産の原料を使いたいという国の要請を受けて設備を再稼働し、生産を再開することにしたということです。
デンカは「新型コロナウイルスへの対策を社会的責務と捉え、迅速に生産体制を構築し、確実な供給を行っていく」とコメントしています。

富士フイルム、アビガン増産へ デンカから原料調達 新型コロナ エレクトロニクス ヘルスケア 2020/4/2 20:20
富士フイルムホールディングスは、新型コロナウイルスに対する治療効果が期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」の増産に向け、調達先を増やす。新たにデンカから生産に必要となる原料を調達することが決まった。富士フイルムは世界的な感染拡大を受け、今後も原料の調達先や一部の生産工程の委託先を増やす考えだ。
富士フイルムの子会社が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」 画像の拡大
デンカが2日、5月から香料や医薬品などに使われる「マロン酸ジエチル」の生産を新潟県糸魚川市の工場で始めると発表した。同社はマロン酸ジエチルの国内唯一のメーカー。海外勢との競合が激しくなり、17年に生産を休止していたが生産設備などは残していた。
デンカはアビガンの供給体制を国内で構築したい政府から要請を受け、決定したとしている。富士フイルムは海外の調達先から原料を確保していたが、増産に向けて国内の化学メーカーなどにも協力を要請していた。今回は政府の仲介でデンカからの調達を決めた。
デンカは原料の生産量を開示しておらず、再稼働に伴う生産能力の増強は現時点で考えていないという。将来的な増強は「アビガンの生産量に応じて検討していく」(同社)という。
アビガンは富士フイルム子会社の富士フイルム富山化学が開発した。政府がインフルエンザ向けに200万人分を備蓄するが、新型コロナの治療薬としては不十分な可能性が高い。富士フイルムは政府の要請を受け、増産に向けた準備をしてきた。増産の規模は非公表だが、数百万人分以上になるとみられる。
中国政府は3月、アビガンについて臨床研究で新型コロナに対する有効性を確認したと発表している。日本でも政府が承認に向けた手続きを進めると表明し、富士フイルムは3月末に国内で臨床試験(治験)を始めた。承認されれば早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。
【香料や医薬品などに使われる「マロン酸ジエチル」】w

独政府、「アビガン」大量購入へ 新型コロナへの効果期待 2020年04月02日17時53分
 【ベルリン時事】ドイツ政府は、富士フイルムのグループ会社が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」を、新型コロナウイルス感染者への治療効果が期待されるとして、大量に購入する方針を決めた。2日付のフランクフルター・アルゲマイネ紙が報じた。購入規模は、数百万セットに上る可能性があるという。
 アビガンについては、中国政府が治療効果を臨床試験で確認したとしており、同国企業が後発医薬品(ジェネリック)の生産を進める方針。ドイツの新型ウイルス研究第一人者であるシャリテー大学病院ウイルス学研究所のドロステン所長は同紙に、アビガンについて「有望だ。効果を示す初期段階のエビデンス(根拠)がある」と述べた。

ビジネス2020年4月2日 / 15:31 / 14時間前更新 デンカ、「アビガン」に原料供給を決定 5月から生産 Reuters Staff 1 分で読む
[東京 2日 ロイター] - デンカ(4061.T)は2日、新型コロナウイルス感染者への治療効果を確認する臨床試験が始まったインフルエンザ治療薬「アビガン」に、原料となるマロン酸ジエチルを供給することを決めたと発表した。青海工場(新潟県糸魚川市)で、5月から生産を開始する予定。
デンカは、政府から国内での一貫した供給体制を構築するため国産の原料を使用したいとの要請を受け、供給を決定した。
富士フイルムホールディングス(4901.T)は3月31日、傘下の富山化学がアビガンの国内臨床第III相試験を開始したと発表していた。

「アビガンの原料のマロン酸ジエチルは、黒姫山の石灰石が原料。」w


2つのカルボニル基で10の11乗酸性になる活性メチレン…、何かを強力に酸化する?

アゾジカルボン酸ジエチル DiEthyl AzoDicarboxylate(DEAD)
マロン酸ジエチル diethyl malonate

アゾジカルボン酸ジエチル(DEAD)は麻薬及び向精神薬取締法の規制対象w

wikipedia.org→光延反応(みつのぶはんのう、英: Mitsunobu reaction)

ヒドロキシ基(OH基)を外すための反応。

コロナウィルスは肺炎を起こす。そもそも呼吸とは酸素を取り込んでOH基に脂肪酸が結合したものをCO2とH2Oに分解する反応のことだ。 この反応にリン酸も登場。

【仮説①】ファンタオレンジは呼吸の代謝をヒントしてたのだw

【仮説②】トリチウム水で代謝反応が停止してしまう現象をコロナウィルスでスピンしてるのさw

魚が大量死したり、イルカが肺炎を起こして数百頭死んでしまった事件を思い出そう…

【仮説③】二日酔いの原因になるアセトアルデヒドみたいな中間生成物が体内に溜まってアレルギー反応を起こしているw

【仮説④】フクイチ・ワクチンとはトリチウム水に対する耐性w

【仮説⑤】QAnonのストーリーはいまいちw

【仮説⑥】今回のパンデミックが収束しても人工呼吸器は70億台必要になる…

【仮説⑦】呼吸できなくなってしまうのだから人口削減の陰謀論は崩れる。ふつうに絶滅に向かっているだけ…

wikipedia.org→バルビタール (Barbital)
「1903年から1930年代中ごろまで使われていた睡眠薬」…

wikipedia.org→ マロン酸ジエチル(Diethyl malonate)またはDEM

【白うさぎ】富士フィルムのアドレノクロム(Adrenochrome)B級ホラーが始まる

クマの胆汁を新型ウイルス治療に 中国が使用承認、批判集まる 2020年4月2日 23:33 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]
クマの胆汁を新型ウイルス治療に 中国が使用承認、批判集まる❮ 1/4 ❯‹ › 中国・福建省にある製薬会社の工場で、クマの胆汁採取の準備をする作業員(2012年2月22日撮影、資料写真)。(c)AFP 画像作成中
【4月2日 AFP】中国当局が、新型コロナウイルス感染患者らの治療薬として、クマの胆汁の使用を承認していたことが分かった。動物愛護活動家らは怒りの声を上げ、世界中に感染が拡大した同ウイルスの発生との関連性が指摘されている野生動物の違法取引禁止の取り組みを阻害する恐れがあるとの懸念も広がっている。
 中国は先に、動物から人へ病気が感染する危険性を理由に、野生動物を食用目的で売買することを禁止した。
 一方で国家衛生健康委員会(NHC)は先月、新型ウイルスの重症患者の治療用として、「痰熱清(Tan Re Qing)」と呼ばれるクマの胆汁の粉末、ヤギの角、薬草3種が含まれる注射液の使用を推奨する指針を発表。
 指針にはこの痰熱清をはじめ、6つの伝統薬が記されている。
 中国の習近平(Xi Jinping)国家主席はこれまでにも、中国伝統薬を「中国文明の宝」と呼び、他の治療法と同等に生かしていくべきだとして、その使用推進に力を入れている。
 しかし動物愛護活動家らは、新型ウイルスの発生と、野生動物の取引や消費の関連性が取り沙汰される中で、動物由来成分を含む治療薬を認可するのは「悲劇的で皮肉だ」と指摘している。(c)AFP/Poornima WEERASEKARA

熊の胆汁w、中国はウィルスと思ってないw

肝臓と油の代謝障害…、やはりろくでもない結論にたどり着くだけ…、クエン酸のTCA回路と肝臓と酵素…w

肝臓とプルトニウム、アメリシウム241、トリチウム、…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。